食べ物の相性!


今日は、『食べ物の相性!』をお送りします。 



 誰しも、平均8時間睡眠したとすれば、残りは16時間となります。食事に費やす時間を1食あたり1時間で1日3時間と考えれば、実に、食事の時間は起きている時間の約19%にもなるのです。先日、人生100年の話をいたしましたが、一生のうちで食事している時間の合計は、何と109,500時間にもなるのです。  


この時間が長いのかそれとも短いのかは別にして、人生のうち、起きている時間の2割弱に相当する時間を費やしている“食の時間”ですから、楽しく充実した時間であって欲しいと考えるのは自然なことだと思います。独身時代は寂しく一人で食事をする日常も仕方のないことですが、婚活中の皆さんは、結婚して暖かい家庭を築くことができたら、その未来予想図として、“家族で食卓を囲む”と言う、いわば幸せの象徴的な一場面を想い描くことが多いのではないでしょうか?!。 


“家族で食卓を囲む”未来予想図では、愛情のこもった暖かい食事、大好きなメニューが沢山並んでいることでしょう。「カレー」「ハンバーグ」「肉じゃが」「唐揚げ」「チャーハン」「餃子」「ちらし寿司」「炊き込み御飯」「混ぜご飯」「シチュー」「グラタン」「スパゲッティ」今の寒い時期なら「おでん」「寄せ鍋」「すき焼き」なども、たまらなく美味しそうです。 


しかし、これらは私が今考えた美味しそうなメニューの数々です…。人間は食べ物に関しては残念ながら好き嫌いがあるのが普通です。何でもバランス良く美味しくいただけるに越した事はありませんが、肉が嫌い、魚が嫌い、野菜が嫌い…と様々です。一口に“嫌い”と言っても、食べられるけど余り好きではない、美味しいとは思わないと言った軽いものから、見るのも嫌、口に入れるのも無理…と言った極端なものまで、色々と個人差があるのが実情です。  


人間には様々な“相性”があり、“食べ物の好み”もその一つです。長い結婚生活を送る上で、“食べ物の好み”が合わないと言うのは、結構辛いものだと思います。食卓に並んだメニューを見て、「美味しそう!」「良い匂い!」と、できれば同じように思いたいし、食べて見ても「塩加減も丁度良い!」「食感も最高!」と同じように共感したいと思うのです。 


嫌いな物に関しても同様のことが言えます。嫌いな物は少ない方が良いでしょうが、幾つかの嫌いなものが二人で共通していたりすると、それはそれで親近感を覚えるものなのです。以前、弊社の会員さんで寿司が大好物だと仰る女性Aさんがいらっしゃいました。Aさんは5人目のお見合い相手Bさんと交際が成立して、地元の大洗にある人気の寿司屋さんへランチデートに行きました。  


ところが、お相手の男性が実は魚が苦手だったのです…。Aさんはヒラメのエンガワから始まってヤリイカ、カンパチ、北寄貝にボタン海老、マグロ…と大好きなネタを美味しそうに食べ進めます。ところがお相手男性のBさんは中々食が進まない様子です。かんぴょう巻きや玉子を頼んだ後はガリばかり摘まんでいるのです。見かねた店の親方が、「今日は生ガキの良いのが入ってるけどどう?」「ウニも釧路産でお勧めだよ!」と言葉をかけてくれました。しかし、Bさん曰く「両方とも食べられないんです」と断ったのです…。親方もBさんに申し訳なさそうに、「じゃあさっき煮たやつだけど二人で食べな…美味いよ!」と言って筍と山椒の煮物を二人に出してくれたそうです。  


このやり取りを見ていたAさんは、自分の好物にあわせてくれたBさんに申し訳ない気持ちで一杯になってしまったそうです。その後、Bさんと好き嫌いの話になり、Bさんは魚だけでなく肉も良く焼かないと食べられないことや、野菜もセロリや春菊やネギなど、香りの強いものは嫌いだと言うことを話してくれたそうです。何とAさんの唯一苦手なコンニャクはBさんの大好物だと言うことも分かってしまいました。皮肉なものです…。 


AさんはBさんとのこれからを考えた時に、きっともう二人でお寿司屋さんへ行くことは無いだろうな…。彼の優しさで一緒に連れて行ってくれたとしても、「美味しい!」を同じように共感することはできないだろうな…。もし結婚したとしても食卓のメニューに魚が並ぶことも無ければ、コンニャクを並べても一緒に美味しいと思うことは無いだろうな…。と想像してしまい、“家族で食卓を囲む”素敵な未来予想図が描けず、お付き合いについても一歩先に進める気持ちになれなかったそうです。 


AさんとBさんの場合は極端な例かも知れませんが、食材の好き嫌いだけでなく、味の好みが違うこともあるでしょう。濃い目の味付けVS薄めの味付けとかは良くあることだと思います。中間の味付けにしても、出来立ての料理に塩や醤油をかけて食べるのは気が引けるでしょうし、作ったほうも余り良い気持ちはしないかも知れません。偏食の程度をお互いに確認することはとても大事なことだと思います。お互いに許容できそうな範囲なのかどうか、笑い話で済まされる程度なのかどうか、お二人の交際を深化させられるかどうかの重要なチェックポイントになるかも知れません。  


それでは、今日も良い一日であります様に。  

 

結婚相談所 BLISS PARTNER(公式HP)

東証プライム上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数8万7千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方” は誰と婚活を始めますか? ‟お見合い婚は至高の恋愛婚!” を合い言葉にしている当相談所代表の塙(はなわ)が必ず最適なパートナーとなって懸命にサポートいたします。さあ貴方も憧れの成婚退会を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000