恋愛が長続きしない男性の特徴とは?!(後編)


今日は、『恋愛が長続きしない男性の特徴とは?!(後編)』をお送りします。 



結婚相談所へ入会して婚活を始めた女性の皆さんは、成婚退会する時期を一年後に絞っている場合が殆どだと思います。そんな状況では一日一日が貴重な時間ですから、尚更可能性の低い相手と無駄な交際をしている暇はありません。男性会員だって結婚願望が高くて一日でも早くゴールインしたい方ばかりですが、自覚が殆ど無いままに結果として短い恋愛を繰り返してしまう場合も残念ながら存在するのです。つまり自覚が無いから余計に女性が自ら気を付けなければならないのです。  


しかしそのリスクを後悔されているプロフィール写真や自己PRの照会文だけで見分けるのは絶対に無理なことだと思います。実際に何度かお会いして会話を交わす中で次第に明らかになって行くものなのです。それなら少しでも早くそんなリスクを持ち合わせている男性の特徴を予め良く把握した上でお会いするのと、手探りで色々と質問していくのとでは、効率と確かさが全く違ってくると思います。昨日に続き恋愛が長続きせず短命に終わってしまう‟恋愛短命男”の特徴を明らかにして行きましょう。 



<ストイックなマッチョ系> 


最近は「細マッチョ男子」が女性からモテはやされていると言いますが、男性の筋トレ趣味もストイックなまでに極端になって来ると少々話が変わってきます。いわゆる「ムキムキマッチョ男子」は自分の肉体への理想を叶えるためには努力を惜しむことはありません。デートにもプロテイン飲料を持参したりします。まぁそこはある程度許容範囲だったとしても、今度はその理想が交際相手の彼女への押し付けとなってくる場合があるのです。「痩せたらより可愛いくなるよ!」、「あと5kg頑張ってみようよ!」、と言い出したかと思うと、だんだんエスカレートして「もう痩せなきゃ別れるからね!」、「オレの体型に見合うくらいになれないの?」などと自分勝手な毒舌を吐く様になったりします。  


しかも自分大好きのナルシストだったりもしますので、彼女の気持ちや言葉を真剣には聞こうとしません。何故なら自分の筋肉のことしか興味が無いからです。更に「ムキムキマッチョ男子」は激しいエクササイズをこなすことで、男性ホルモンの「テストステロン」が高まると言われています。これには二つの効果があるとされていて、一つには「自己実現が強くなる」ので、嘘が付けなくなると言われています。二つには「性欲が強くなる」ので、浮気をしやすくなってしまうとも言われています。ナルシストで浮気性とくれば、中々恋愛を長続きさせるのは難しくなると思います。 



<熱しやすく冷めやすい浪費家>  


浪費癖のある人は、良く言えば欲望に忠実です。稼いだらあるだけ使ってしまいます。計画的な経済観念は持ち合わせていません。しかも熱しやすくて冷めやすい性格だと、もうこれで満足だと言う気持ちにはなれず、次から次へと欲しいものをリボ払いで購入しては、ヤフオクで売りに出すことを繰り返していることが多いのです。  


この性格は彼女との交際にも大きく影響すると思います。「一目惚れしてしまいました。あなたほどの理想的な女性と巡り会えたのは奇跡です。」などと情熱的なセリフを臆面もなく口にしてアピールしたかと思うと、いざ交際が始まって見るとアッと言う間に気持ちが冷めてしまい、「釣った魚に餌はやらない」と言った風に如実に態度を変えることが多いのです。 


例えばデート中にも関わらず、自分好みの女性とすれ違ったり、カフェで隣のテーブルに座ったりすると、振り替えって目で追ったりチラチラと横目でチェックしたりを平気で繰り返します。彼女が不機嫌になっても悪びれるどころか、「男は仕方ない生き物だから大目に見て」と言わんばかりに開き直る態度を取ることもあります。当然ですが、恋愛を長続きさせるのは難しくなってしまうと思います。 



<独占欲が強く束縛が激しいプライド男>  


彼女は自分だけの所有物の様に扱う男性は嫉妬心も激しい傾向にあると思います。嫉妬は別に女性だけの専売特許ではありませんし、男性の嫉妬が度を越えたものになると見難く恐ろしいものに発展してしまう場合があります。特にプライドの高い男性は自分が他人よりも優秀な存在だと自認していますので、彼女に浮気されるなどと言う現実は受け入れ難いことなので、そうならないために常に上から目線で独占し束縛しようとするのです。  


「スケジュールを細かく把握する」、「電話やLINEを放置するとしつこく電話してくる」、「露出の多い服装はNG」、「男性の居る飲み会や同窓会などを拒む」、「喧嘩しても決して謝ろうとはしない」、「スマホチェックする」、「何かにつけて浮気を疑う」、「君は何も分かっていないと否定する」、「帰りが遅いと文句を言う」、「オレのこと好き?とやたらとしつこい」等々...これは束縛男の典型だと思って間違いありません。 


女性は男性が自分を独占して束縛したがるのは愛情の裏返しだと思ってしまうことがあるのですが、それは全くの勘違いです。束縛する人間の根底には‟不安心理”しかありません。例えば「親の過保護がしみついていて彼女からもそれ以上に大切にされたい」、「過去にとても辛い失恋を経験してトラウマになっている」、「家庭環境が複雑でいつも愛情に飢えている」、と言った理由が潜んでいたりするのです。疑心暗鬼の恋愛は長続きしないものです。 



<昔からの友人が少ない>  


普段の生活でも人間関係が長続きするかどうかはとても重要なことです。これは恋愛相手との関係においても相関するものだからです。人間関係の継続が下手な人が恋愛関係を長続きできる可能性は低いと思った方が良いでしょう。お見合いの時に女性はお相手の男性に「昔から中の良い友達は居ますか?」とか「親友の方とは長い付き合いですか?」と言った質問を必ずすることをお勧めします。  


もし親友と呼べる相手が居なかったり、表面的な浅めの付き合いをしている友人しか居ない場合は、何かしらの理由があることを考えなければなりません。先ずは本人にその理由を尋ねて見ることだと思いますが、お相手の男性が「特に理由は思い当たらない...」、「一人の時間や趣味の時間が大好き...」、「深い付き合いが苦手...」と言った場合は、他人との関わりを重要視していない傾向が強いと思うべきです。 



<浮気性で自由主義者のモテ男>  


自由主義者と言っても二つに分かれます。「何もしたがらない自由人」と「気まぐれで周囲を振り回す自由人」です。特に後者は巻き込まれる身にとってはいい迷惑でしかありません。最初は人生を思いっきり楽しんでいる様に見えて魅力的にも思えるのですが、いざ付き合ってみると時間もお金も自分のために使うことに価値を感じていると知ることになります。 


女性は交際している男性には自分だけを見ていて欲しいと思いますが、自分が大好きで思いのままに行動し、自由に人生を楽しんでいる男性は、好みの女性へも躊躇がありません。自分のタイプだと思えば欲望センサーを押さえられずに行動します。いつも他の女性の影がちらついている‟気まぐれ自由人”は、残念ながら真摯な恋愛関係を長続きさせることは難しいのです。少なくとも結婚相手としては不向きだと烙印を押されてしまうと思います。 


今日も良い一日であります様に。   



結婚相談所 BLISS PARTNER(公式HP)

東証プライム上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数8万7千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方” は誰と婚活を始めますか? ‟お見合い婚は至高の恋愛婚!” を合い言葉にしている当相談所代表の塙(はなわ)が必ず最適なパートナーとなって懸命にサポートいたします。さあ貴方も憧れの成婚退会を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000