‟恋愛短命女”になってしまう理由とは?!(前編)


今日は、『‟恋愛短命女”になってしまう理由とは?!(前編)』をお送りします。 


このところ恋愛が長続きしないことに拘って話をしていますが、前回まで4回に渡って‟恋愛短命”の男女それぞれについて特徴を整理したあとは、‟何故”の部分に触れて見ようと思います。先ずは女性からですが、敢えて‟恋愛短命女”と呼ばせていただきます。誰だってときめく出会いがある度に、今度こそは運命の相手に違いないと期待に胸を膨らませて優先順位を一番にしてファッションからメイクから髪型まで、それこそ頭のてっぺんからつま先まで、念には念を入れて相手の男性に最高のアピールを繰り返すのではないかと思います。  


ところが、何故か‟恋愛短命女”は毎度お決まりのパターンで、いつの間にか気付いたら目の前にいた筈の運命の相手が、残り香も無く綺麗さっぱりと消え去ってしまうのです。脳裏には???のマークが点滅しまくっているばかりで、恐らく自分ではその理由に気付かない女性が多いのではないでしょうか。親友に事の顛末を話して意見を求めるのも良いとは思いますが、今日の前編と次回の後編でお話しする理由を当て嵌めて自己分析をしてみては如何でしょうか。 


分かり易い様に過去ログの「恋愛が長続きしない女性の特徴とは?!(前編)」と「恋愛が長続きしない女性の特徴とは?!(後編)」のそれぞれの項目について理由を探ってみることにいたします。各特徴と対比させながら読み進んで行って下さい。幾つか思い当たる部分があった場合は、それを克服できる希望が湧いてくると言うものだと思います。 



<恋愛に悲観的な理由>  


悲観的な理由としては、「自分に自信が無い」、「上手く行ったためしがない」、「間違っているのはいつも自分だと思う」、この様な傾向を持つ女子は、自分を主張したり思いを言葉や行動に出すことを我慢してしまいます。或いは我慢する以前に‟自分”というものを持っていない場合もあるのです。日頃の友人関係でもそうですが、自分を疑ってばかりで信用していませんので、何かにつけて周囲の空気を気にして流れに逆らわず、何でもYESと同意してしまいます。そのうちに「君はどう思う?」と意見を求められることがなくなってしまいます。 


恋愛関係でも同じことで、デートへ行くにしても「あなたの行きたい所でOKよ...」、「あなたの食べたい物に合わせるわ」、彼氏が遅刻してきても「気にしないで今来たところよ」、ドタキャンされても「大丈夫よ仕方ないわ今度また誘ってね」、「YES...YES...YES...」と何か交際相手との会話とは思えないほど、味もそっけもない感じになってしまいます。結果どうなってしまうかは明らかです...相手の気持ちが冷めきってしまい‟恋愛短命”に終始してしまうと言う訳です。 



<彼氏に依存してしまう理由> 


「彼氏が大好きでたまらない」のと「恋愛相手に依存している」のは全然別の話です。恋愛依存の場合は、極端に彼氏中心の生活になってしまいます。仕事より彼氏、友人より彼氏、とにかく常にどんな状況でも彼氏が優先順位のトップで生活の中心なのです。  


良くあるのが、友人から休日に何かしら誘われても、「彼氏からLINE入るかも知れないから空けて置くわ」と断って、ずっとスマホを握りしめて彼からの連絡をひたすら待っていると言う様にかなりストレスフルなことを当然の様にしてしまう重症者も居ます。 


それ以外にも、「既読LINEへの返信があるまで待ち続ける」、「いつもの時間にいつもの‟おはようメッセージ”がないとスマホが手放せない」、「相手の状況を考えずに連続メールする」、等々もかなり重症で身も心もどっぷりと彼氏に依存してしまっています。 


彼氏に激しく依存してしまうのは、子供時代からの育った環境に原因があるとされています。「両親の夫婦喧嘩が絶えなかった」、「母親から父親や家族への不平不満を聞かされていた」、「両親が離婚して寂しい思いをしていた」、「初恋以来ずっと恋愛相手への過干渉が激しかった」、「両親との親離れ&子離れが出来ていない」と言った理由が考えられます。依存された彼氏は重過ぎる彼女の気持ちと行動にうんざりして‟恋愛短命”になってしまいます。 



<何事にも飽き性で、いつもワクワクやドキドキを求め過ぎる理由>  


良く言えば好奇心が旺盛でとても行動的ですが、表現を変えれば後先を考えずに目の前の快楽を求めてしまうとも言えると思います。興味を持ってどんどん行動に移していくのは好ましい感じにも見えるのですが、何せすぐに飽きてしまいます。せっかくやってみたところで長続きせず、何となく広く浅く把握した程度でその先を努力して追求して行こうとは思いません。  


何故なら別に高いスキルを身に付けようとしている訳では無く、単にワクワクドキドキする刺激的な感じに触手を動かされ興味津々で始めたものの、暫くすればその刺激的なワクワクドキドキ感が無くなってしまい、また他の刺激を探そうとするのです。当然それを傍で見ていると人間的な底の浅さを感じてしまいますが、本人は少しかじっただけでもすっかり‟極めた”気持ちになっているところが残念な部分です。  


更にその旺盛な好奇心をもってしても、中々自分で見つけられない時は彼氏にサプライズ的なものを含めてワクワクドキドキの刺激を求めて満足させて貰おうと依存する傾向が強く出ます。相手の彼氏としては日常の安定したお付き合いの中で心の安らぎや癒しを得たいと思っても真逆の欲求を満たしてあげないといけなくなりますので、流石にもう付き合い切れないとばかりに‟恋愛短命”に終わってしまうのです。(後編につづく) 


今日も良い一日であります様に。   


結婚相談所 BLISS PARTNER(公式HP)

東証プライム上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数8万9千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方” は誰と婚活を始めますか? ‟お見合い婚は至高の恋愛婚!” を合い言葉にしている当相談所代表の塙(はなわ)が必ず最適なパートナーとなって懸命にサポートいたします。さあ貴方も憧れの成婚退会を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000