幸せになる方法とは?!


今日は、『幸せになる方法とは?!』をお送りします。 



このタイトルを見て、「またまたまたーそんな都合の良い方法なんてないでしょ?!」と信じられないと斜に構える方、「どうせ結婚することが幸せへの一番の近道です、とか言うんでしょ!」と結婚相談所の宣伝じゃないかと思ってしまう方、まぁそのどちらかの可能性が高いのではないでしょうか...。「もしそのどちらでもない、ウルトラCの方法とやらが万が一にでもあるのなら、言ってみれば?!」とツッコミが沢山聞こえてきそうですので、最初に結論から申し上げます。幸せになる方法とは...皆さん一人一人が幸せな考え方を徹底することです。  


ん?!何?!どう言うこと?!と思った方は、考え方や行動や存在そのもの、そしてあらゆる物事には、必ず相反する二つの側面があると言うことを思い出してください。例えばメリットとデメリット、それこそ成婚退会して結婚にゴールインしても、出会いすら無くて婚活を断念して独身を通したとしても、どちらがより幸せになる、或いは不幸になる、とは一概には言えません。結婚生活にも独身生活にも、それぞれメリットとデメリットが必ずあるのです。それが正に相反する二つの側面です。メリットに注目して存分に幸せに満ち足りた生活を送るのか、それともデメリットに注目して不幸な側面に不平不満を感じながらストレスフルな生活を送るのかは、人によって違うと言うことなのです。  


とは言っても、どこぞの聖人君子でもない限りはメリットだけに目を向けることは難しいでしょう。しかし、考え方をメリット寄りのプラス思考にするのか、それともデメリット寄りのマイナス思考にするのかは、自然に皆さんも何となくバランスを取って生活しているのではないでしょうか?。だとするなら、何かしらを心掛けることで、そのバランスをメリットを多く感じられる様に自らを意識的にコントロールすることが出来れば、それこそが「幸せになる方法」と言うことになると思うのです。では、その方法を具体的に考えて見ることにいたしましょう。 



<過去を否定しない> 


良くこのブログでは‟転生輪廻”の話をさせていただきますが、過去と現在と未来は繋がっていると思います。様々な過去の出来事の中には、その時点での評価はプラスのものばかりでは無かったと思います。しかし、例えマイナスに感じられ後悔の念に駆られた事であったとしても、その結果の上でなければ現在の自分の姿は有り得ないのです。過去の何か一つでも真逆の結果になっていれば、今現在は何かしら変化していたことでしょうし、それは即ち未来をも変えて行くことに繋がってしまうでしょう。  


いやいや、今の自分は決して幸せでは無いし、違った生き方を選びたかったと思う場合もあるかも知れませんが、それこそ今感じているよりも深い悲しみや不幸に見舞われていた可能性だってある訳です。幸せなことに今の状況を保てているとしたら、違った生き方を選びたかったとは思わない筈です。そこは自己肯定感が高いか低いかによって分かれるところだとは思いますが、今の自分を肯定し将来の自分に幾許かの夢を持った生き方をしたいのであれば、過去を否定しない事がそれ即ち幸せになる方法の一つになるのだと思います。 



<笑う門には福来る> 


これは、いつも笑い声が溢れている楽しい家には、自然に幸福がもたらされる。明るく朗らかな生活を心掛ければ幸せに恵まれると言う意味ですが、個人に置き換えても同じことが言えると思います。良く言われる笑顔の効果としてはNK(ナチュラルキラー)細胞と呼ばれる免疫の主要因子は、腫瘍細胞やウイルス感染細胞の拒絶に重要な働きを持っているとされています。今現在猛威を振るっている「新型コロナウイルス」に対する免疫力を効果的に高める方法は‟心の底から良く笑うこと”とも言えるのです。 


笑顔は幸せの象徴です。悲しい事や苦しい事で悩んでいる時には、心からの笑顔は生まれません。無理に笑うことは難しいし苦痛だと思います。しかしそんな不幸のさなかでなければ、いつも笑顔を心掛けることが出来ると思います。笑顔は周囲の人をも笑顔にし、その笑顔がまた他の誰かを笑顔にするのです。楽しいから笑顔になるのではなくて、笑顔が溢れるから楽しい気持ちになれるのです。笑顔は人の心を惹きつけ、情緒を安定させ、集中力を高め、周囲をもリラックスさせ、仕事の生産性を上げ、何よりも人間関係を居心地良くスムーズにします。お互いの心の余裕が愛情をも育みますので、笑顔は幸せになるための有効な方法と言えるのだと思います。 



<物欲よりも心の充足感>  


人は物欲に走りがちですが、モノは手に入れた瞬間から満足感は薄れて行き、持っていることが普通になってしまいます。そしてまた次から次へと手中に納めても、充分な満足感を維持することは難しいのです。ではその満足感を維持するのにはどうすれば良いのでしょうか?。それは心の充足感を得ることです。正に今のコロナ渦の中で感染しないと言う安全安心を確保することであったり、経済活動が大不況に陥ってしまわない様な経済の安定であったり、戦争や災いの無い平和な世の中を享受することであったり、人々の円満な人間関係であったり、暖かい思い遣りや優しさに満ちた愛情であったり、と言う様に心配事や不満な気持ちや様々なストレスから解放されることが、持続可能な幸福感で満たされると言うことであり、心の充足感を求めることが幸せを手中にするための有効な方法だと言えるのです。 



<感謝する気持ちを大切に> 


毎日、朝起きてから夜眠りにつくまでの間に、皆さんは「ありがとう」を何回くらい口にしていますか?。誰かが新親切にしてくれたら「ありがとう」、誰かが優しくしてくれたら「ありがとう」、スーパーやコンビニで買い物したらレジの人に「ありがとう」、バスやタクシーを利用したら運転士さんに「ありがとう」、友人に励まして貰ったら「ありがとう」、親兄弟や家族にはいつでも「ありがとう」、子供には生まれてきてくれて「ありがとう」、等々...。こうして文章にしているだけで幸せな気持ちになれます。 


或る調査によれば、一日に「ありがとう」を言う回数の全国平均は7.5回だそうです。と言うことは1億3千万人で換算すれば、実に9億7千5百万回の「ありがとう」が毎日交わされていることになります。「ありがとう」は魔法の言葉だと思っています。言葉に出すだけで言った本人も幸せになるのです。「ありがとう」を沢山言えば言う程、相手からも「ありがとう」が返って来ることも増えて来るので、幸せを感じられる場面が多くなることになります。感謝する気持ちを「ありがとう」の言葉に託すことは、正に幸せになる方法の一つではないでしょうか。 



<家族や友人を大切にする> 


自分自身の価値観、即ち物の見方や考え方や感じ方の基本になっているのは、一番身近な人々である家族や友人との人間関係で、これまで培われてきて、この先も継続していくものだと思います。個性や人格は家族や友人達との有意義な関わり合いで支え合っているものなのです。そこには身近だからこその‟甘え”が生じることがあります。それが原因で揉め事が起こったりお互いの嫌な部分が見えてストレスを感じてしまうのです。  


「親しき中にも礼儀あり」とは昔から良く言いますが、その礼儀とはお互いを何処かで尊重し合うことでもありますが、それを素直に口にしたり認め合うには、ほど良い距離感を保つことが必要だと思います。物理的に離れて住むことではなく、一番相手を理解し易い、良さを感じられる、自分なりの関わり方を冷静に維持し続けられる、精神的な距離のことです。無理のない距離感を意識的に保つことで最適な居心地の良さが生まれ、お互いを最も大切な存在として影響し合うことが出来ると思います。正に幸せになる方法の一つではないでしょうか。 



<他人と比較しない> 


人は自分の幸福度を他人と比べることで比較優位を感じた時に、充実感で満たされると思いがちです。しかしそれは一喜一憂するだけの価値があるものなのでしょうか?。少なくとも比較して得られた充足感とは、あくまで相対的なもので、絶対的な価値ではありません。だから一瞬満たされた気がしても、ただそれだけのことで長続きするものではないのです。その証拠に、また他の人と比べて比較優位に立てなかった場合は劣等感に苛まれることになってしまうのです。 


子供の頃からある意味競争社会の中で育ってきた私達は、学生時代は勉強や運動で、社会人になれば肩書や年収や実績など、周囲からの評価を常に受けながら過ごしています。そして自分自身もその様な日常に感化され、いつの間にか自分なりの客観的な評価をしなくなっているのです。上司や部下からの評価を自らの評価としてそのまま受け入れてしまっているのです。だから誰かに認められたい承認欲求ばかりが高くなり、自信を持てない症候群に陥ってしまうのだと思います。 


そんな風にどうしても他の人と比較しないと気が済まない皆さんは、先ず自分にとっての幸せは他の人の幸せとは同じにならない、異質なものだと言うことをきちんと認識することが大切です。生まれ育った環境もこれまで過ごしてきた状況も違えば、何をもって嬉しいと感じ、何をもって一番の喜びとするかだって人それぞれ違いがあるのです。時には真逆の価値観を持っている人さえ居るくらいだと思います。その事実を認めましょう。それが個性と言うものだと気付きましょう。個性は人と違うから素晴らしいのです。自分の個性を肯定し評価しましょう。そうすれば毎日の自分の頑張りが価値のある大切なものに見えてきます。それこそが正に幸せになる方法の一つではないでしょうか。 



<人生のパートナーを見つける>  


恋愛や結婚は人生を豊かにしてくれるツールだと思います。このブログでは何度となく‟ソウルメイト(魂の伴侶)”の話をしていますが、誰にでも意外と身近に出会うチャンスが訪れると思います。それに気付くかどうかは一人ひとりの心持ち次第です。会いたいと思っているか、諦めずに探し続けているかが大切ですが、いざ出会った時に‟ソウルメイト”だと感じられるメルクマールを覚えておくことが大切です。 


それは、「不思議と初めて会った気がしない」、「辛い恋愛の後とかの人生の転換期の出会い」、「懐かしい感じがして嬉しくなる」、「生活のパターンや趣味を始め何かと共通点が多い」、「雰囲気や感性、更に手足のパーツ等が似ている」、「同じようなハプニングに遭遇する」、「一緒に居て居心地が良く自然体で落ち着く」、「気遣いが要らず本音のコミュニケーションが出来る」、「安心して不安要素が消えてしまう」、「以心伝心、お互いの気持ちが分かってしまう」、「気心の知れた関係だと分かり意気投合する」、「見返りを求めない無償の愛を注げる」、「自分よりも相手の幸せを一番に考える」、「見つめ合うだけで通じ合うことができる」、「相手に触れた時に不思議な一体感を感じる」、「離れても何度も出会いのチャンスがある」、「意見が対立しても不思議と嫌いにならない」等々です…。 


‟ソウルメイト”との身近に出会うチャンスと言うのは、物理的に距離が近いと言うこことは限りません。日常の生活圏は勿論ですが、旅行先や出張先や転勤先、或いはインターネットでの出会いも含まれると思います。このところの新型コロナウイルス渦で人気沸騰中の「オンラインお見合い」の交際発展率が「対面式のお見合い」に比べてとても高くなっている状況を見ても、‟ソウルメイト”との出会いのチャンスが多くなっている証拠ではないかと思われるのです。正に幸せになる方法の一つではないでしょうか。 



<美味しくてバランスの良いものを食べ充分に睡眠をとる>  


普段の生活の中で最も大切なことが、バランスの良い食事と質の高い睡眠を充分に取ることだと言われています。無理なダイエットで空腹状態をずっと我慢していたり、仕事が忙し過ぎて暫く睡眠不足が続いてしまったりすると、肉体的に異常をきたしたり精神的にも不安定になったりしてしまいます。 


質の高い睡眠とは寝つきの良さと途中で目覚めない深い眠りと言われています。その為には自律神経を安定させることが重要になります。即ち心と体の状態を活発にさせる交感神経と逆に休ませ落ち着かせる副交感神経のバランスが大事です。そのバランスを取るためには睡眠促進ホルモンと呼ばれるメラトニンとそのメラトニンの分泌を促すセロトニンが必要になります。この‟幸せホルモン”とも言われるセロトニンは体内で貯蔵することができないため、食物から摂取せざるを得ないのです。  


つまり自律神経を安定させる質の高い睡眠に必要なセロトニンとメラトニンを増やすには必須アミノ酸やビタミンや炭水化物などを始めとした、栄養バランスの取れた食事がとても大事になって来るのです。バランスの良い食事と質の高い睡眠を心掛けることが、正に人間が幸せになる方法の一つと言うことに繋がっているのです。 



<おわりに> 


今日いくつかお話しした要素は、人の日常に於ける考え方や行動や存在そのもの、そしてあらゆる物事には、必ず相反する二つの側面があって、そのデメリットよりもメリットとしてのプラスの面を最大限に享受するための、必要不可欠な要素であり、幸せになる方法と言うことが言えると思います。今日のブログはいつもにも増して長いものになってしまいましたが、ここまでお読みいただければ、最初に申し上げた、幸せになる方法とは...皆さん一人一人が幸せな考え方を徹底することです。と言うことを理解していただけたのではないでしょうか。 


今日も良い一日であります様に。   


結婚相談所 BLISS PARTNER(公式HP)

東証プライム上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数9万1千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方” は誰と婚活を始めますか? ‟お見合い婚は至高の恋愛婚!” を合い言葉にしている当相談所代表の塙(はなわ)が必ず最適なパートナーとなって懸命にサポートいたします。さあ貴方も憧れの成婚退会を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000