大人の恋愛のはじめ方


今日は、『大人の恋愛のはじめ方』をお送りします。 



先日、‟恋に落ちる瞬間”と言うタイトルで、衝撃的な出会いについて書かせていただきましたが、その時に「衝撃的じゃない場合は恋愛って始まらないのですか?」とか、「もっと普通の出会いの場合の相性の良し悪しの方がリアリティがあると思います...」とかの感想をいただいておりました。確かに言われてみれば‟恋に落ちる”様な出会いは、そうそうあるものではありません。特に女性の場合は、ある種の‟予感”めいたものを感じることが多いと聞く事があります。それに男性が良く言う‟一目惚れ”も、実は結構な確率で勘違いのケースも多いと思います。ならばいったい普通の‟大人の恋愛”は、何がきっかけでどんな始まり方をするのでしょうか。こちらのテーマの方が、お見合いした場合の交際を成立させるのか、それともお断りするのかの判断に迷った時などにも参考になるのではないかと思います。早速、色々なケースを考えて見ることにいたしましょう。 



<第一印象が魅力的に感じた時>  


そろそろ親孝行もしたいし、結婚相手を見付けて家庭を作って孫の顔を見せてやりたいと考え、いささか焦る気持ちで相手を探している時は、気持ちよりも理想的な条件ばかりを優先しがちになり、中々その条件に合う相手に巡り会うことが少ないと思います。しかし、そんな少々婚活疲れ気味の時に、たまたまお見合いしたお相手の第一印象が魅力的に感じられた時には、今まであれ程拘っていた条件とやらが、何かそれほど重要じゃなく思えてしまうことがあります。いわゆる‟一目惚れ”ほどでは無いにしても、もっとお会いして相手の話を聞いて見たい、そして自分の話も聞いて欲しい、そう思わせてくれる‟魅力”を備えた方との出会いは、‟大人の恋愛のはじめ方”としては自然な形がして、良くあるケースではないでしょうか。 


<何となく居心地が良いと感じた時> 


この居心地の良さは‟相性の良さ”そのものと言っても過言ではないかも知れません。「親しみ易い雰囲気」、「飾らないありのままの自分を受け入れてくれる寛容さ」、「お互いの気持ちを察し合える洞察力や勘の良さ」、「依存し過ぎない且つ束縛し過ぎない自由」、「相手の立場に置き換えての発想や思い遣り」、「お互いを認め合い尊敬し合い褒めることに躊躇しない関係」、「一番近い存在としての親近感と安心感」等々...。居心地の良さは安らぎに通じますので、お互いが無理なく一緒に居たいと思う関係がいつ迄も長続きすることになります。‟大人の恋愛のはじめ方”としては最も無理のない関係性が生まれる感じで、良くあるケースではないでしょうか。  


<自分に無いものを持っている、或いは正反対の性格と感じた時> 


この世に完璧な人間などは何処にも存在しないからなのか、自分に無いものを持ちあわせていると感じた相手には好感を抱くと言われています。真面目で優等生なタイプの女性がどこか不良っぽい感じのする男性を好きになるのは、自分には無い常識の枠を平気で越えられる破天荒さに惹かれているからでしょうし、いつも平常心のおっとりした気弱な感じの男性が喜怒哀楽の激しい気の強い女性を好きになるのは、自分とは正反対の活発な性格に憧れを持つからかも知れません。筋肉マッチョな男性が華奢で頼りなげで思わず守ってあげたくなる女性を好きになってしまうのも、明るくて賑やかでお喋りな女性が何故かぶっきらぼうで愛想が悪く無口な男性に惹かれてしまうケースも、それに見た目の真逆さで言えば‟美女と野獣カップル”も典型的なパターンでしょう。これらは多分自分に無いものを求める「相補正の法則」故のことだと思います。更に‟大人の恋愛のはじめ方”としては、これまた珍しい事ではなく良くあるケースではないでしょうか。 


<‟似た者同士”だと思った時>  


これは「類似性の法則」と言いますが、自分と何かしら共通点を持つ‟似たもの同士”と言う場合も親近感や安心感を持てる分、カップルになり易いと言われています。例えば「育った環境」、「学校や部活」、「食べ物の好き嫌い」、「趣味」、「性格」、「笑いのツボ」、「顔の形や雰囲気」、「衛生観念」等々...。特に「育った環境」が同じだと人間性や価値観までもが形成される大きなポイントとなりますし、「食べ物の好き嫌い」も長い間一緒に生活していく上では大切なことだと思います。良く「人の好き嫌い」にも通じるものがあるとも言われます。また「笑いのツボ」に関しては日常の楽しさ面白さを広く共有できるか否かと言う風に考えれば、やはり同じタイミングで笑顔になりたいですし、一人だけ大笑いしてもう一方が冷めている姿は寂しさを感じてしまうに違いありません。逆に些細なしょうもない事で二人が思わず吹き出してしまったら凄く幸せな気分になれるのではないでしょうか。それからもう一つ重要なのが「衛生観念」です。恋人でも夫婦でもカップルほどお互いにスキンシップの多い関係は無いでしょう。「不潔」とか「清潔」とかの感覚が同じじゃなければ手を繋いだりハグすることも儘なりません。それにこの「衛生観念」は既に備わってしまったもので、お互いに合わせようと思っても中々難しい感覚だと思うのです。故にここが気を遣わなくてもピッタリと一致していたら、お付き合いしていく上でこれほど相性の良さを感じることは無いかも知れません。正に‟大人の恋愛のはじめ方”としては、お薦めしたくなる様な良くあるケースではないでしょうか。ちなみに「性格」については敢えて似てない方が上手くいくとも言われています。前項の「相補正の法則」ですね。 


それでは、今日も良い一日であります様に。  


結婚相談所 BLISS PARTNER(公式HP)

東証プライム上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数8万9千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方” は誰と婚活を始めますか? ‟お見合い婚は至高の恋愛婚!” を合い言葉にしている当相談所代表の塙(はなわ)が必ず最適なパートナーとなって懸命にサポートいたします。さあ貴方も憧れの成婚退会を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000