“恋におちて”を懐かしむ!


今日は、『“恋におちて”を懐かしむ!』をお送りします。 



 先ほど80年代のCDを引っ張り出して「恋におちて-Fall in love-小林明子」を約30年ぶりに聞きました。一番の歌詞には“もしも願いが叶うなら吐息を白いバラに変えて逢えない日には部屋中に飾りましょう貴方を想いながら”で始まり、“逢いたくてときめく恋に駈け出しそうなの迷子のようにたちすくむわたしをすぐに届けたくてダイヤル回して手を止めたI’m just a woman Fall in love”と続きます。やはり歌になるくらいですから“恋に落ちる”と言えば、女性の方がニュアンスぴったりの様な気がいたします。  


ちなみに1985年に「金曜日の妻たちへIII 恋におちて」と言う不倫をテーマにしたテレビドラマが放送され最高視聴率は23.8%を記録し、当時“金妻ブーム”と言われました。この曲はその主題歌として歌われて大ヒットしましたが、このドラマは実は前年の84年に米国で制作された映画「恋におちて」のオマージュ作品だと言われています。この映画「恋におちて」は日本でも公開されたのを見に行った記憶が残っています。思い出して懐かしんでみたいと思います…。 


ニューヨーク郊外に住む建築技師のフランク(ロバート・デ・ニーロ)と父親の看護でマンハッタンの病院へ通っているモリー(メリル・ストリープ)の見知らぬ二人が、クリスマスイヴにグランド・セントラル駅近くのリゾーリ書店で、買ったばかりの本の手荷物を偶然にぶつけてしまい、それぞれの家族へのプレゼントが入れ替わってしまうところから物語が始まります。 


そのイヴのハプニングから三ヶ月後にフランクが通勤電車内で偶然にモリーを見かけ改札口への通路で声をかけ、二人は再会を果たします。プレゼントが入れ替わってしまったことをお互いに笑い合った二人は好感を持ち始めるのです。フランクは再び彼女に会えることを期待して駅の構内をウロウロした末にまたその姿を見付けることができ、初めて自己紹介をし合います。 


また同じ列車に乗りたいとのフランクの申し出に、嬉しく思ったモリーは次の金曜日に乗る予定の時刻を教えます。車内で楽しい会話をした二人はその日のウォール街でランチをし、その後も列車内やグランドセントラル駅のカフェなどでお互いの家族のことを話し合う様になっていきます。 


或る日父親の病状のことを相談しようと駅で会う約束をしたモリーは約束の時間を30分以上過ぎても現れないフランクを駅で待ち続けます。やっとの思いで残業を終えたフランクも駅へ駆けつけるのですが、約束の時間をとっくに過ぎていた事と構内が混雑していたことでモリーの姿を見付けられず、諦めかけたその時!、背後で「フランク!」と呼ぶモリーの声がしたのです。振り向いたフランクは自分を待ち続けてくれていたモリーに感激して、抱きしめてキスをしながら「愛してる」と告白します。モリーもそれに応えて熱い抱擁を交わします。このシーンが二人とも同時に“恋におちて”しまった瞬間でした。 


お互いの気持ちを確かめ合った二人は、その後“直ぐにでも逢いたい気持ち”と“不倫の一歩手前と言う現実”の間で悩みながらそれぞれに精神的に葛藤する日々が続きます。一度は自分達の想いに素直になろうとする二人ですが、その事でお互いの家族も二人の“我慢している関係”を知ることとなり家庭は事実上崩壊してしまいます。 


やがて一年後にまたクリスマスイヴの日がやってきます。フランクとモリーは互いに約束をした訳ではありませんでした。しかし“会いたい気持ち”が通じ合ったのか、吸い寄せられる様に二人が初めて昨年に出会ったリゾーリ書店で出会うこととなりますが、何故かお互いが別居状態になっている事には触れず…笑顔で挨拶をして世間話をしただけで、「ではお元気で」とそれぞれ違う方向に歩き出してしまいます。  


しかし、ここからがクライマックスになります…。暫く考えながら歩き続けていたフランクは、急に思い立ったかのように引き返して、モリーが乗ったであろう列車へ飛び乗ります。彼はもうモリーを見付けることしか考えていません。モリーも一年前と同じリゾーリ書店でフランクと再会を果たしたのに、時間を埋めることが出来ずに別れてしまった寂しさを感じながら、混み合う電車の窓際に立っていました。そこへ前の車両からこちらへ向かって来るフランクの姿を見付けます。フランクも混雑する車内でモリーだけを見つめて、乗客をかき分けながら近付きます。やがて二人はじっと見つめ合って頬を寄せキスをするのです。愛し合うことを諦めなかった二人が、改めてお互いの気持ちを確かめ合うのに、もう言葉はいりませんでした。幸せそうに抱擁を繰り返すラストシーンはとても感動的でした。 


それ懐かしい!と思った方はTSUTAYAへ “GO” (笑)。  


それでは、今日も良い一日であります様に。   


結婚相談所 BLISS PARTNER(公式HP)

東証プライム上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数8万7千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方” は誰と婚活を始めますか? ‟お見合い婚は至高の恋愛婚!” を合い言葉にしている当相談所代表の塙(はなわ)が必ず最適なパートナーとなって懸命にサポートいたします。さあ貴方も憧れの成婚退会を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000