アラフォー婚活女子の本音とは?!


相談所も色々、会員も色々、仲人も色々です…。日々の活動を通して、“心に移りゆくよしなし事” を気の向くままに(気が向いたときに...)少しづつお話しして見たいと思います。 




今日は、『アラフォー婚活女子の本音とは?!』をお送りします。 




最近は独身のアラフォー女子でも若々しく、仕事のキャリアを持って人生を謳歌しています。婚活も当たり前になりました。しかし、充実した生活を送る一方で、パートナーのいないことや、出産へのリミット、介護や老後など現実的な悩みは根深いものがあります。当たり前とはいえ、アラフォー独身女子の結婚事情は厳しい部分もあります。それは年齢だけに限らず、アラフォー独身女子の特徴が関係しているとも言える様です。そこでアラフォー独身女子の特徴を見ていくとともに、婚活に対する本音の気持ちや、結婚する為に大切なことを考えて見たいと思います。 



<アラフォー独身女子の特徴> 


①今までずっと実家暮らし  


もちろんすべてがそうとは限りませんが、多くのアラフォー独身女子は実家暮らしをいまだに続けています。  


就職先も実家から通える場所を選んでいるので職場に通うのに都合が良く、家事は母親がしてくれるので家では何もする必要がありません。そのため、実家暮らしのアラフォー独身女子の中には、料理やアイロン掛けができない人もいます。 


若い頃と生活環境が変わらないので自分が年を重ねている実感がなく、いつまでも娘気分でいるのも特徴です。 


②仕事や趣味に打ち込んでいる 


アラフォー独身女子にはアクティブな方が多い様です。仕事をバリバリこなして、男性を追い抜いて幹部クラスになっている方も少なくはありません。中には自ら会社を設立したという方もいるでしょう。そして趣味があって、その趣味に打ち込んでいる方もいます。趣味のために時間とお金を使うことを惜しみません。 


このような女子は、どちらかと言うと結婚のことをあまり意識はしていないと言えます。仕事や趣味に力を入れている方が有意義と思っているでしょう。男性に気を使おうという気持ちが少ないので、結婚に至らなかったと言えます。男性が自分の都合に合わせられるというのであれば考えないことも無いのですが、そうそうそこまでの存在と出会えるのは少ないでしょう。 


③頑固な性格をしている  


アラフォー独身女子は、今までずっと自分のやり方で生きてきました。そのため、自分のやり方に自信があり、今さら自分を変えようとは思わなくなります。良いアドバイスに納得はしても、素直に受け入れることができないので、頑なに自分のやり方を通してしまうのです。人の助言や意見に耳を傾けないのも、アラフォー独身女子の特徴の一つです。 


④若いころはモテていた  


中には、若い20代のころに男性にモテていたという方もいますよね。ですので婚期は沢山あったのですが、それを逃してしまったパターンと言えます。モテていたことを意識していなければ婚期は逃さなかったかも知れません。 


しかし、モテている自分に気づいてしまい選り好みしてしまったのでしょう。その気持ちが気づかないうちに、我が儘キャラになってしまったのです。そんな女性がアラフォーになって結婚を考えたときに、男性からは魅力を感じない女子になっているのです。  


チヤホヤされることに慣れてしまった我が儘な女子と、付き合いたいと思う男性は少ないでしょう。モテなくなったことで自分に言い訳をするようになり、それがまた魅力を下げてしまっているのです。 


⑤出会いは自然にあると思っている  


アラフォー独身女子の中には、自然な恋愛を経た後の結婚を望む人も多くいます。自然に任せていたから結婚から遠ざかっていたのに、夢見がちなアラフォー独身女子は「運命の人であれば、いつか必ず出会える筈…」と信じ、自分から行動を起こしません。 


経験から学んでいれば婚活の場に出かけたり、結婚紹介所に登録したり、知人にお見合いを頼んだりするものですが、「意図的な出会いは運命ではない」と考えてしまうのです。  


⑥先輩風を吹かせたがる 職場などで、年下の女性にいろいろと教えたがるのもアラフォー独身女子の特徴です。おおらかに優しく接するのであれば良いのですが、無意識の話し方が上から目線だったり、少し偉ぶって見える態度だったりするため、威圧的に感じる後輩もいるようです。  


アラフォー独身女子が後輩女子にこのような態度で接する理由には、仕事だけは若い女性に負けたくないという、アラフォー女子ならではの複雑な気持ちがあるようです。  


⑦過去に恋愛で大きな失敗をしたことがある  


どちらかと言うと女性としてはそこまで問題が無いように思えるのに、なぜ結婚していないのだろうと思われるアラフォー独身女子がいます。それは過去に恋愛で大きな失敗をしたりショックを受けたことがあるからでしょう。  


真剣に付き合っていたのに、実は彼には奥さんがいたなんてことを聞くこともあります…。DVを受けたことがあるなど、大きなショックを受けてしまうと恋愛恐怖症になってしまいます。  


男性のことを心から信じることができずに、恋愛をすることも気が乗りません。もう失敗も怖い思いもしたくはありませんので…。そのような時間を過ごしているうちにアラフォーになってしまったのです。時間が解決するものでもありますが、傷が深ければそれだけ時間はかかってしまいます。  


⑧年下女性を意識しすぎる  


今どきのアラフォー独身女子は見た目も気持ちも若い人が多く、そのため、親子ほど年の離れた若い女性と張り合ったり、逆に無理に若い人たちと仲良くなろうとする人もいます。彼女たちは、若い人と張り合える自分、若い人とも仲良くなれる自分に酔いしれたいのです。 


若い人と自然体で付き合えるのなら素敵なことですが、「無理をしている姿が痛い」などと思われないよう、適当な距離感でスマートに付き合えるように注意したいものです。 


⑨言い訳が多い  


一部のアラフォー独身女子の特徴として、結婚できない自分にコンプレックスを感じるあまり、勝手に被害妄想を膨らませているケースがあります。 


結婚していない理由など誰も聞いていないのに、一方的に言い訳を並べ立てられれば気持ちの良いものではありません。 


ネガティブな考え方が習慣化すると、結婚に対してだけでなく、若くないゆえの理解の悪さや仕事の遅さなど、自分に不利な状況になると言い訳する癖がついてしまいます。 



<アラフォー独身女子の婚活に対する本音の気持ち> 


①本当は結婚したい 


アラフォー独身女子は生活も充実していて、独身を謳歌しているように見えます。また、「結婚できない」のではなく「結婚しない」。「男性に頼らない人生を自ら選んでいる」とあえて公言している人もいます。しかし、いざじっくり話を聞いてみると、やはり「チャンスがあれば結婚したい」と本音を語ったりも…。きっかけや決め手がないだけで、結婚を諦める人はそう多くはないようです。  


ただ、結婚というと日本ではまだまだ、女性が家事をして、男性が働くという性役割が根強く残っているため、ある程度キャリアのある40代の独身女性の場合、仕事を優先せざるを得ない理由で結婚に対して積極的になれない人も少なくありません。  


また、結婚相手には旦那さんというよりも、一緒に幸せになるパートナーとしての役割を求めている人も多いようです。30代の頃と違い、40代は自信もあり、責任も取れる大人。そういう観点から、結婚相手にも自立した男性を求める傾向にあり、結局は無理に「結婚」という形にはこだわらず「パートナーシップ」という形をとっている女性も増えてきました。  


②アラフォーでも産めるものなら産んでみたい 


アラフォー独身女子にとって、一番考えなくてはいけないのは「妊娠」と「出産」のことでしょう。女性には悲しいかな出産のリミットが存在します。何歳までという正確な条件はありませんし、アラフォーで出産する人も実際は数多くいますが、年齢を重ねる毎に厳しいのは当然のことです。 


生殖医療も高度化されているため、費用面さえクリアになれば、不妊治療を選択することもできます。しかし、子供は相手がいて初めて授かることができるものなのです。どんなに欲しいと望んでも、こればっかりは、お金で買えるものではないだけに、どうすることもできません。  


自身の体の変化の事実を受け入れて、子供を持たない人生を送る決意をする。しかし、その裏では「埋めるものなら産んでみたい」そう思っているアラフォー独身女子は多いと思います。男性との恋愛は妥協できても妊娠や出産には未練が残ってしまうことも少なくないようです。 


③親の介護が心配  


今のアラフォー世代と言えば、親は60代以上です。だんだんと年老いてきて、小さくなっていく親を見ていると、自分が歳をとったことを再確認したりします。親もいつまでも元気でいるわけではなく、やはり歳相応に病気をしたり、弱ってきたりします。近年では3人にひとりがガンを発症する時代といわれており、特に70代以降は急激に発症のリスクが上がります。 


認知症も65歳ごろから発症率が上がります。ガンなどの大病や認知症などは、つきっきりの看病・介護が必要になるため、親がそうした病気にかかってしまった場合、自分ひとりですべての面倒をみることになるので、これはとても大きな悩みの種になっているようです。また、親元を出て一人暮らしをしたり、他県に移住してしまっている場合は、生活そのものを変えたり、仕事もキャリアも手放す覚悟が必要になります。 


④ひとりぼっちの老後が不安で仕方ない 


アラフォー世代は、人生の折り返し地点といわれます。今はまだワンピースやパーティードレスのような若い服装も似合うかも知れませんが、ここから先は老いに向かって進んでいきます。10年後、20年後、30年後…。今はバリバリ働けていますが、あと20年もすれば定年になり、前線で働くことはできなくなります。  


「仕事という生き甲斐がなくなった後、なにをすればいいのだろう?」と、老後にとても不安を感じている人が多いようです。男子と結婚をして子供がいれば、子供が大人になっていく様子や、孫ができて家族が増えていく喜びがありますが、未婚女子の場合はずっとひとりです。  


病気になったりした時に助けてくれる人もいないため、非常に寂しい生活を送ることになります。老後を想像すると迷いや不安が生じるのも、アラフォー世代の独身女性の本音のようです。  


⑤独身は自由でやめられない 


アラフォー独身女子の醍醐味は「自由」でいられること。きままな一人暮らしは誰に気を使うことなく時間もお金も自由に使うことができます。男性との出会いを求めて見合いをしても、結婚で失敗して離婚しないとも限りません。また、派手な披露宴や挙式への憧れは、もう持っていない人がほとんどだと思います。それならば、無理に自分を奮い立たせて婚活をしようとはならない人が多いのかも知れません。男性との関係は結婚ではなく、付き合うだけで充分としている割合も低くはありません。 


平日は思いっきり仕事をして、休日は好きな時間までゆっくりと眠り、好きな時間に好きな場所へ出かける。生活空間は自分の好きなもので埋め尽くされ、心地よい暮らしができる。こんな自由な暮らしが出来るのも、独身だからこそです。結婚したいし、子供も産んでみたい、親の介護や自分の老後も気になるけど、やっぱり今のこの楽しい独身生活はやめられない…。希望に満ち溢れている訳でもなく、絶望に打ちひしがれている訳でもない…。それがアラフォー独身女子の本音だったりするのです。 



<アラフォー独身女子が結婚する為に大切なこと> 


①本当に結婚したいのか問いかける  


まずは、「自分は本当に結婚したいのか」について改めて考えてみましょう。本当に結婚したい、という答えが出たら、出会いを増やすための活動を開始しましょう。 


②若さに負けない価値をアピール  


アラフォー独身女子には、若い世代にはない魅力があります。長年仕事に就ていれば経済的に自立していますし、それまでの経験から包容力や謙虚さを学んだ女子も多いでしょう。弾けるような若さはなくても、落ち着いた“大人女子”の魅力を備えている人もいます。  


そのようなアラフォー独身女子ならではの魅力をさりげなくアピールすることで、若い女性に疲れた男性に恋愛や結婚の対象として見られることもあるかも知れません。 


③ダメ出しから入らない  


婚活で出会った相手にダメ出しをし続けるのをやめて、まずは良いところを探すようにしましょう。良いと思える人がいたら、自分から誘ってみましょう。断られても、次のお相手にお見合いを申し込めば良いだけです。 


④アラフォーであることを自覚する  


年齢を重ねることを拒否はできません。ならば、自分がアラフォーであることを自覚することが大切です。男性は若い子が好きと言ってしまえば嘘ではありませんが、だからと言ってアラフォー女性が20代を意識しても痛いだけで、何の魅力も感じないのです。アラフォーにはアラフォーの良さがありますので、それを発揮することで男性が認めてくれるでしょう。アラフォーなりのファッションや話し方、仕草や態度などを学んで実行すれば印象がガラッと変わると思います。「結婚していないのが不思議でしょうがない」と思わせることができれば、こちらのものです。 


⑤出会いに積極的になる  


出会いを求めるのであれば、やはり出会いの場に行かなければ話になりません。少なくとも人と接していくと言う行動力は必要でしょう。家と職場の往復だけという生活ではそうそう出会いなどある筈がありません。「この年になると、出会いを求めているなんて言いにくい」と思うかも知れませんが、そう言っているうちにチャンスはどんどん無くなっていきます。積極的に出会いを求めに行くことで、いつしか運命の人に出会えることもあるのです。 


⑥アラフィフ以上の独身男性を狙う  


年上男性を狙ってみてはどうでしょうか。年齢が自分よりも上の世代の男性ならば、自分より年下の女性を結婚相手に望む人がほとんどです。アラフィフ以上の男性には、アラフォー女性は年下で可愛く見えます。最近のアラフィフ以上の世代は見た目も若いですし、包容力もあるので、対象年齢を引き上げて、出会いの可能性を広げてみましょう。 


⑦婚期を逃したことを人のせいにしない 


アラフォー独身女子の中には、結婚していないことを何かのせいにしている方がいます。もしあなたがそうであれば直ちに直しましょう。男性からしたらそれは決して共感できる姿ではありません。 


「仕事が大変すぎて」「男性が弱くなった」など、人のせいにしていてもあなたの魅力が上がるわけではありません。逆に「こんな人とは絶対に一緒になりたくない」と思われるのがオチです。今までの行動が今のあなたの姿ですので、それを受け入れましょう。そうすれば今後はどうしていけば良いか答えが出てきます。他責よりは自責を負うスタンスが潔く好感を持って受け入れられると思います。 



<おわりに> 


アラフォー独身女子が結婚するには何より「いつか出逢うであろう」という幻想は持たないことが一番大切なポイントです。いつも申し上げている事ですが、「いつまでに、こんな相手と結婚する」を具体的なミッションとし、そこから逆算して今やらなければならない事を明確にして、行動あるのみです。  


「本当に結婚したい人」の集まりからお相手を選べること、お相手の心の機微をお互いの仲人カウンセラーを通して“情報”として確認しながら、慎重に、大切に、出会いをご縁に繋げて成婚を目指すことが可能なこと、この二つを最適な環境として提供できるサービスを、良く調べて選ばなければいけません。自分に合う“仲人型結婚相談所”のカウンセラーを見付けることから、始めましょう。出逢いの場を広げて“アラフォー独身女子”を卒業しましょう。アラフォー女性ならではの経験と包容力は大きな魅力でもあります。自信をもって婚活に臨んで下さい。 


今日は、この辺で失礼します。 


(出典:Uranai Style、40代女性の為の結婚指南、婚活とらのあな、まりおねっと、オトメスゴレン、Couples、婚活あるある)

   

結婚相談所 BLISS PARTNER(公式HP)

東証プライム上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数8万9千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方” は誰と婚活を始めますか? ‟お見合い婚は至高の恋愛婚!” を合い言葉にしている当相談所代表の塙(はなわ)が必ず最適なパートナーとなって懸命にサポートいたします。さあ貴方も憧れの成婚退会を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000