我が子が独身で心配?!(後編)


相談所も色々、会員も色々、仲人も色々です…。日々の活動を通して、“心に移りゆくよしなし事” を気の向くままに(気が向いたときに...)少しづつお話しして見たいと思います。 



今日は、『我が子が独身で心配?!(後編)』をお送りします。 



いつかは結婚するだろうと思って黙って見守っていたけど、一向にその気配なし…。30代…40代…、そろそろ本気でまずいのではないか…と思い始めたご両親。その心配は、的中しているかも知れません。きちんと仕事もしているし、格好いいとは言えないけれど、決して悪くはない。タイミングがくればきっと結婚相手を見つけてくるだろう…。などと思っていると、残念ながら今の時代その考えは通用しないのです。何故なら、今の世の中、男性の4人に1人が一生独身で終わっていくと言われています。つまり、何もせずに見守っているだけだと一生独身街道まっしぐらに成り兼ねません。今現在結婚適齢期を過ぎているのならなおさらです…。今日は、我が子が結婚できない理由とは何か、そして我が子が独身で心配な時、親はどうすべきかについて考えて見たいと思います。 



<我が子の結婚に目を背けない>  


親戚が集まる度に「○○はまだ結婚しないの?」と聞かれたり、年齢的に「お孫さんは?」と聞かれたり…。我が子が結婚適齢期を過ぎても独身だと何かと肩身の狭い思いをすることも多々あることでしょう。思わず子供に「いつ結婚するの?」「ちゃんと考えてるの?」と言ってしまい、険悪なムードになったことがある人も多い筈です。 


しかし、親のあなたが焦ったり肩身が狭い思いをしていくるくらいですから、当の本人はもっと肩身の狭い思いをしていることにお気付きでしょうか。子供を責めたり焦らせたりするのではなく、客観的に我が子を分析すれば、自ずと対策が見えてくるかも知れません。  



<息子が結婚できない理由と対策>  


①収入が低い 


これは現代が抱える大きな問題のひとつです。非正規雇用や低所得は結婚を困難にします。女性は男性より現実かつ計画性に優れた生き物です。結婚となると相手の仕事や収入を非常に重要視します。多少性格や容姿が悪くても経済的な魅力があれば必ず寄ってくる女性はいるものです。 


対策:転職して、正規雇用の仕事に就くことから始めましょう。貯蓄が少ない場合は“倹約家”であることをアピールしましょう。また、親や祖父母に経済力があればそれはそれでアピールポイントとなります。貯蓄や親の経済力など、ない場合はどうにもなりませんが、転職は誰でも出来ることです。中々良い条件の会社が見つからない時は、資格を取ったりスキルを磨いたり、必ず出来ることがありますので、とにかく努力をしましょう。 


②容姿が悪い 


「人は見た目じゃない」何て言うのはきれいごとです。人は見た目が99.9%です。容姿が悪いとどうしても第一印象が悪く、そもそも女性と親しくなることが難しくなります。 


対策:まずは「清潔感」を保ちましょう。髪の毛、ヒゲ、爪、肌、服、靴下、靴、鞄、不潔ではありませんか?これが結婚への第一歩と思って取り組みましょう。次に服やファッションに興味がなくても、最低限イマドキな物を身につけましょう。ファッションに自信がないのであれば、百貨店やショッピングセンターへ行き、店員さんにすべて選んでもらいましょう。お金をかけなくてもオシャレは出来ます。それには人の力を借りましょう。更に、太っているとだらしなく見えたり、意思が弱い人間という印象を与えます。適正な体重に近づけることは、健康上自分の為にもなります。年齢的にも健康に気遣う良いチャンスだと思って頑張りましょう。 


③女性に慣れていない 


折角出会いがあっても「連絡先を聞けない」「誘えない」「会話が出来ない」となると結婚までは相当長い道のりとなります。 対策:女性に免疫がなく慣れていないのであれば、プロのサポートを受けましょう。婚活茨城!仲人ひきうけ隊では、「男性向け!一般婚活女性との模擬お見合いサービス!」を実施しています。これは「婚活女性との模擬&本音アドバイスサービス」です。女性が断る理由や改善ポイントが分かれば、次に何をすれば良いのか気付くきっかけになると思います。詳しくは弊社までお問合せ下さい。 


④高望み 


意外に多いのがこのパターンです。女性経験もなく、これと言って取り柄もない自分の事は棚に上げ、相手にだけは色々と求める。これではいつまでたっても結婚できません。  


対策:これは一度現実を突きつけるしかありません。出会いがなく、経験もないため夢を見ているのです。結婚相談所へ登録し、実際に自分の希望に合う女性を片っ端からお見合い申し込みしてみることです。どの様な結果になるかによって、自分自身を再評価し、現実を見つめ直して次の一手を打てば良いのです。もしフラれたとしても落ち込む間などありません。次に活かせば良いだけのことです。 


⑤行動を起こしていない 


出会いがなければ結婚は絶対に出来ません。結婚したければ“出会う”ための具体的な行動を起こさなければなりません。 


対策:お金もない、容姿もそれほど…、経験もない。これでは100年待っていても出会いなどある筈がありません。そのことを理解する必要があります。そして結婚相談所の無料相談を受けて見ることから始めれば良いのです。 



<娘が結婚できない理由と対策> 


①柔軟性が無い  


「自分が正しい」「他人の意見を受け入れない」「自分の考えを変えない」「自分の方が相手より上の立場にいると思っている」といった「柔軟性が無い女性」は結婚相手として男性からの評価は相当厳しいものになっています。結婚生活に安らぎを求める男性にとって「柔軟性が無い女性」と結婚したくありません。 


対策:お互いの良いところを認め自分の間違っている部分を直し、柔軟性を持ってお互いが協力しあうことが結婚生活には重要なのです。 


②理想が高い 


「年収1,000万円以上」「身長175cm以上」「自分は専業主婦希望だけど家事育児をやってくれる男性」「見た目もそこそこ」といった未婚男性全体の1%にも満たない男性を狙ってる女性は、やっぱり結婚が難しくなります。特に最近では「都心のタワーマンションに住みたい」といった具体的な条件までつける女性も増えてきているのです。 


対策:その条件を満たす相手に選んで貰える自分かを考える。相手にも選ぶ権利があるのです。理想を掲げて婚活をすることは大事ですが、婚活開始後にいろんな人と会ってみて「いきなり年収1,000万円は無くてもいいかな」「タワーマンションは必要無いかな」と自分に合った現実的な条件に変えていければ良いのです。 


③見た目の条件や価値観の完全一致を求める  


ルックスや身長、体重といったスタイル、また薄毛はNGなど見た目のへの条件が厳しいだけでなく、価値観の完全一致を求める女性は結婚できません。金銭価格・趣味・食べ物の好き嫌い・休日の過ごし方など完全に一致する人はこの世にいません。  


対策:高望みし過ぎです。容姿、収入、性格、価値観など様々な面で高い理想を追いかけていては駄目です。結婚できない女性の多くは男性に対して「限りなく100点満点」を求めてしまいます。優雅な専業主婦をイメージしているのか男性の給料を期待して更に家事や育児までやってもらおうとしてるのか分かりませんが、そんな素晴らしい男性はいたとしても、若いうちに既に結婚してしまっています。大切なのは周りの友人の彼氏や旦那さんより高いスペックを求めないこと。そして、年収や年齢などの数値化できる条件よりも、人柄や価値観や金銭感覚と言った数値化できない部分の相性を優先させることです。実は自分にぴったり合った大事な相手を見逃してしまう可能性が多いにあると気付かなければなりません。 



<親の取るべき対応とは?!> 


子供を結婚させたいのならば、親がとるべき対応が2つあります。それは「自尊心を傷つけない事」と、「結婚のレールに乗せてやること」だと思います。 



<自尊心を傷つける発言や行動を慎む> 


①「だから彼女(彼氏)も出来ないのよ」  


お付き合いするお相手が出来ない事を一番気にしているのは子供本人です。作れるものなら作りたいのです。そこへ「だから彼女(彼氏)も出来ないのよ」という内容の発言は胸に突き刺さります。慎みましょう。 


②「いつになったら結婚するの?」  


そんなこと知るはずがありません。子供本人が一番知りたいはずです。周りが結婚していく中、焦り悩んでいる人を傷つける発言でしかありません。 


③「〇〇さん結婚するんだって」  


これを言って何になるのでしょか。子供を傷つけたい?そうでないなら、周りと比較するような発言は控えましょう。子供さんが自信を無くしてしまうだけです。 



<結婚のレールに乗せる方法> 


①結婚の話を避けない 


ついつい結婚の話を避けてしまいがちです。しかし、もうそんな悠長なことを言っている暇はありません。きちんと結婚について話し合いをしましょう。もしかするとお付き合いをしている人がいるかも知れませんし、結婚に興味がないかも知れません。子供の意志を確認せずに背中を押す事はできません。 


②プライドを捨てて自分が動く 


30歳40歳になっても結婚できない我が子。これからも結婚出来る兆しのない我が子。そのことを認めましょう。そして、力を貸してあげましょう。子供が自力で行動を起こせないのなら、直ぐにでも親であるあなたが変わりに結婚相談所に登録するなり、無料相談を受けるなりしましょう。 


③「ずっとこの生活は続かない」ということを教えましょう  


子供は洗濯や料理といった、身の周りのことを自分でこなせますか?親が全てしてあげてはいませんか?両親が元気な間は子供は生活に困らないかも知れません。しかし、親は子供より先に年老います。そうなった時、息子(娘)は大丈夫でしょうか。その時の事をしっかりと考えさせましょう。人は独りでは生きていけません。 


④きちんと向き合って話をする 


「いい大人」と突き放すことは簡単なことです。しかし、結婚出来るか出来ないかということは子供の人生において一大事です。もし「結婚したい」と言う気持ちがありながら動けずにいるのなら、親として手を貸すことは恥ずかしいことではありません。一生独身で終わっていく方が悲しく不幸なことです。ぜひ、一度きちんと子供と向き合ってみてください。そして直ぐに行動に移してください。 



<おわりに> 


いつまでも我が子が独身だと、ついつい小言や嫌味を言ってしまいたくなります。しかし、それは子供を傷つける以外、何の効果もありません。彼女(彼氏)が出来なくて、結婚が出来なくて一番悩んでいるのは子供本人です。それに寄り添えない親など価値があるでしょうか。今日から子供を責めることはやめて、寄り添ってみてください。きっと明るい未来が待っていると思います。  


今日は、この辺で失礼します。 


(出典:いまこと、ラブゲット、婚活マニュアルZ、Menjoy、ウィルマリ)   


結婚相談所 BLISS PARTNER(公式HP)

東証プライム上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数9万1千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方” は誰と婚活を始めますか? ‟お見合い婚は至高の恋愛婚!” を合い言葉にしている当相談所代表の塙(はなわ)が必ず最適なパートナーとなって懸命にサポートいたします。さあ貴方も憧れの成婚退会を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000