バツイチ女性と結婚する時の見極め方


相談所も色々、会員も色々、仲人も色々です…。日々の活動を通して、“心に移りゆくよしなし事” を気の向くままに(気が向いたときに...)少しづつお話しして見たいと思います。 


今日は、『バツイチ女性と結婚する時の見極め方』をお送りします。 


 バツイチであることを後ろめたく思う女性も少なくありません。バツイチは良いイメージを与えないと考え、恋愛や再婚に対し、後ろ向きになってしまったりしていませんか?実は、男性にとってバツイチ女性であることは必ずしもマイナスに映っていないようです。逆にバツイチ女性に魅力を感じている男性も少なくはありません。  


今回はバツイチだからと恋愛や再婚に後ろ向きになっていたり、悩んでいる女性に向けて、男性の感じるバツイチ女性ならではの魅力と、良い恋愛、良い再婚をする為に気をつけることや心掛けるべきこと、そしてバツイチ女性の本気度をどうやって見極めれば良いかを考えて見ましょう。  


<再婚して幸せになるコツ> (出典:バツイチ婚活ガイド)  


①スペックではなく価値観が合うかを重要視する 


昨日のブログでもお話しいたしましたが、離婚した夫婦のほとんどが「性格の不一致」を原因に挙げていて、原因ランキングでは1位の常連になっています。1度目の結婚は、内面よりも相手の年収や容姿に惹かれてしまったという人が多いのではないでしょうか。そして、それだけで結婚相手を決めてしまうのは少々浅はかです。 


幸せを手にした再婚者が、相手を選ぶときに重視していたのが「相手の価値観が自分と合っているか」ということ。趣味にどのくらい投資するのか、食事の味付け、異性との付き合い方などです。いくら容姿が整っていても、自分では考えられない行動をとられると、相手に不信感をいだいてしまいます。  


一緒に暮らすなかで、価値観の違いは大きなストレスになります。だからこそ、価値観を重視して結婚相手を選ぶことが大切。尊重し合いながら共に生活を送れる人はどんな人なのか、離婚をきっかけにもう一度よく考え、自分にピッタリな相手を探してみましょう。 


離婚の苦労を乗り越え、多くのことを学んだからこそ、見た目にとらわれることなくハートで通じ合える人を見つけられる筈です。 


②前回の失敗を反省して学んでいる  


離婚の原因は一方だけの問題ではありません。離婚を決意したときは相手の欠点にばかり目がいっていたけれど、パートナーと離れて初めてその有難みを感じた人も多いのではないでしょうか。 


再婚して幸せな結婚生活を手にしている人は、このような離婚の反省点を次の結婚に活かせている人です。結婚生活を振り返り、相手を傷つける行動をとっていなかったか、理想を押し付けていなかったかと、 自分の悪かった部分を考えることで次の結婚ではもっと改善できるはず。  


結婚は恋愛とは違います。一緒に暮らし生活を共にするのですから、当然自分勝手には暮らせません。良いところばかりでなく、相手の悪いところが見えてくるのも当然。お互いに優しく注意できれば良いですが、ついついきつい言い方をしてしまい別れの原因になることもあるのです…。 


「こんな風に言ったら、相手は嫌な気持ちになるかも」と考えられるのは、バツイチの強みです。もともとの性格をすぐに変えるのは難しいですが、相手への接し方を意識することはできる筈ではないでしょうか。 


③自分の生活を大切にしてバランスを取れる  


結婚とは、人と生活を共にすること。まったく違う家庭で育った2人が一緒に暮らすのですから、すこし不自由に感じることもあるでしょう。なんでもかんでも相手に合わせ、行動が強制されてしまうと、身動きがとれなくなってしまいます。  


自分が制限されていると感じているので、相手にも不自由を強要するようになり喧嘩の原因になってしまいます…。これではストレスがかかって、長く生活していくことは困難です。 


実は結婚生活をうまく送れている人は、自分の生活を大切にしている人だと思います。趣味の時間や友達と付き合う時間を、適度に確保しています。自分の時間をもてることで余裕が生まれ、パートナーとの時間もより楽しめるのでしょう。 


最初の結婚生活では、相手に理想を押しつけていたり、相手に合わせて背伸びし過ぎていたりしませんでしたか。リアルな結婚生活を経験して、お互いに自然体で過ごすことの重要性を感じたと思います。その経験を活かして、自分の気持ちを理解してくれる相手を選んでいる人が、幸せな結婚生活を実現している様です。 結婚を現実的に考え、じっくり相手を見極められるのはバツイチだからこその特権でしょう。 


<バツイチ女性が好感を持つ再婚相手> (出典:まりおねっと) 


①バツイチという「過去」を気にしない男性  


今や3組に1組が離婚する時代。バツイチも決して珍しくはありません。しかし離婚は、ほとんどの場合かなり負のパワーを必要としますし、恋愛や再婚はしばらく考えたくないという女性も多いです。また、離婚歴があることで、周りの人の声も気になるでしょう。そんな女性は「バツイチは魅力がない」という心理状態でいます。つまり、自分に自信がありません。こんなバツイチ女性に、普通に「好きだ」とか「結婚したい」と言っても、なかなか心を動かせません。では、どうしたらいいのでしょうか。 


女性に、バツイチであることは自分にはなんの意味もないこと、気にもならないということをしっかり伝えてください。バツイチだからなんだい?君の過去がどんなものでも自分は受け入れるよ。君を理解しているよ。と言葉でちゃんと伝えてくれる男性に、バツイチ女性は安心感を覚えるでしょう。過去を否定しないで受け入れてくれる。しっかりそれを感じられたら、バツイチ女性はあなたと恋愛しても良いと思うでしょう。 


②悩みを聞いてくれ、自分を守ってくれる男性 


バツイチというだけで他の人とはそんなに変わらないと思っていても、何らかのきっかけで、バツイチは問題あり?!、バツイチって人としてどうなの?!、のような言葉を聞いてしまう事があります。 


自分がバツイチなのは、自分に問題があるんだ、自分はだめな人間なんだ、とバツイチ女性は自分を追い込むような心理状態になります。バツイチにだっていろいろ理由があるのに…。バツイチだからって肩身の狭い暮らしをしなきゃいけないのでしょうか?。  


そんな、誰にでも言って回ることはできない悩みを真剣に聞いてくれて、かつ、気にするなよ。バツイチへの偏見なんて聞き流せよ。俺がその場にいたら意見してやるのに!と自分の味方になってくれる男性のことを、バツイチ女性は頼もしく思います。  


たとえ相手に責任があった場合の離婚でも、バツイチということで縮こまってしまった女性を救えるのは、「何でも言ってくれ」という安心感を与えてくれる男性。「何かあったら俺が守るから」と自分を受け入れてくれる男性です。相手の女性が自分に心を開いてくれないな、と思ったら、こういう態度で接してみてください。 


③家族や友人を大切にしている男性  


離婚を経験している女性の中には、前夫が家庭を全く見ない人だった、自分の家族を大切にしてくれなかった、という理由でバツイチになった人も多いでしょう。こういう理由で離婚した女性は、人に優しくできない男性は懲り懲りだ、という心理状態になっています。  


そんな女性と恋愛するのに、親に優しくない、友人のことも大事にしていない、人付き合いをないがしろにする。こんな男性はきっと拒絶されると思います。バツイチという肩書と、少なからず持っている傷を、ちゃんと癒してくれる優しさがあるか。そこを見ている女性は多いと思います。 


相手の家族を大事にできますか?相手に子供がいる場合、その子を可愛いと思えますか?自分の友人も大切にしながら、女性にも寄り添えますか?もしそれができるなら、恋愛や結婚はしないと頑なになっている心理状態の女性も、あなたに心を開いてくれるでしょう。  


④過去に付き合った女性の悪口を言わない男性 


離婚を経験した女性は、異性の悪口を言う男性を良く思えない心理状態です。別れた前夫に、口うるさく自分のダメなところを言われた経験がある女性などは、その心理がより大きい筈です。そんな時に出会った男性が、元カノはこんなところが最悪だったよ、元カノのこういうところに我慢できなくてさ、元カノはこんな時いつもこうで参ったよ…。と延々女性の非を並べる男性を好ましく思うでしょうか?  


仮に自分と恋愛したとして、別れた後に「やっぱりあの女ダメだった…」と悪く言われるかも知れません。それが想像できる人と、恋愛や結婚など絶対に考えないと思います。悪口を言うのが目的ではなく、過去の彼女はこんな女性でげんなりだった、でも君は素晴らしい!と比較したいのであっても、全く効果的ではないのでそこを勘違いしないようにしてください。  


女性を悪く言う男性は、すべての女性の敵なのです。バツイチ女性は自分もそんな風に言われるんだろうなと深読みする傾向が強いので、過去に付き合った女性のことは、いい思い出だ、位にとどめておくのが良いでしょう。 


⑤将来のことを真剣に考えてくれる男性 


バツイチ女性の中には、子持ちのシングルマザーも多いでしょう。シングルマザーの多くは、自分のことより子供の幸せを優先したいと思います。そんな、親として生きていくと決めた女性の心理は、「人生に男なんて必要ない」に近いです。  


それでも気を許す男性が現れたり、バツイチの自分を大切にしてくれる男性に出会ったら、恋をしても良いと思うときもあるでしょう。しかしここで大事なことがあります。それは「男性が先のことまで考えてくれているのか」ということです。どれだけ好きだと言われても、どんなにあなたを大切にすると言われても、将来のことはまだわからないけどね、と言う男性とは、きっと恋愛しようとは思えません。 


女性との将来、それはすなわち女性の子供の将来も関係してきます。極端な話、先のことを考えているなら、子供の父親になるくらい真剣な気持ちでいてくれているか。今だけ恋愛を楽しみたいのなら、私にはそんな暇はない。という心理状態です。  


こんな「母」として生きる女性が男性に気を許すのは、やはり自分のことだけでなく、子供のことも大事にしてくれるかどうかでしょう。結婚で痛い目を見たバツイチ女性を、子供ごと包んであげられるか。この先もずっと変わらず接していけるか。 


男性が真剣だとわかった時に、「男は必要ない」という心理状態も「もう一度恋愛してみようかな」に変わる可能性はとても大きいと思います。強がっている女性だって、やはり心のどこかで誰かに頼りたいという理想を持つものなのです。 


<バツイチ女性の本気度> (出典:婚活応援ブログ) 


①結婚後に希望することを聞いてみる 


できるだけより具体的な問いかけとして結婚したらどんな希望を持っているのか?を聞いてみます。本気度が高い女性であれば現実的で具体的な答えが返ってくる筈です。現実的なものなのか、そうでないかは、おそらくすぐにわかると思います。 


本気度が低ければ、非現実的な希望を並べ立ててしまうものだと思います…。「大きなお家に住みたい」とか、あからさまに「贅沢がしたい」等々、不可能なことばかり望む女性もいると思います。それはそれで早い段階であきらることができますので時間とお金が無駄になりません。 


②プライベートなことを話してくれる 


家族構成や将来の夢や友達のこと、仕事について等々プライベートな事を詳しく話してくれる女性は、婚活に対しても、あなたに対しても本気度が高いと言えます。こういう女性が理想のお相手です。 


バツイチ女性の場合は、離婚に至った原因、子供の存在、親権の問題、慰謝料や養育費の状況、元の夫と子供が会う頻度、等々たとえ言い辛いことでも正直に話してくれるかどうかは、とても重要なポイントになります。 


逆にプライベートなことを話したがらない女性は本気度が低いのでズバリ①の方法で結婚後の希望を聞いてみるようにすると良いでしょう。何も話したがらない女性とは結婚に結び付く可能性は低いと思います。 


③子供とのコミュニケーション 


バツイチ子持ちの彼女の場合、結婚をお互いが望んだとしても、子供とのコミュニケーションが取れていなければ一緒に生活を始めてもすれ違いが起こるばかりです。 


彼女がどれくらい本気で貴方との再婚を考えているかどうかは、子供との中を深める努力をしようとするかが重要なポイントとなります。二人だけのデートではなく、子供を交えて出かけるといったことを繰り返えしていく必要があります。 


彼女がそれを積極的に行動に移すかどうか…、子供とのコミュニケーションは、再婚する上でとても重要な本気度チェックポイントです。 


④結婚に対する価値観を共有しているか 


バツイチ子持ちの女性と再婚を考える時は、お互いの価値観を事前に確認できているかがとても大切です。結婚後の将来はどうしていきたいのか、お互い話しておくことで、結婚後に「こんなはずではなかった」ということが避けられます。お互いの考えを深く知ることが出来ているか、結婚前には将来の話をどれだけ積極的にできるかが、本気度を知るポイントになります。 


⑤そもそも結婚相談所で婚活している 


結婚相談所に登録して婚活していると言うことは、結婚に対して本気度が高いと言う証拠です。バツイチだろうが初婚だろうが、真剣に婚活していない女性は、そもそも入会していません。  


ただし、“一対一の真剣交際” に至るまでは、複数交際が認められていますので、プレ交際中のお相手からのメールやLINE等、レスポンスのタイミングと内容で、“貴方との本気度”が分かると言うか、察しが付くでしょう。好意を持っている人には、レスポンス良く、中身のあるメッセージを返すのは当たり前のことです。また、貴方への本気度が高ければ丁寧な言葉遣いのメッセージをくれると思います。 


<おわりに> 


人は恋愛感情を抱くと、良いことも、悪いことも、思い込みを強く持ってしまう傾向にあります。誰でも結婚への期待は持っているので、それを隠す必要もありませんが、過度に期待してしまうと勝手に恋愛している錯覚に陥ることがあります。  


「できるだけ早い段階で婚活の本気度を確認する」ことが重要です。最初は何か失礼な気がしてとがめますが、慣れてくると自然に聞けるようになります。ほとんどの女性が快く答えてくれると思います。中には相手のことが良くわからない状況で本気度を問われるのを嫌う女性もいる様ですが、婚活の本気度を確認をすことは大切なことですし、そこを意識していない女性は婚活の対象としないほうが良いと思います。 


バツイチでも初婚でも同じですが、婚活に本気かどうかを伝えてくれない女性とお付き合いをしても、向かう先は結婚ではなく時間とお金の無駄になる可能性が高くなってしまいますので、気を付けましょう。“結婚への本気度が高い女性”そして“あなたへの本気度が高い女性”このふたつが揃わなければ婚活は成功しません。そこだけは充分な認識が必要です。 


今日は、この辺で失礼します。   

結婚相談所 BLISS PARTNER(公式HP)

東証プライム上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数8万7千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方” は誰と婚活を始めますか? ‟お見合い婚は至高の恋愛婚!” を合い言葉にしている当相談所代表の塙(はなわ)が必ず最適なパートナーとなって懸命にサポートいたします。さあ貴方も憧れの成婚退会を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000