意識した途端に話せなくなる症候群?!


相談所も色々、会員も色々、仲人も色々です…。先日から、いわゆる “結婚相談所あるある” をお送りしています。日々の活動を通して、“心に移りゆくよしなし事” を気の向くままに(気が向いたときに...)少しづつお話しして見たいと思います。 


今日は、『意識した途端に話せなくなる症候群?!』をお送りします。  


「女三人寄れば姦しい(かしましい)」などと揶揄されるように、とかく女性のおしゃべり好きは、古今東西を問わず当たり前のことだと言う気もいたしますが…。好きな男性と二人きりになったり、目の前の男性を意識してしまうと、全くと言って良いほど、何も話せなくなってしまう女性も居るのです。


 “女子トーク”では止めどもなく、時間を忘れて話し込んでしまうタイプでも、ひとたび状況が変わると、何故か固く口を閉ざしてしまう…、言葉が出てこない…、そんな“あがり症”にも似た、自分自身でも持て余し気味になってしまう性格を何とかしたいと思っている女性は結構な人数いらっしゃるのではないでしょうか…。  


「好きな人と話せない」と言うのは、婚活女性にとっては大問題です!。いくら親しくなろうと努力しようとしても言葉が口を衝いて出てこない訳ですから、お相手との距離も全く縮まらないことになってしまいます。お相手の男性だって自分が嫌われていると勘違いして去って行ってしまう事になり兼ねません…。 


いったいどうして話せなくなってしまうのでしょうか?!。例えば…。  


①嫌われたくない一心で臆病になる 

こちらがお相手を異性として意識していても、殆どの場合、先方は全くフラットな心理状態ですから、そうそうこちらを嫌いになってしまうことは少ないと思います。 


②好かれたい気持ちが強すぎる 

一方的な気持ちで妄想しても仕方ないのですが、好きになってしまった瞬間に、相手からも好かれたい、自分の事を好きになって欲しい、そんなエゴイスティックな気持ちが強すぎるのですが、冷静になって「これから好きになってもらう為にどうしたら良いか」を考えましょう!。方法は至ってシンプルです。話し掛けることをからしか始まらない事に気付く筈です!。  


③口下手なので気まずくなるのが怖い 

お相手を好きになってしまったことで、余計に口下手に拍車がかかり、「会話が盛り上がらなかったらどうしよう…」と心配するあまり、話題すらも何処かへ素っ飛んでしまいます…。でもそんな時は、いつぞやもご紹介しましたが、“ザイオンス効果(単純接触効果)”を思い出してください!。人は、何度も接する機会が多ければ多いほど、相手に好感を抱きやすくなると言う、実にありがたい法則です!。 


④赤面してしまうほど過度に恥ずかしくなる 

この好きなお相手を前にして過度に“恥ずかしい”と思ってしまう感覚は、実に厄介だと思います。恋愛経験が多いか少ないかで大分違ってくるのだとは思いますが…。そこで躊躇していても仕方がありません!。恥ずかしさに打ち勝つ方法は…好きなお相手のことを少しづつでも知りたいと願う“好奇心”に変えてしまう事だと思います!。  


⑤“好きと言う気持ち”を抱えているから上手く話せない 

これは、気持ちの行き違いとかで、好きだと言い出し難い微妙な女心を抱えていると“本音を打ち明けたい”と思う気持ちとの間で胸が苦しくなり、言葉が上手く出てこない場合があります。これは、単純明快です!。行き違いだか何だか分かりませんが、下手に探り合いなどせずに、担当仲人さんを頼りましょう!。相談所間でお互いの率直な気持ちを確認して貰えば済む事なのです!。 


女性会員のKさんは暑い夏のさなかに出会ったお相手とのお見合いが成功して、交際二ヶ月目が終わろうとしています。話を聞く限り、中々充実したデートを重ねている様に感じられるのですが、先日元気の無い電話を掛けてきました…。 


Kさん:「最近、彼との会話が沈黙になりがちなんです…。」 


私:「喧嘩でもしたの?。」 


Kさん:「喧嘩だったら、お互いに仲直りも出来るんだけど…。」 


私:「なになに、訳を聞かせてよ!。」 


Kさん:「私、やっぱり彼の事が好きになってしまったみたい…。でも彼が私と同じ気持ちで居てくれるのかが不安で仕方ないんです。何気ない会話をしていても、何故か“私の片想いなのかも…?!”と考えてしまうと、会話がぎこちなくなってしまい、微妙な空気になるんです…。」 


私:「“私の片想い”って感じるのは、何か理由があるの?!。」  


Kさん:「彼が優しすぎるから、私が我が儘を言っても喧嘩にならないし、気持ちをぶつけてくれないんです!。これって私を本気で好きになってくれていないからですよね…。」  


私:「ちょ、チョット待って!!。“彼の優しさがたまらなく心地良い”って言ってたよね!。」 


Kさん:「その“たまらなく心地良い気持ち”に、私の“妄想”が入ると、疑心暗鬼になって“不安”の二文字に変化してしまうんです…。はなさん(私の呼び名)、この切ない女心分かります?!。」 


私:「じゃあさ…彼氏の本当の気持ちを知りたいってことで良い?!。」 


Kさん:「それが分からないから苦しいって言ってるんですよ!。出来ない事を言わないでください!。」  


私:「だから、彼の担当仲人さんに聞いて見ようかってことだよ!。Are you OK?」  


Kさん:「私が聞きたいって彼にバレちゃうんでしょ?!。」  


私:「そんなことする訳ないでしょ!。今月末で交際3ヶ月目に入るんだし、そろそろ真剣交際についてお互い考えた方が良い頃だと思うから、そのことも含めて相談して見ようか?!。」  


Kさん:「はなさん、素敵!。もっと早く相談すれば良かったわ…。何とか二人で向き合って解決するきっかけばかり探していたのよね…。」  


私:「こっちこそ、気付いてあげられなくてゴメンね…。そんなにずっと悩んでたなんて思わなかったから…。」 


Kさん:「最近って言ったでしょ!悩み始めて微妙な雰囲気になっているのは、まだ一週間にもなっていないから大丈夫よ!(笑)。でも深刻な気持ちは本当よ!。」 


私:「いやっ、どーも!(笑)。」 



 “言わぬは言うに勝る…筈がない?!” 



 言葉に出して言うより何も言わない方が心の中の思いを強く表現する。 深い思いは言葉では言い表せないものだ。なーんて言うのは交際真っただ中のお二人には単なるストレスでしかないのかも知れません。気持ちの行き違いや齟齬(そご)が、ほころびに広がらないうちに、仲人の“情報共有と言う名のお節介”で自信を持って次のステップへ進んでもらいたいと思います!。Kさん“真剣交際”はすぐそこですよ!。今日は、この辺で失礼します。  

結婚相談所 BLISS PARTNER(公式HP)

東証プライム上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数8万7千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方” は誰と婚活を始めますか? ‟お見合い婚は至高の恋愛婚!” を合い言葉にしている当相談所代表の塙(はなわ)が必ず最適なパートナーとなって懸命にサポートいたします。さあ貴方も憧れの成婚退会を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000