婚活に疲れた時の対処法(男性編)


ずっと婚活を続けていると、どうしても「婚活に疲れた」という感情が湧いてきてしまうものです。婚活は決して楽ではありません。人によっては相当な時間を要するかもしれませんが、まずは気長に地道な努力をしていくことが大事になります。交際を拒絶されたりデートの誘いを断られたりすることは日常茶飯事ですから、真剣な人ほど「婚活に疲れた」と感じやすいものだと思います。婚活と真面目に向き合っているほとんどの人が経験することですから、何かしらの対策を講じたいものです。今日は、「婚活に疲れた時の対処法(男性編)」をお送りいたします。 


<肩の力を抜く>  

まずは何事もリラックスして臨むべきです。「婚活」というとどうしても肩肘張って頑張ってしまいがちですし、ましてや周囲がどんどん結婚していく状況であれば、なおさら焦りを感じてしまいがちです。しかし、焦っても仕方ありません。一生のパートナーを見つけるのに妥協してしまっては、相手にも迷惑がかかってしまいます。また、常にリラックスした状態で女性と接することができれば、余裕のある落ち着いた印象を与えることが出来ます。婚活に疲れたなと思ったら、積極的に気分転換しましょう。お見合い写真を何度も撮りなおしたり、婚活プロフィールシートの自己PR作成で、頭がいっぱいになっているところに、新鮮な刺激を加えると、いまの悩みの解決の糸口が見えることもあります。思い詰めずに、伸ばし伸ばしにしすぎず、バランスを取りながら、進められるのが理想的だと思います。一人で抱え込むと、視野が狭くなったり、思いつめてしまうこともありますから、暇さえあれば担当仲人と話をする様にしましょう。人に話すことで、自分の疲れが見えてくることもあります。自分のいまの状態を分析しつつ、肩の力を抜いて、理想の相手に出会える日が来ることを信じて見ましょう!。 


<今はまだ、“モテるための学習期間”と割り切る> 

婚活の初期段階で、女性からの“お断り”が続いてしまうと、プライドが傷つき心を閉じてしまう男性もいます。でも婚活においては、例えお断りがあっても「縁がなかっただけ!」と執着せず、あっさり次に行くくらいで丁度よいのです。特に恋愛経験が少ない男性は、「今はまだ女性を知るための学習期間。失敗から学んで成功しよう」と割り切ってみるのも得策。何故なら経験を積まないことには、女性から100%好まれるのは難しいからです。そんな方も、何人かマッチングするうち、だんだん女性に好かれるコツが掴めて来る。モテるようになるのはそれからなのです。婚活ほど、多くの女性にチャレンジ出来る機会はありません。でも、簡単に辞めてしまっては将来の可能性まで潰してしまうだけです。女性にモテるようになるのもキャリアが必要。実は仕事と同じように、経験と学習が物を言うのです。 


<あまり意気込まず真面目に考え過ぎない>  

婚活の目的はもちろん結婚相手を見つけることですが、あまり意気込まず、気の合う女性を誘うくらいの気持ちで、真面目に考え過ぎないで臨むのが良い時もあります。あまりにガツガツ攻めていくと、相手から重い男だと思われる恐れもあるので、まずは気軽に話しやすい印象を相手にもってもらうようにしましょう。何事もきちんと向き合う人は素敵ですが、お見合いの度に就職面接のような自己PRを考えたり、一人ひとりと全力で向き合うのは、疲れが溜まる一因です。結婚相談所で婚活する方は、皆さん真剣に結婚を考えています。お見合いしたお相手と交際を始めたばかりだと、ざっくばらんに結婚観などをお話するのは、普段の生活ではなかなか経験することのない会話のため、慣れないうちは疲れて当然です。結婚相手選びは、一生のことですから、“取り敢えず仮交際してみる”などと軽い感じで選ぶのはもってほか。そう考える方もいるかも知れません。しかし、その気持ちこそ自分を疲れさせる原因になります。「出会いのきっかけは、どんなことでもいい。お付き合いしていく過程で相手を見定める!」くらいの気持ちで、婚活に望むともっと自然体でお相手との交際を楽しめるかも知れませんよ。 


<“お断りされそうな女性”を選ばない>  

若くて美人といった、明らかに競争率が高そうな女性ばかりに目を向けても、それだけ“お断り”される可能性が高くなってしまいます。“お断り”されないようにするためには、「どんな女性なら自分を受け入れてくれるのか」というコトを冷静に考えてみることも大切。これは、多少受験とも似ています。倍率の高い学校ばかりを受験しても、合格しない確率が高いなら、多くの人はリスクを避けて“合格出来そうな学校”に志望を変更します。“無難”を見定めるのは、物事を確実に成功させるためなのです。婚活においては、“お断りによるダメージを避けるため”とも言えるでしょう。もし、「それでも理想を貫いて、競争に勝ちたい!」と願うのであれば、それこそ強さが必要です。何度断られても諦めない覚悟や、誰よりも男を磨くコトが必要になるでしょう。 


<相談相手を見つける>  

婚活に疲れた際、一人で抱え込むのはやめましょう。必ずあなたの相談相手になってくれる人が1人はいるはずです。婚活がうまくいかずに1人でくよくよしてしまうのは危険です。自分を責めたり、否定的な感情に覆われて、立ち直れない状況になってしまう可能性もあります。あなたには何事も気兼ねなく相談できる人がいますか?友人、同僚、先輩、身内、誰でもOKです。そして、一番頼りにして欲しいのは担当仲人さんです。あなたの婚活に寄り添う存在です。もし、あなたの仲人さんとの良い関係が築けそうもない時は、思い切って結婚相談所を変えて見ましょう。弊社の様に「のりかえコース」を用意している相談所は沢山あります。電話1本、メール1通で行き詰った婚活に光が差し込んでくるかも知れません。とにかく、1人で悩むと、物事を客観的に見ることができなくなり、自分で自分を追い詰めてしまいますので、先ずは乗り越える行動を起こしましょう!。 


<好きなことをする。頭を切り替える> 

婚活が疲れる時には、仕事モードに頭を切り替えます。つまり頭の中だけでも環境を切り替えるのです。そうすると「意外にこのままでもいいか」という楽な気持ちになって心が回復します。また婚活モードに入っていけるのです。オンとオフの切り替えが大切です。婚活に疲れた時は、頭の中が、婚活の事でいっぱいになっているので、ひとまず忘れる様に努力しましょう。自分の好きな事をしても良いですし、雑誌などで有名な美味しいレストランに行ってみたり、仲の良い友達とショッピングに行ったり、旅行に出かけたりして、思いっきり楽しみましょう。何か感情を発散できることを見つけて、それを実践してみると疲労解消につながります。 


<理想の相手を想像する>  

婚活に疲れたときの対処法としては、もっと自分にあった女性がいることを想像することです。 運悪く婚活に失敗しても、次回はもっと良い女性と出会えるとイメージすることで失敗しても落ち込み具合が少なくなります。どんなに条件の良い女性に巡り合えても、実際にはマイナスになるポイントがあります。 そういった部分について、仮に結婚しても上手くいかなかった可能性が高いと考えると新しい気分になることができます。 慣れるまでは難しいですが、慣れてしまえば前向きな考えができるようになります。更に、結婚後の自分の生活を想像するようにすると良いでしょう。 自分が結婚して優しい妻と愛くるしい自分の子供に囲まれている夢の新婚生活を想像すると、自然とやる気が出てきて婚活を頑張ろうという気になります。 結婚後の生活をポジティブな方向で考えることで、婚活がうまくいかなくてやめたいと落ち込んでも、やる気が出てきて積極的に婚活をすることができるのです。 


<自分自身の魅力を磨く>  

自分自身の魅力を磨いて、自信を持つだけでも印象が変わります。すぐ出来ることはファッションを変える、髪型を変える、体型を変える、などです。ちょっとオシャレな美容室にいってカットしてもらのも良いでしょう!。これだけでもお見合い成功率は劇的に変わります。特に婚活では第一印象が大事です。「俺は内面で勝負!」と言っても相手からすれば、第一印象は大きく影響するのです。 


<結婚に固定観念をもたない> 

「○○歳までに結婚しないと…」「周りの人も結婚しているのだから、自分も結婚しなければ…」このように考えて、結婚を急ぎすぎてはいませんか?。年齢を重ねてから結婚する人もいれば、絶対に結婚をしなければならないという決まりもありません。結婚して幸せを掴むための婚活のはずが、結婚を追い求めるあまり自分を傷つけてしまう。これでは、本末転倒です。結婚に束縛されているのであれば、あえて婚活も仕事のように進めていくのがいいかも知れません。予定が空いていると不安になるのはわかりますが、もっと気長に考えるゆとりも時には大切です。無理のない範囲で婚活のスケジュールを組み、毎月決めた日数だけ集中して取り組む。婚活と日常生活のメリハリが付くと、結婚のプレッシャーやモヤモヤが晴れることもあると思います。 


<自分の頑張りを認めてあげる>  

コンプレックスを感じやすい人も、必要以上に“お断り”がダメージになりやすいかもしれません。そのような方は、お断りの度に「俺なんかどうせ年収が低いから」「どうせ学歴が高くないから」などと、卑屈になる傾向があるのです。しかしそれはかなりの誤解。何故なら、男女は最終的には相性だから。年収が高いから、学歴が高いから結婚出来る、というものでもありません。周囲を見渡せば、男性が高卒で、女性が大卒といったカップルなどいくらでもいます。本当に相性が良ければ、年収や学歴に関係なく幸せになれるのです。確かに婚活では、スキルの条件にこだわる女性もいると思いますが、それをいちいち気に病んでいては、チャンスを逃してしまうだけです。どのような履歴であっても、「俺は俺!」と頑張って来た自分を認め、自信を持ちましょう。その方が、女性からも「カッコいい!」と思われると思います。 


<断られても自分を責めない> 

一生の相手が見つかっても「そんなものなの?」くらいのレベルだと思います。結婚が決まるときは本当に相手と人生の歯車が、いつの間にか合う感じになります。「世の中の半分は異性だから大丈夫」。もちろん、結婚対象となり得る異性はもっと少ないわけですが、さすがに0%ということはないでしょう。と、楽観的に考えて自分を責めなことが肝要です。断られてムカついた時は、感情を爆発させるのもストレスの処理として必要な場面があります。カラオケで大声を出すのも良し、スポーツで思いっきり汗を流すのも良し、合法的に感情を処理できれば、“婚活鬱(うつ)”になりにくく、疲れも解消していくと言うものです。 


<「もっと合う女性がいる!」と前向きに考える>  

「やっぱり俺と結婚してくれる女性なんかいない…」もし貴方が、お断りの度にそう思っているなら、考え方を見直してみませんか?何故なら“良縁”には、“意識の引き寄せ”が大きく影響しているからです。実際に「自分は絶対結婚出来る!」と信じている人ほど、色々あっても「この女性!」と思える人と出逢えています。運命は、実は自分の意思で動かす部分が大きい。しかも、苦労があった人ほど、達成した時の喜びがひとしおなのです。最終的に“運命の女性”と結婚した男性は、良くこんなお話をされています。 

「最初の段階で“お断り”が続いていなければ、僕は、女性を喜ばせる会話や行動を本気で学ぼうとは思いませんでした。あれから女心を研究し、最終的にうまく行ったのが今の妻です。妻はどの女性より自分に合う人だったので、むしろ別の女性には断わられてよかったのです。しかも、彼女たちが学びのきっかけをくれたので、今は“有難い存在”だったと感謝しています」

 如何でしょう、もしお断りがあったとしても、「それなら、もっとぴったりの女性がいるってことだ…」と前向きに考えた方がいいと思えるのではありませんか?!。 


<コミュニケーション力を磨く>  

行動量を上げて、見た目をよくしてカップルになってもその後が続かない。そんな人はコミュニケーション力に問題がある可能性があります。「デートしても自分の話ばかり」「横柄な態度」「まったくの口下手」、このどれかに思い当たる場合は、コミュニケーション力を磨くのが良いでしょう。お笑い芸人の話し方などは、非常にテンポよく会話を続けているので勉強になります。また、弊社の場合は「男性向け!一般婚活女性との模擬お見合いサービス!」を実施しております。株式会社アッツ様のご協力により、婚活男性会員様向け「婚活女性との模擬&本音アドバイスサービス」を行うものです。例えば「お見合いやデートで女性との会話が苦手、会話がうまくいかないと思っている人」、更には「自分なりに努力もしてるし、会話もできていると勘違いしている人」、そう言われてみると...ご自身で思い当たる方いらっしゃいますよね!。そんな貴方は、女性が断る理由や改善ポイントが分かれば、次に何をすれば良いのか気付くきっかけになると思います。ぜひ参考にしてみてくださいね!弊社(婚活茨城!仲人ひきうけ隊)のご相談窓口は、こちらのURLからお気軽にどうぞ。https://hikiuketai.shopinfo.jp/pages/3044055/page_201907041733 


<どうしても疲れたら休む!> 

いろいろ手を尽くすものの、それでもうまくいかず嫌になるときもあるでしょう。「婚活鬱(うつ)」なんて言葉があるくらい、婚活疲れが深刻になるときもあります。流石にそんな時は婚活自体を休むことをお勧めします。ですが、単に婚活を休むのではなく、期間を明確にすると良いでしょう。「3ヶ月休む!」のように期間を設定すると気持ちが楽になります。リフレッシュ休暇だと思って下さい。この場合「結婚相談所を退会して完全に婚活を停止してしまう」のではなく「休止」にした方が良いと言うことです。つまり婚活を休んでいても「自ら動く」のを休んで、婚活の場には身を置いておく様にするのです。結婚相談所に登録している人も、紹介はもらうようにしておきましょう。肩の力が抜けている分、意外とそんな時に、運命の出会いがあったりするものです。 


今日は、「婚活に疲れた時の対処法(男性編)」をお送りいたしました。それでは、この辺で失礼します。 


(出典:婚活マニュアルZ、マユと学ぶ恋愛部、Parties、がけっぷち婚活道場、恋のビタミン、しあわせな毎日をひきよせる方法)

結婚相談所 BLISS PARTNER(公式HP)

東証プライム上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数8万9千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方” は誰と婚活を始めますか? ‟お見合い婚は至高の恋愛婚!” を合い言葉にしている当相談所代表の塙(はなわ)が必ず最適なパートナーとなって懸命にサポートいたします。さあ貴方も憧れの成婚退会を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000