婚活に疲れてしまう原因(男性編)


意気込んで婚活をスタートさせたものの、それが長引いてくると婚活に疲れを感じてしまう男性が多くいます。結婚相談所にも行っているのになかなかいい人に出会えない…、出会えても続かない…。一体いつ出会えるのか、いつになれば婚活は終わるのか…。このように婚活を頑張り過ぎていませんか?。婚活疲れは、婚活うつや婚活疲労症候群と呼ばれ、専門外来も存在するほどです。今回はその理由について考えて見たいと思います。何故、婚活が長引くと疲れてしまうのでしょうか?。今日は、「婚活に疲れてしまう原因(男性編)」をお送りいたします。 


<理想の相手に出会えない> 

結婚相手をどれだけ探しても、理想の相手に出会えない…。会えない時間が長ければ長いほど婚活に疲れたと感じてしまいます。始めのうちは「まだやり始めたばかりだし!」と思って自分を奮いたたせることはできますが、ずっと理想の相手に出会えないとなれば気力も続きません。「もしかして、理想の相手なんて婚活市場に存在しないのかも…」と、婚活に対して絶望的な気持ちになっていきます。理想の相手が結婚相談所で出会えないのなら、どこへ行っても出会えないと思って婚活に疲れてしまうのです。 


<好みではない相手からのアプローチ> 

あなたが婚活に理想の結婚相手を求めているのと同じように、女性側も理想の男性を探しに婚活の場に足を運んでいます。あなたはその気がなくても、女性側からあなたを理想の相手だと判断し、アプローチをされて断るにも疲れてしまうという男性も実際の所少なくないのです。婚活の場では、もし理想通りの相手ではないとしても、もし他にアプローチ出来そうな女性がいない場合の保険として、自分に好意を持ってくれている女性を切り捨ててしまうのを惜しいと考えてしまうことがあるのではないでしょうか?。しかし、そのような対応は相手の女性にも失礼ですし、あなた自身も手持ちのカードが多すぎると何が何だか分からなくなってしまう筈です。ああこの女性を結婚相手に選ぶことはないな、と自分自身で判断することが出来たなら、遠回しではなくハッキリとその意思を相手に伝えた方が、ストレスは蓄積していかないでスッキリとした気持ちで次の出会いに臨むことが出来るでしょう。 


<断られてばかりで実らない> 

理想の相手に出会えたとしても、その女性があなたを気に入らなければ結婚はできません。むしろ交際に繋げることさえ難しいです。あなたがどれだけお見合いを申し込んでも、相手からの返事は「NO!」ばかりなら落ち込んでしまうでしょう。アタックしていく気力がどんどんなくなってしまい「どうせ、私なんて頑張ってもOKをもらえない」と自虐的な気持ちになっていくのです。これでは婚活に疲れてしまうのも当然ですね。理想の相手が見つかっても、結婚まで至らなければ婚活の成果が出ているとは言えません。 


<初対面の異性とのコミュニケーションが疲れる>  

婚活は初対面の異性と会って気を使いながら突っ込んだコミュニケーションを取らなければなりません。今まで送ってきた人生とはまったく異なる世界観を持った異性とのお見合いは1時間もの時間を話すことになるのです。知らない人と話すのはとても気疲れしますよね。お見合いの度に、同じような質問を繰り返し行い、また自分も質問されるというのを毎回続けることになります。中には、初対面にも関わらず失礼なことを言う人や、心無い言葉を言う人もいます。婚活疲れの原因のひとつは初対面の異性との「コミュニケーション疲れ」です。また、当然のことですが婚活は物理的に時間を消費します。お見合いに参加するだけで1回1時間以上、会場往復を合わせると3時間近くかかります。お見合い成立して会いに行くだけで数時間かかります。普段仕事をして休日に婚活となると、休む暇がありません。そんな状態が続くと婚活疲れとなっていきます。お見合と言うコミュニケーションにはかなりの覚悟がいるのです。 


<ストレスが溜まる> 

婚活においては、楽しい事ばかりではなく我慢しないといけないこともたくさんあります。 その過程でストレスを感じるようになり、婚活に疲れてしまうというケースが多く見られます。 


①経済的な問題  

婚活においては当然お金がかかりますし、特に男性においては、異性とのデートの際の費用を全額負担するということも珍しくありません。また、お見合い婚活中でも、気分転換に婚活パーティーに出席すると、かかる費用は男性のほうが多めなのが普通です。高い費用を払ったとしても100%理想の女性と仲良くなれる保証はありませんし、使ったお金がすべて無駄になってしまう可能性も充分にあります。投資に対するリターンが得られないと、一気に気持ちが滅入ってしまい、それがストレスになってしまいます。 


②アプローチが実らない  

お見合い婚活で、気になる女性に巡り会えたとしても、その女性から見向きもされないようだとかなり傷つきます。これは女性にも言えることですが、男性の場合相手にされないとプライドが傷つき、それが嫌な経験になってしまい、どっと疲労を感じてしまいます。相手を見つけるということは、傷つく勇気も必要ですが、やはり思い通りの反応を得られないというのはつらいものです。 


<出会いの多さ>  

結婚に繋がる出会いを求めて婚活の場に踏み出したあなたは、少しの緊張と大きな期待に胸を膨らませていたのではないでしょうか。就職や進学など新生活を迎える時にも当て嵌まるのですが、新しい出会いというものは喜びだけが付いてくるものではありません。婚活の場というものは無数の女性との出会いを何度何度も重ねます。人見知り傾向にある人は尚のこと、比較的社交的な人でも、初対面の人との出会いを何度も重ねることは多かれ少なかれ神経を使うことです。相手に不快な思いをさせてしまってはいないか、婚活の場ですから相手に気に入ってもらえるかどうかも、当然気を配る所です。結婚するご縁に今まで恵まれなくて、婚活という大きな場で出会いを求める場合、日常生活の中で女性に自然体の自分を知ってもらって始まる恋愛よりも、レベルの高い出会いを無意識の内に演出してしまうので、神経を消耗するそのダメージの深さはかなりのものです。加えて恋愛・結婚対象の女性との出会いの数が多すぎると、実際の所誰が誰か分からなくなってしまうこともあるのです。1つ1つの出会いを大切にするためにも、同時進行で行う婚活は無理なく把握出来る範囲にしておきましょう。 


<お互いに比べられる状況> 

あなたは、一日の内にお見合いを複数スケジュールして、何人もの女性に時間差で出会う休日を過ごしていませんか?、そんな忙しい中でお相手のどんな所をチェックしていますか?。元々、詳しい女性の情報は写真付きのプロフィール情報しか知らされていませんよね。お見合いの席上でも質問攻めにする訳にも行きませんので、得られる情報は、そう多くはない筈です。たった一度お会いしただけでは、相性どうこう言えるレベルにもならない場合もあります。その状況で自分の結婚相手になるかも知れない女性との交際を判断するとなると、やはり表面的な情報や、当日のお会いした雰囲気で何となく決めるしかないのは仕方のないことです。あなたの提示している条件と全く合致しなかったとしても、素敵な結婚相手として相性が良い相手が、もしかしたら切り捨てる女性の中にいるかも知れなくても、分かっている情報の中で比べるしか術がありません。要するに本当はどんな人かも分からないまま、出会うことの出来た相手をどんどん切り捨ててしまうしかないのです。それは実は女性から見たあなたにも同じことが言えます。素敵な女性に好感を持つ男性が多いのは当然のことです。婚活の場でも一定の女性にアピールが集中すれば女性側も条件で結婚相手の候補をどんどん絞っていくしか術はないのです。人間誰しも、自分のことを一番だと思ってくれる人とお付き合いをして、生涯を共にして行きたいと願うものだと思います。その願いも虚しく、自分が切り捨てられていく現実を自覚している男性は、尚更心にストレスが鬱積してしまっていくのです。 


<婚活はもともと疲れるもの> 

そもそも婚活は楽に進められるものではありません。結婚相手を見つけるということは、一生のパートナーを見つけるということです。そこには体力的・精神的・経済的な痛みが伴うことは当然といえば当然です。 


①婚活は長期戦  

恋愛結婚で極々まれに、付き合って1週間で結婚したなどの話を聞いたりもしますが、基本的には結婚相手を見つけるということは時間がかかりますし、むしろ慎重になるべきです。幾ら短期間の成婚を目標にするお見合い婚活でも入会から1年間を想定しています。もちろん、すぐに理想の相手が見つかればベストですが、それなりに時間をかけないと相手の本当の部分は見えてきません。最初の印象が良く、この人と結ばれたいと考えていても、実は性格に問題があったなどのトラブルが生じ、関係が解消されれば今まで構築してきた関係も0に戻ります。 


②結ばれるまでのプロセスは長いもの 

幼馴染や知り合いと結婚するのではなく、結婚相談所に入会して婚活を始める場合には、まずは自分の容姿やプロフィールを判断されることになります。その一方で自分も相手を判断しなければいけません。いつまでもその繰り返しが続くと精神的にも疲れてしまい、結局自分に結婚は無理なのかな、という思いになってしまいます。また、たまに婚活パーティーに参加する際には、1日のスケジュールがそこに取られます。仕事が溜まっていたり友人との約束などを断ってまで参加したにもかかわらず成果が芳しくないと、それがストレスになってしまいますし、また立ち直ろうという気持ちも中々生まれてきません。男性は特にすぐに結果を出そうと焦ってしまいがちですが、婚活に要する時間は長くなるものなのです。 


数多くの人が結婚に繋がる出会いを求めて集う婚活は、新しい刺激が沢山ある分、疲れを自覚してしまうこともあります。今日は、「婚活に疲れてしまう原因(男性編)」をお送りいたしました。それでは、この辺で失礼します。 


(出典:Parties、iVERY、pairs、婚活マニュアルZ)  

結婚相談所 BLISS PARTNER(公式HP)

東証プライム上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数8万9千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方” は誰と婚活を始めますか? ‟お見合い婚は至高の恋愛婚!” を合い言葉にしている当相談所代表の塙(はなわ)が必ず最適なパートナーとなって懸命にサポートいたします。さあ貴方も憧れの成婚退会を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000