婚活がうまく行かない女性(対策編)


婚活がうまく行かない時は、相手と真剣に向き合うことを意識するのも忘れてはいけません。会話をするときには相手の目を見て真剣に話を聞き、相槌を打ったり共感を示したりする。デートの後にはお礼のメールをする、忙しいときでも連絡は欠かさない、交際できたら愛情をきちんと伝えるなど、相手と真剣に向き合う姿勢を見せることで、相手もあなたと真剣に向き合ってくれるようになります。今日は、「婚活がうまく行かない女性(対策編)」をお送りいたします。 


<ストライクゾーンを広げる> 

高望みをやめられない高慢なタイプの女性への対策としては、「ストライクゾーンを広げる」と言う事があります。このタイプの多くは、婚活をスタートさせた当初から上から目線だった訳ではなく、どんな局面でもこの人となら乗り越えられそうだという生涯のパートナーを見つけたかっただけ…かも知れません。「妥協しない婚活」を目標にしてきたはずが、長引く婚活で焦りと不安をごまかすのに必死になってしまい、いつの間にか男性を貶めるような考え方をするようになってしまったのです。自信を失ったら何もかも終わり…という崖っぷちの心境は、とても苦しかったでしょう。そんなあなたのための改善策としては、「ストライクゾーンをちょっとだけ広げる」ことをおすすめします。例えば結婚の条件を見直して見ましょう。 


・30~35歳の男性がいい→40歳くらいまでならOK 

・年収は800万円以上ないと生活できない→夫婦共働きで年収800万を目指す 

・スリムで高身長がいい→お腹が目立たなければOK、身長は自分より高ければOK 

・実家がお金持ちだと安心→本人が貯金をしっかりしているならOK 


 仮に結婚の条件を全てクリアした男性と結婚できたとしても、絶対に幸せな結婚生活を送れるかと言えば、そんなことはありません。年収が800万円なくても、贅沢をしなければお金に困らず生活する方法はいくらでもあるのですから、ストライクゾーンを広げることは自分自身の視野を広げることにも繋がるのです。それから、もうひとつ心掛けなければならないと思う事があります。条件のストライクゾーンを広げると同時に、条件そのものを整理し、「妥協できないポイントを見つける」と言うことです。条件をいくつも並べるのではなく、妥協できないポイントを見つけて条件を絞るようにしましょう。身長が普通以上で、年収も普通以上で、性格も普通以上で、容姿も普通以上で…というような条件で見た瞬間に、結婚相手に該当する人そのものがいなくなって、そして婚活に失敗してしまうのです。妥協できないポイントだけをおさえて、条件を絞ってください。そうすることで、出会いの幅が広がり、自分に見合った男性を見つけることができるかと思います。 


<男性を条件ではなく相性で見てみる> 

婚活がうまくいかない女性への対策としては、「男性を条件ではなく相性で見てみる」と言う事があります。男性の条件が自分の希望に合っていなかったとしても、そこで「ナシ」と決めつけないことです。会話を通して相手の内面を見極めるようにしましょう。「この人の思慮深さは私にはないな。猪突猛進型の私とバランスがいいかも」「収入は低いけど料理が得意で育児にも前向きだし、仕事命の私の代わりに家事・育児を多めに負担してもらえそう」など、自分との相性で判断することは、結婚生活には大切なことです。「自分に足りないものを補ってくれる人」という視点で男性を選ぶようにするとバランスのとれた夫婦になることができ、堅実で幸せな結婚生活が送れるでしょう。 


<生活力を身に付ける>  

実家暮らしのお嬢様タイプの女性への対策としては、「生活力を身に付ける」と言う事があります。ご自分にあてはまる女性は、できることなら家を出て一人暮らしをすることをおすすめします。それが無理なら、家のことを手伝う、家賃や光熱費、食費に相当するお金を毎月渡すといった自立の準備を始めてください。特に炊事・洗濯など毎日やる家仕事は、結婚したら出来るようになるというものではありません。家族のために無償の気持ちで延々と続けていくのですから、地道な練習を積まなくてはいけません。生活力が身についてくると、自然と自立心も芽生えてきますから、親離れするタイミングを探っていきましょう。精神的にも経済的にも自立することは大切な事です。幸せは、誰かに与えてもらうものではなく、結婚をするなら生涯を共にするパートナーと一緒に築き上げていくものです。自立していない依頼心の強い女性は、出会って即、相手の年収につながるような質問を平然とすることがあります。例えば企業の代表とかであれば、それなりの年収を得ているかも知れませんが、代表にのしかかる精神・金銭・肉体的なプレッシャーは周囲の想像を絶します。その苦労を想像することなく、高年収というおいしいところのみ自分で味わおうという思考も、「幸せにしてもらいたい」という自分勝手な依頼心の強い考え方が発端です。自立できないでいるから、自分を顧みず相手に高スペックを望んでしまうのです。まずは「自分が相手に何を与えることができるか」と考えるようにすれば、この思考からは脱却できるのではないでしょうか。 


<自分のアピールポイントを見つける> 

婚活がうまくいかない女性への対策としては、「自分のアピールポイントを見つける」と言う事があります。「私は美人でもないしかわいくもないし…」と外見ばかりにこだわっていたら損です。「顔やスタイルはよくないけど、人から明るくて面白いねって言われるし、コミュニケーション能力になら自信がある!」「私は内気で大人しいけど真面目で誠実だし、料理は得意!」など、自分の魅力となる部分を探しましょう。自分の魅力が分かれば自信にも繋がりますし、男性と会話をするときにアピールポイントになります。「黙っていても私の魅力に気付いてくれる人がきっといるはず」などと言う考えは無駄です。自分からアピールしていかなくては誰も気付いてくれません。婚活には覚悟が必要なのです。 


<年上を狙うと上手くいく> 

過去の栄光にすがるタイプの女性への対策としては、「年上を狙うと上手くいく」と言う事があります。30代後半になってから、年下のハイスペック男子を射止めようとしたらとても大変ですが、年上のハイスペック男性を狙うなら大いにアリです!。年上なら60歳ということもあり得ますし、離婚暦があったり、前の奥さんとの間に子どもがいたりと、多少事情は複雑化しているかも知れません。でも、あなたとの結婚に影響しないのなら大きな問題ではありません。20歳から見れば40歳はおばさんですが、60歳からみた40歳は若い子として認識してくれますから、この差はとても大きいと思います。狙いを年上に変えるだけで、再びモテ期が訪れるかも知れないのです。 


<自分の現状と向き合う>  

婚活がうまくいかない女性への対策としては、「自分の現状と向き合う」と言う事があります。女としての自分の「価値」を知ることによって、相手に求める条件や婚活の仕方が変わってくると思います。「自分の年齢と性格」「自分に好意を持ってくれているのはどんな男性なのか」自分の今の現状を把握したうえで、もう一度婚活のやり方、相手の求める条件などを見直してください。これまでとは違うものが見えてくるかも知れません。そうすることで、自分に見合った男性と出会いやすくなり、無駄な時間を過ごさずに済むことでしょう。悲観的にならないよう、良いことも悪いことも把握して、整理ができないと思ったら、紙などに書いて文字にすることもお勧めいたします。 


<前向きに考える癖をつける> 

婚活がうまくいかない女性への対策としては、「前向きに考える癖をつける」と言う事があります。行動する前に「失敗したら、フラれたらどうしよう」と考えるのではなく、「ダメでも経験になるからOK」と考えるようにする。いいなと思う男性にアプローチしてもお断りされてしまったら、「この人とは縁がなかっただけ。もっとピッタリの人と出会えるから大丈夫」と考えるようにする。このようなポジティブシンキングを意識して行っていくうちに、だんだん失敗も怖くなくなっていきます。気持ちの切り替えができれば必要以上に落ち込んだり傷ついたりすることもなくなるので、婚活が楽になるというものです。 


<独身女性だけの女子会禁止> 

結婚できないのは自分以外の誰かのせいだと思っている女性への対策としては、「独身女性だけの女子会禁止」と言う事があります。この場合の対策として、女子会はもちろん、女友達と一緒に婚活をするのはおすすめできません。というのも、女の友情と婚活の相性はとにかく悪いのです。婚活中の女子会がNGな理由は…。 


・不幸自慢から抜け出せない 

・足の引っ張り合いをする 

・ぬけがけは許さないという暗黙のルールがある 

・男性を悪く言うことで盛り上がる 

・いい出会いがあったと報告しても良い顔はされない 


 ただ、そうは言っても、突然女子会を絶つのはお付き合い上できないという意見が大半だと思いますから、そんなあなたのために、女子会と婚活の相性をUPさせるためのアイテムを紹介します!。それはズバリ「既婚女性」です。既婚女性が一人いるだけで、女子会の内容はガラリと変わります。お金を稼ぐ方法を知りたいならお金持ちに聞くのが一番、オシャレになりたいならセンスの良い人に聞くのが一番。それと同じで、結婚したいなら結婚している人の話を聞くが一番です。そうすると、話題はこう変わります。 


・どうしたら結婚したい女って思われる? 

・結婚の決め手は何だったの? 

・お財布は一緒にしてるの? 

・子作りはどう考えてる? 

・結婚してよかったと思うことって何? 

・どんなことが大変に感じる? 


 愚痴大会よりも、こうした情報収集のほうがずっと役に立ちます。何より、自分を棚にあげてる場合ではなくなりますから、ちゃんと前を向いて婚活に励むようになります。 


<婚活日記をつけてみる>  

婚活がうまくいかない女性への対策としては、「婚活日記をつけてみる」と言う事があります。どんな婚活の場へ行ってどんな人と出会い、どんな話をしたのか、そして相手の気に入った点、気に入らなかった点、自分の反省点を書きましょう。これを習慣にすると、自分の婚活を客観的に見ることができるようになります。なぜうまくいかないのか、課題は何なのかも見えてくるので、次の婚活へ活かすことが出来る様になると思います。 


<平成の情報を上書きする> 

時代遅れタイプの女性への対策としては、「平成の情報を上書きする」と言う事があります。例えば、厚生労働省はあらゆるデータを公開していますよね。結婚率、平均年収や貯金、結婚した年齢などなど、あらゆる生の情報を仕入れてください。あとは、婚活セミナーに参加したり、結婚している友達に話を聞くのもとても良い刺激になります。必要な平成の情報が集まったとき、あなたが求めていた理想の結婚は、現代の男性に対してあまりにも無理難題を押し付けていたんだなということに気付くでしょう。婚活セミナーへ中々行けないと言う場合は、今あなたに寄り添ってくれている担当仲人に聞いて見る事をお勧めします。詳しく教えてくれる筈だと思います。 


<感情を言葉に出す&恥ずかしい自分を話す> 

完璧主義タイプの女性への対策としては、「感情を言葉に出す&恥ずかしい自分を話す」と言う事があります。 


①感情を言葉で伝える 

完璧主義タイプの女性で、周りから「何を考えているか分からない」とよく言われる人は、感情を言葉で伝えるよう努めてみてください。本当は表情で伝えられるとより分かりやすいのですが、いきなり感情表現を豊かに!なんて言われても困ってしまいます。だから言葉で伝えるのです。 


・傷ついたら「今の言い方はちょっと悲しいですよ…」  

・傷ついたら「今の言い方はちょっと悲しいですよ…」 

・驚いたら「いきなりだったので、すごくびっくりしました…」 


 慣れてきたら表情も出てくると思いますが、それまでは言葉の使い方をいつもよりも大切にしてください。 


②恥ずかしい自分を話す  

意図的に隙を見せられる器用な女性もいますが、完璧主義タイプは直球の真面目な性格をしているので、意図的に…なんてかなりハードルが高いと思います。しかし、本当に一切の隙がない人なのか?と聞かれたら、それは違うでしょう。溝にヒールが挟まって転んでしまったり、ご飯を作っていたら砂糖と塩を間違えたり、財布を忘れて買い物に出かけたりと、おっちょこちょいな部分もあるはずです。そんなちょっと恥ずかしい自分を暴露してみると「なんだ、この人も完璧ではないんだな」と思ってもらえるので、一気に距離が縮まります。 


<男性の婚活を知る> 

婚活がうまくいかない女性への対策としては、「男性の婚活を知る」と言う事があります。簡単に言えば、男性への理解不足を解消すると言うことが必要なのです。女性の常識との違いとも言えます。あなたはどの程度「男性」を知っていますか?挙げ出すとキリがありませんが、とにかく男性は女性とは違います。そもそも男性の最優先事項は「仕事」という事が多いです。デートの約束があっても仕事を優先します。また、一般的な婚活男性は、「お金がかからない、お金を出させない女性」を好みがちです。さらに「面倒な気づかいやリードをしなくていい女性」を好みます。あなたにも一定の希望条件があるでしょうが、それは男性だって同じであり、しかも結婚に消極的な分、婚活では男性のほうが優位です。ぜひこの辺りは理解した上で押さえておくと良いと思います。 


<もう少し結婚を気楽に考えて見る> 

婚活がうまくいかない女性への対策としては、「男性の婚活を知る」と言う事があります。結婚は人生を左右する一大イベントで、絶対に失敗できない…などと考えるから男性を選ぶ目も厳しくなり、自分で婚活のハードルを高めてしまっていると考えられます。頻繁に既婚女性のグチを聞く時代ですが、皆はそんなに適当に男性を選んだのでしょうか?しっかり選んだはずなのに、なお失敗してしまった女性が多いと考えた方が自然でしょう。それほどお相手選びは難しく、たまのデートと同居生活は違うとも言えます。今どき離婚は珍しくなく、3組に1組は離婚です。もし失敗したと感じたら離婚すればいいのですから、「結婚してみる」くらいの気持ちでお相手を探してみるのもアリではないでしょうか。ちなみに、婚活でも一度結婚した、できた人は何度でもできる傾向にあります。一度目の結婚で様々な経験をして、それが次にも活きる訳です。まさに「失敗は成功の元」でしょうか。こういう意味でも「結婚してみる」のも一考の価値が充分にあります。逆に一度も結婚しなかった人は、加齢に加えて結婚への願望や妄想がドンドン膨らむばかりで、さらに結婚から遠ざかります。失敗を恐れるより「失敗してもいい」と受け入れ、婚活に励みましょう。 


長いこと続けてきた婚活が上手く行かなくて困っている女性は沢山います。そんな皆さんにとって参考になる対策方法は見つかりましたでしょうか?!。早速、明日から行動や言動、態度を軌道修正していきましょう。婚活に終止符を打つ日が一気に近づいてきたということかも知れません。今日は、「婚活がうまく行かない女性(対策編)」をお送りいたしました。それでは、この辺で失礼します。 


(出典:マユと学ぶ恋愛部、婚活レポ、MIROR、マネタス、マイナビニュース)

結婚相談所 BLISS PARTNER(公式HP)

東証プライム上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数8万9千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方” は誰と婚活を始めますか? ‟お見合い婚は至高の恋愛婚!” を合い言葉にしている当相談所代表の塙(はなわ)が必ず最適なパートナーとなって懸命にサポートいたします。さあ貴方も憧れの成婚退会を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000