“顔”のはなし(その17)


あなたは自分の顔にどのくらい自信が持てますか?。どんな女性でも魅力はあり、その魅力や個性を磨くことで美しさを引き出すことができます。あなたがもし自分を“ブサイク女性”だと思っていたとしても、自分を磨けば魅力を高められます。過去に酷いことを言われたり、傷ついた経験があっても大丈夫です。女性は自分を磨くことで美しくなれるのです。今日は、「“顔”のはなし(その17)」として「ブサイク女性のパーツとは?!)」をお送りいたします。


<眉毛と目が離れている>  

“ブサイク女性”の特徴のひとつに、眉毛と目が離れている、という特徴があります。眉毛と目が平均よりも離れていると、少々間が抜けた印象になる場合があります。平安時代の美人像は、現代人と比べて眉毛と目が離れたメイクをしているものがあります。当時は眉毛と目が離れている方が美人であると思われていたのかも知れません。現代では小顔で顔の中心に、顔のパーツがまとまっている方が美人であるとされています。時代により美人の定義も変わるのでしょう。

眉毛と目が離れていると、老けて見られやすいというデメリットがあります。人間の顔は年を重ねると、段々と重力の力で下にたるんでいきます。また、老眼で目を大きく見開くさまに、眉毛と目が離れている状態が似ているため、老けて見られるのです。ただし、これらはメイクにより改善できますし、必ずしも老けて見られるわけではないので、悲観的になり過ぎず、自分に合うメイクをすれば良いのです。


<顎がない> 

シャープな顎は、知的な印象や健康的な印象を与えます。また、逆三角形の顔の輪郭になるので、小顔の基本要素のひとつでもあります。ここで言う“ブサイク女性”に顎がないと言うのは、太っているために顎が埋もれてしまい、見えない状態のことを指します。そうすると、どうしても大きな顔の印象になりますし、不健康な印象も与えてしまいます。顎のラインを綺麗に見せることができれば、それだけでも美人顔に近づくことができます。 


①輪郭がシャープに見えない

シャープな輪郭は、美しいシルエットを描くので美人に見えます。反対に膨らんだ印象のある顎は、輪郭がすっきりしていないので、美しくない印象を与えてしまいます。芸人さんの中には、そのような顔を売りにしている人もいますが、一般的にはシャープな顎の方が美しく見られます。シャープな顎を得るには、顎周りの脂肪を落とすことに加えて、顎の筋肉を鍛える必要があります。現在では様々な顎を鍛える美容グッズも販売されているので、それらを使用しても良いでしょう。 


②美しいEラインがない

美しい顎の持ち主は、美しいEラインをもっている人が多くいます。Eラインとはあまり聞き慣れない言葉ですが、どのような状態を表しているのでしょうか?。Eラインとは、横顔で鼻先と唇、顎の先を結んだ線のことです。このラインが一直線に結ばれるか、或いはやや内側にある顔が、美しいEラインの持ち主といえます。このEラインが一直線以内ではなく、唇が出ていたりするとブス顔として認識される場合があります。ただし、このラインも顎のトレーニングや唇のトレーニングで改善することも可能です。


<エラが張っている>

エラとは顎の咬筋(こうきん)と呼ばれる筋肉がある辺りを指します。このあたりの骨や筋肉が通常よりも発達していると、正面から見た場合に顔が角ばって見えます。この状態がエラが張っている状態と呼ばれるものです。エラが張っていると、顔が横に広がって見えるため、“ブサイク女性”の特徴の一つとされています。しかし、元々小顔でエラが張っている人は、顔のサイズ自体が小さいのであまり気にならない人もいます。どうしても気になる人は、骨を削る整形手術や、咬筋を萎縮させる手術、小顔にするエクササイズなどで改善する道もあります。ただし、自分では欠点だと思っていても、他人から見ると魅力的である場合もあります。客観的な意見も大切に、自分の魅力を見極めましょう。


①骨格の歪みや嚙み合わせバランスの場合

エラが張っていると、顔の輪郭が四角くなるので、どうしても顔が大きく見られがちです。また、強情そうな印象を人に与える場合もあります。そのため損をすることが多くなる可能性がありますが、まず、骨格によるものであれば治しようがないと思われるかもしれませんが、骨格の歪みや嚙み合わせのバランスにより後天的にエラが広がった状態になっている可能性があります。この場合、その原因となる骨格の歪みや噛み合わせの問題を治すことで、改善できます。解消するには整体で骨格の歪みを矯正したり、歯科医院で噛み合わせが正しくなるように治療してもらったりすることが必要となります。さらに、日常生活において歪みの原因となるような行動は控えなければなりません。足を組んだり、頬杖をついたり、いつも同じ方の肩にカバンをかけたり、片側の奥歯ばかりで食べ物を噛んだりしてしまうと体や顔が歪んでしまうのは知っている人も多いのではないでしょうか。そのような体の歪みとなってしまう行動は無意識にしがちなので、日常的に気を付なければなりません。


②筋肉の発達による場合

筋肉の発達ですが、これは噛む時に使う咬筋(こうきん)が関わっています。エラに手を当てて歯を噛み締めると盛り上がる筋肉があります。これが、噛む時に使われる咬筋と言われるものです。固いものを好んで食べたり、スポーツなどで歯を食いしばることが多かったり、寝ている時などに歯ぎしりをしたりすることで、必要以上に発達してしまいます。筋肉である咬筋の発達が原因の場合は、噛み締める癖や食いしばり、歯ぎしりなどを止めなければなりません。でも、無意識にしている場合や寝ている間にしている場合も多いのが事実です。寝ている間の食いしばりや歯ぎしりは、歯科医院でマウスピースを作り、装着して寝ることで改善します。昼間は、上の歯と下の歯がくっつかずに隙間が開いた状態になるよう、自分自身で意識的に気を付ける必要があります。咬筋を必要以上に使いすぎないためには、固いするめなどを食べすぎない、氷をガリガリと噛まない、ガムを頻繁に噛むのを止めるのも改善策となります。また、ストレスも、食いしばりの原因になることがあると言われているため、ストレスを溜めないことも重要です。


③脂肪がつくことによって目立つ場合

脂肪がつくことによってエラが目立っている場合もあります。エラは両側にあるので、5mmの脂肪がつくことで、両側合わせると1cmになります。ということは、顔が1cm大きくなってしまうということです。他にも、むくみやたるみなども同じ原理で、顔が大きく見えてしまうのです。エラの上についた脂肪が原因となる場合は、部分的な解決は難しいので、体全体の体脂肪を減らして引き締めていく必要があります。食事はカロリーオーバーにならないように気を付けたり、適度な運動をするのが効果的です。


<鼻と口の距離が遠い>

イギリスの研究によると、第一印象の良い人はどのような顔立ちであるかという調査をした結果、鼻と口の距離が短い人ほど印象が良いという結果が出ました。つまりここから言えることは、鼻と口の距離が遠い人というのは第一印象が悪い人の特徴であり、印象が悪い=“ブサイク女性”であるという評価をされてしまう可能性が高まってしまうということです。また鼻と口の距離が遠いほど、小顔ではないということにも繋がってきますので、“ブサイク女性”の特徴の1つであるといえるでしょう。 


<鼻が低い>

鼻が低いことも“ブサイク女性”の特徴の一つです。鼻が低いと、顔が地味な印象になりがちです。特に横顔では美しいEラインが描けないので、印象が悪くなります。西洋人に比べて私たちアジア人、特に日本人は鼻筋が低い人が多いので、鼻筋がスッとしている人がいれば、注目されやすいという特徴が見られます。もちろん普通の高さのある鼻があれば、十分魅力的な鼻の持ち主といえますが、極端に低い鼻の場合、魅力が低くなる可能性があります。西洋人の場合は、鼻が高すぎることがコンプレックスに繋がりやすいといわれていますが、アジア人は反対の傾向にあります。もし整形手術に頼る場合は、くれぐれも信頼できるクリニックや整形外科医院を選ぶことが肝要です。


①団子鼻

“ブサイク男性”のところでも触れましたが、全体的に丸くて低い印象のある鼻を、団子鼻といいます。団子鼻はあまりクリエイティブな印象を与えません。漫画などで描かれる団子鼻のキャラクターも、大抵は三枚目や脇役のキャラが多くいます。二枚目や美人キャラ、美しい容姿のキャラは大体高い鼻を持つキャラとして描かれています。もちろん現実には、団子鼻の持ち主でもクリエイティブな人や社会的に成功している人はたくさんいます。どうしても高い鼻にしたい人は、整形手術を検討しても良いでしょう。しかし、そのままの鼻でも幸せになれる人もいるのです。


②ぶた鼻

鼻が上を向いている印象のある鼻が、ぶた鼻と呼ばれる鼻です。動物の豚のような印象があることから、“ブサイク女性”の特徴のひとつとされています。ぶた鼻も整形手術で改善が可能です。しかし、多少上を向いているくらいの鼻でしたら、むしろ可愛らしいこともあります。他の“ブサイク女性”の特徴と同じく、本人の感覚以外に周りの人の意見も大切にして判断しましょう。ただし、親身になってくれる人の意見以外は信用しないことです。中には悪意をもって誇張する人もいるからです。


<口角が下がっている>

口角が下がっている人というのは、笑顔が不細工な“ブサイク女性”の特徴であり、また老けて見られる原因でもあります。逆に口角が上がっている人というのは、若々しく見えるのは当然のこと、笑顔が可愛い人の特徴でもありますし、親しみを抱かれやすいといった研究結果も報告されています。笑顔が素敵な人は魅力的であると答える人が多いように、笑顔が不細工な人ほど、魅力が下がってしまうとも言えるのです。


<肌が荒れている>

肌荒れは“ブサイク女性”の特徴であると同時に、男女を問わず魅力を損ねる原因です。肌荒れの原因には様々なものがあります。ケガや日焼けの跡、ウィルス性のものやアレルギー反応など、人により色々です。どの原因でも改善策をとらないと、見た目の印象が悪くなってしまいます。もちろん肌荒れのある人が、人格的にとても魅力がある場合は、周りの人がその魅力に引き付けられるでしょう。しかし、改善できるのであれば、改善した方がより魅力的になれることも事実です。それぞれの原因ごとに改善策を実行し、肌荒れを治して魅力を増しましょう。

ニキビ跡などによるデコボコ肌は、年齢が高めに見えてしまう大きな原因です。人間は加齢と共に肌年齢も年を取ります。しかし、デコボコ肌だと実年齢以上に年を取って見えてしまいがちです。ブス顔の特徴がデコボコ肌の場合は、肌を美しくすれば魅力的になれます。芸能人でもメイクにより肌荒れを隠している人もいるように、元のルックスが良ければ、肌の状態さえ改善されれば魅力的になれるのです。肌が汚いといった“ブサイク女性”の顔を治すためには、化粧水は当然のこと、皮膚科などに相談してみることも重要となります。


<歯に清潔感がない・足りない>

歯も魅力的な顔を形作る要素のひとつです。歯に清潔感がないと、それだけで魅力が半減します。とても綺麗な顔をしていても、歯に清潔感がないだけで一気に魅力が減って“ブサイク女性”の仲間入りをしてしまうのです。そのため、歯のケアは美しい顔を守るために必要なことです。まずは虫歯にならないよう、日々の歯磨きはしっかりとするようにしましょう。不潔な口内は虫歯の原因となるだけではなく、口臭の原因にもなります。どちらも美しい顔の大敵ですので、日ごろのケアで歯を守りましょう。また歯の数が足りないまま放置しておくということは、自らを“ブサイク女性”にしたまま放置していることと同じことです。笑顔の時に歯がないということは、どこかマヌケで清潔感にかけるといったイメージを抱かれやすくなるのです。


①歯が汚い

汚い歯は不潔な印象を与えます。虫歯の黒い歯や、タバコのヤニなどで黄色く染まった歯は、良い印象を与えにくいものです。まずは食後の歯磨きの徹底をし、可能であれば美容歯科で白い歯を作りましょう。白い歯を人工的に作るには、歯を漂白するホワイトニングや、歯の表面に白い人口のエナメル質を貼り付けるものがあります。また、虫歯の治療でする詰め物も、銀色のものではなく白いものにすれば、治療後も白い歯を維持できます。美しい顔にするために、歯の美容も大切です。


②歯並びが悪い

歯並びも顔の印象に大きな影響があります。歯並びが悪いと笑顔の魅力が半減します。歯並びは歯の矯正で治療が可能です。期間はそれなりにかかりますが、治療後は美しい歯並びを維持できます。美しい歯並びで綺麗な笑顔を演出しましょう。


③歯が足りない

永久歯は親知らずを除くと28本、乳歯は20本あります。永久歯のうち、4本の親知らずを除いた28本がキレイに並び、上下でしっかりと噛み合うことが、正しい歯列の基本です。最近ですが、「歯の先天欠如」が増えてきていると言われます。これは本来あるべき永久歯がないために、乳歯が長く残っていたり、歯にすき間ができたり、歯並びが悪くなったりすることが多く、生えて来るべき永久歯が生えて来ないことを先天性欠如と言います。先天欠如歯は、1歯から数歯の比較的少数歯に限られるものから、多数歯に及ぶものまで様々です。歯の先天欠如は、大人になっても気づかない場合もあるそうです。その頻度ですが、少し前に日本小児歯科学会が調査し、約10人に1人の割合でいることが分かったそうです。しかも年齢が若いほど高い傾向にありました。原因はさまざま。たくさんの歯が欠如している場合には、病気や遺伝の影響が考えられるのですが、1~2本の歯が足りない場合には、やわらかい食べ物が多い現代の食生活による退化現象が原因、と考えられています。他には遺伝や妊娠中の栄養欠如、全身疾患、薬物の副作用などの原因が考えられています。しかし、その因果関係ははっきりしていません。また、不要な歯が淘汰されつつあるとする説もあります。見た目や食べ物を噛むことに問題がなければ、特に治療はしませんが、欠如したすきまがある場合は、人工の歯(ブリッジ、入れ歯、インプラント)を入れてすきまを埋める治療を行う場合が比較的多いようです。


<目つきが悪い>

目つきが悪ければ、相手をにらんで攻撃的なイメージを持たれてしまうことや、暗くて根暗そうといった“ブサイク女性”のイメージを抱かれてしまう原因となってしまうことも多いです。一方で、目つきが悪いのと、目つきが鋭いとの違いは紙一重と言われており、口角が下がれば目つきが悪いと思われてしまい、逆に口角が上がれば目つきが鋭いと思われることも多いので、よく目つきが悪く怖い顔と言われる人は、口角を意識してみるといいでしょう。睨んで常に怒っているような目つきでは、勘違いされてしまい、イメージを下げてしまうことにも繋がるので、とにかく急いで改善することをおすすめします。


<全体的なバランスが悪い>

顔というのは1つのパーツが悪くても、全体的に整った顔立ちであると評価されると、それは“ブサイク女性”の特徴には当てはまりません。全体的なバランスが悪いとは、例えば目が大きくて目力があるのに、顎がなくて引っ込んでいるし、肌も汚いとなれば、これはバランスが悪いと言えます。自分を“ブサイク女性”ではなく魅力的な顔に近づけたいと思うのであれば、全体的なバランスを意識して、全体的に魅力的にしていくことが理想と言えます。


色々とお話をしてきましたが、もしもあなたが、自分は“ブサイク女性”の特徴に当てはまっていた…と落ち込んでいるのであれば、とにかく行動することを心掛けてみてください。マイナス思考で自分を責めてしまうのではなく、やるべきことが沢山あるという考え方で、魅力的になるために行動してみる方が、あなたにとっても大きなメリットをもたらすことは、ご自身でも分かっている筈です。間違っても、自分を責めてしまい、自信を無くしてしまう原因を作ってしまわないようにしたいものです。今日は、「“顔”のはなし(その17)」として「ブサイク女性のパーツとは?!)」をお送りいたしました。それでは、この辺で失礼します。


(出典:生活百科、スゴレン、得する情報局、Pinky、NEVERまとめ)

結婚相談所 BLISS PARTNER(公式HP)

東証プライム上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数8万9千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方” は誰と婚活を始めますか? ‟お見合い婚は至高の恋愛婚!” を合い言葉にしている当相談所代表の塙(はなわ)が必ず最適なパートナーとなって懸命にサポートいたします。さあ貴方も憧れの成婚退会を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000