あるお見合いの顛末(その10)


※この物語は実話にもとづいては居りますが、あくまでフィクションとしてお読みください。 


昨夜、田中様(仮名)から、何と鈴木様(仮名)が予定されている7件のお見合いが終了するまで待ってから、交際する気持ちがあるか否かを確認しても良いと言う、正に‟神対応”の申し出をお聞きし、この素晴らしいアイデアに感動し、朝一番に賞賛のメールを書くことにいたしました。今日は「あるお見合いの顛末(その10)」をお送りいたします。 


田中様の申し出に、ついつい私も長文になってしまいました。  

「素晴らしいですね!。実は先ほど思ったのですが、先方が昨日まで隠していた事を全て白状しているとは考え難い気もしたのですよ。そもそも7月28日の2時間だけと言ってきたのは7件の見合いだけなのかどうかは知る由もありませんが、少なくともその全てよりも優先順位が後回しになっていたことは事実な訳です。だとすれば、仰る様にやはり時間を置いて、少なくとも先方が優先しようとした7件のお見合い+何かの事情?を全部済ませてからにしてもらう方が良いのかも知れませんね。鈴木様も「お見合い」がどういうシステムなのかを理解されるでしょうし、当然、田中様と他のお相手との比較もされるでしょう。自分はいったい誰と交際したいのかをきちんと考える時間にもなる気がいたします。それに何よりも、こちらの度量の大きさ、懐の深さを示すことになります。普通だったら‟感動もの”の提案のはずですよ!。そんな感受性をお持ちの方なのか否かをこちらが判断する材料にもなると思います。 

先方が明日の日曜日の面談で、交際継続の希望を出した場合には、それを言葉通り受け取り性善説で行動するなら、今の鈴木様を身動きが取れない苦しい状況から解放してあげることが、結局は太陽の光で優しく暖めて自らコートを脱ぐことに繋がるかも知れません。少なくともサクラなんかじゃないとすれば、この数日何をどう考えていたのか否か、本当の気持ちを話していただくための効果的な呼び水になると思います。ペナルティ逃れか否かの件は交際希望が出た後で、こちらのホッとする提案を聞いてからの鈴木様のメール内容やその後の行動やらで、察しがついてしまうのかも知れません。一石二鳥三鳥になると思います。是非、その方法でいきましょう!。」 


そして明くる日曜日、先方は午前中に面談を終えて、すぐに結果を報告してくれる約束でしたが、何とその日の先方の営業時間20時を過ぎても連絡をいただくことはありませんでした!。僅かでも期待していたこちらが間違っていたのか、腹の虫が収まらない誠意の無さを感じました。しかし、“神対応”されている田中様の婚活を、これ以上ストップしたままにしておく訳にはいかないと言う思いで、仕方なく先方仲人へメールだけは入れておきました。  

「お世話になっております。午前中の鈴木様との面談は如何でしたでしょうか?。先日のお電話で申し上げた通り、そちら様の意思を尊重させていただきたいと存じますが、田中の活動を止めたままで置く訳にも行きませんので、本日より、お見合い申し込みを再開させていただきましたのでご了承ください。よろしくお願い申し上げます。」

 

田中様へも報告を入れました。 

「本日の午前中に先方仲人様と鈴木様との面談が行われたと思われますが、残念ながらその結果報告は届いておりません。状況が分かり次第連絡を入れさせていただきます。」 

「直ぐに報告すると言っていたことすら守れないのですから、あちらの相談所は…所詮他人事なのでしょうね。」 

「何か良く分かりませんが、とても報告できる内容じゃないレベルの話なのか、面談自体が行われなかったかの、どちらかではないでしょうか?。まあ、先方の出方を待つしかありませんね。」 

「それにしても普通何かしら連絡はしますよね…ずさんですね。」  

「本当に良く理解できません...。それでも相談所を営むことが出来ていると言うのは、何か秘訣があるのかもしれません。」  

結局、既に日曜日も日付が変わろうとしています。田中様も私も、期待しては裏切られの繰り返しに、もう呆れ果ててしまいました。せっかくの“神対応”が先方へは伝わらなかった事が悔しくてたまりません!。今日は、この辺で失礼します。  

結婚相談所 BLISS PARTNER(公式HP)

東証プライム上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数8万9千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方” は誰と婚活を始めますか? ‟お見合い婚は至高の恋愛婚!” を合い言葉にしている当相談所代表の塙(はなわ)が必ず最適なパートナーとなって懸命にサポートいたします。さあ貴方も憧れの成婚退会を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000