あるお見合いの顛末(その6)


※この物語は実話にもとづいては居りますが、あくまでフィクションとしてお読みください。 

二日間の“悪夢”を経験した田中様(仮名)、三日目の朝にやっとプレ交際相手の鈴木様(仮名)からショートメールが届き、「電話には気づいていたが、仕事が忙しかった。」とだけ書かれていたことに、釈然としない思いを持ちながらも、初デートの日程調整を始めた田中様。そこへ、お相手の鈴木様からメッセージが入ります。今日は「あるお見合いの顛末(その6)」をお送りいたします。 


私は田中様から、初デートの日程調整を始めたとの連絡を受け、今朝の段階で既に先方仲人様へメールしました。 

「お世話になっております。せっかく成立したご縁ですので、何事かで齟齬が生じるのは本意ではございません。今朝、鈴木様からいただいたメールへ田中から返信をさせていただき、初デートの日程を確認中で、鈴木様からの返信をお待ちしている状況です。仲人様からもなるべく早めに都合の良い日を答えていただける様に、ご確認願えればと存じます。今後とも仲人間の情報共有も含めて、何とぞよろしくお願いいたします。」 


一方で田中様は、せっかくのご縁を無駄にしたくない、と自分自身に言い聞かせ、朝届いた鈴木様からのメールへ、直ぐに返信しました。 

「初デートは、いつにしましょうか?。今後の予定を相談しましょう。」 

ところが、田中様からの調整を促すメッセージにも関わらず、鈴木様からは待てど暮らせど返事が来ず…。やっと昼過ぎに来たかと思えば…。  

「土日の空きが解らず、確実なのは7月28日の二時間だけど…。」  

7月28日と言うことは1ヶ月半以上も先…。ピンポイント過ぎる…。しかもタメ口…。 


すぐに私のところへ連絡がありました。 

「また不信感が…本当に交際する気があるのでしょうか。やっぱり付き合いたくないからそんな回答して断らせようとしていませんか?どうしたら良いんですかね…。」  

「マジですか???、7月28日とは…。良く分かりませんね…。一応、先方仲人様から真意を確認していただきます。不快な思いをさせていること、誠に申し訳ございません。」  

これまで“神対応”を通してきた田中様ですが、先方の非常識な態度に不信感が募ります。 


事態が少しづつ坂道を転げ落ち始めます。先方仲人様から、こんな返信が返ってきます。  

「テリブル緑山の山本(仮名)です。鈴木より、デートのお日にちでの相談の連絡もしており、本人自身現在、新卒にて就職したばかりで仕事が忙しく、中々予定が分からないと申しており、田中様へもご迷惑をお掛けしないよう、デートのお日にちを優先に早く回答するよう伝えました。よろしくお願いいたします。」 

予定が分からないのは鈴木様ご本人のせいだと言う内容です。私も次のメールを返します。 

「つい先ほど昼過ぎに、鈴木様から初デートの日程のご連絡をいただいたそうですが、『土日の空きが解らず、確実なのは7月28日の二時間だけど…。』との内容だったそうです。つまり、来月の末と言うお返事です。少々ご本人様の優先順位が低い気もいたします...。誠に恐縮ですが、いま一度鈴木様とお話しいただいた方がよろしいのではないでしょうか。お手数かけますが、よろしくお願い申し上げます。」

「テリブル緑山の山本(仮名)です。鈴木より、こちらにも同様の内容の連絡がきまして、今一度予定の調整など提案いたしております。日程確保まで今しばらくお待ちくださいませ。」  

「かしこまりました。何とぞよろしくお願いいたします。」  

一見すると、まともな受け答えに感じますが、先方仲人様からの連絡は、そこで途絶えてしまいます。 


仕方がないので、田中様へ現状報告をすることにしました。  

「先方仲人様へ連絡を取ってから1時間半経ちますが今のところ連絡はございません。 もしかすると、お見合いの予定をたくさん入れてしまっていて、身動きが取れないのかも知れませんね...。先方仲人様へは、『7月28日の2時間だけしか予定が空いてない、と言うのは優先順位が低い気がするので、今一度鈴木様と良くお話しください。お手数かけますが、よろしくお願いいたします。』と丁重にお伝えしてあります。何かしらのお答えをいただけるとは思いますので、またご報告いたします。」  

「お任せします。私は正直疲れてしまいました…。7月28日なんて回答したら相手にどう思われるか、容易に想像つくと思うのですが…まいりました。」 


そこから更に6時間弱が過ぎ、20時になった段階で田中様へその日の報告を入れました。 

「先方の相談所様の平日の営業時間20:00を過ぎましたが、今のところ初デートに関する新しいご提案はいただいておりません。何か連絡があり次第ご報告いたします。」 

「解りました、ありがとうございます。こちらも今の心境では冷静に返事する自信がないので仮に彼女から連絡があっても明日に確認します。今回の7月28日提示の件はファーストコール2日間無視の比にならない暴言と受け取っており、何かしらの申し開きがなければこちらも相応の態度で応じます。そうならないよう先方には真摯に向き合ってほしいと願っております。」 


私も田中様の願いと同じく、先方には真摯に向き合って欲しいと願っていたのですが、何と次の日の午後になるまで先方仲人様からの連絡は途絶えたままだったのです。今日は、この辺で失礼します。

結婚相談所 BLISS PARTNER(公式HP)

東証プライム上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数8万9千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方” は誰と婚活を始めますか? ‟お見合い婚は至高の恋愛婚!” を合い言葉にしている当相談所代表の塙(はなわ)が必ず最適なパートナーとなって懸命にサポートいたします。さあ貴方も憧れの成婚退会を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000