あるお見合いの顛末(その4)


※この物語は実話にもとづいては居りますが、あくまでフィクションとしてお読みください。 


お見合い翌日に鈴木様(仮名)との交際が成立した田中様(仮名)は喜びもつかの間、ファーストコールを時間を区切って5回ほど入れても連絡がつかず、安心トークと言う会員専用ツールへチャットを入れても“折り返しコール”をいただけず、先方の仲人様から鈴木様へ状況を確認して貰えるとの話で、一先ず様子を見守ることになったのが、昨夜の22時でした。今日は「あるお見合いの顛末(その4)」をお送りします。 


それからほぼ丸一日たった次の日の夜、田中様からメールが入りました。 

「まだ連絡はありませんが、しばらくたっても音沙汰なければ、またこちらからかけた方が良いのでしょうか。今日何もないと流石に疑心暗鬼にならざるを得ません。」 

私からも答えて、  

「余りしつこくするのもどうかとは思いますが、もう一度だけおかけしてみては如何でしょう?!。それでも反応なしの場合は、今晩の内に先方相談所へメールを入れてみようと思います。よろしくお願いいたします!。」

「解りました、ではこれから一度かけてみます。」 

「性善説でお話し下さいね!!」  

「やはり出ませんでした。ファーストコールに出ないなんて…何を考えているんでしょう…。」  

「何か事情があるのかも知れませんが、想像して気を揉んでも仕方のないことですので、先方仲人様へ、再度現状を報告してみます。先方の明日の営業時間は11時となっていますが、何か反応があり次第、連絡させていただきます。少々お時間が掛かるかも知れません。よろしくお願いいたします。」  

「解りました、お手数おかけします。何か理由があるのであればそれもぜひご教示願います。」 「いえいえ、こちらこそ仲人間のコミュニケーションが上手く取れずに、大変ご迷惑をお掛けいたします。申し訳ございません。」 

そう答えて、すぐに先方の仲人様へ状況確認のメールをいたしました。  

「お世話になっております。さて、ファーストコールの件ですが、田中からの連絡によりますと、鈴木様からの折り返しのお電話を今日一日お待ちしていたそうですが、いただけなかったとのことで、何かお身体でも悪いのではないかと心配しております。先ほど私の指示でもう一度だけ田中から鈴木様の携帯へお掛けいたしましたが、お出になる様子はなかったそうです。私も少々心配ですので、夜分遅くにメールをさせていただいた次第です。仲人様のほうで現状をご確認いただければ幸いに存じます。何とぞ、よろしくお願い申し上げます。」 

しかしそれから2時間経っても返事はなく、田中様へこうメールしました。 

「先ほど、先方仲人様へメールしました。本日、鈴木様からの折り返しのお電話をいただけなかったこと、何かお身体でも悪いのではないかと心配していること、先ほどこちらからの電話にお出になる様子がなかったこと、の3点をお伝えし、先方仲人様のほうで事情を確認いただきたい旨のお願いをいたしました。先方からの連絡を待ちたいと思います。反応があり次第ご報告をいたします。しかし23時の段階では返答がありませんので、明日のご対応になってしまうと思います。先方相談所様の営業時間は11時~となっていますので、午前中には何かしらのリプライをいただけるのではないかと思います。事が思う様に進まず申し訳ございません。よろしくお願いいたします。」  

「解りました、遅くまでありがとうございます。SMSでは送付確認出来ていますが、まさか番号が間違っていて他の方へ送ってしまっているのでは…まで考えてしまいます。それくらいの理由がないと、この無反応には私も納得出来ません。いずれにせよ、過去に経験したことのない異例な事態ですので、先方にはきちんと釈明していただかなければ然るべき措置を取らざるを得ません。引き続きよろしくお願いいたします。」 


まったく困ったことになったものです…。こちらの気持ちと行動が空回りしていることに頭を抱えながらも、時刻は日付が変わろうとしていました。今日は、この辺で失礼します。  

結婚相談所 BLISS PARTNER(公式HP)

東証プライム上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数8万9千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方” は誰と婚活を始めますか? ‟お見合い婚は至高の恋愛婚!” を合い言葉にしている当相談所代表の塙(はなわ)が必ず最適なパートナーとなって懸命にサポートいたします。さあ貴方も憧れの成婚退会を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000