あるお見合いの顛末(その3)


※この物語は実話にもとづいては居りますが、あくまでフィクションとしてお読みください。 


お見合いが成功し、いよいよ交際に辿り着いた田中様(仮名)はお相手の鈴木智子様(仮名)の下のお名前と連絡先が公開され記念のファーストコールをすることになりました。今日は「あるお見合いの顛末(その3)」をお送りいたします。 


弊社ではお相手とのお見合いが成功した時点で交際成立となりますが、それを「プレ交際」と呼んでいます。IBJ加盟店の共通のお約束として、この時点では、他の方とのお見合いやプレ交際を同時進行させることが認められています。その意義はとても大きいと感じています。一つには、最短期間で出来るだけ多く出会い、より自分と相性の良いお相手とご縁を繋げること。二つには、お相手への気持ちを分散させ、一喜一憂せずに冷静にお互いを見極めることです。 


さて、お相手の鈴木様へのファーストコールは一体どうなったんでしょうか?。田中様から連絡が入ったのは、遅めの21時を回った頃でした。私はその内容に驚くことになります。 

「時間区切って5回ほどコールしたのですが、電話繋がらないので、ひとまずチャットにメッセージ入れました。登録仕立てでまだ慣れないんですかね…あちらの仲人さんがきちんとレクチャーしてくれると助かるのですが…。」 

更に10分後、  

「ちなみに先方の相談所はあれから何か反応はありましたか?成立の連絡だけ淡々としてきただけですかね。」 

えっ!5回コールしても繋がらない???…安心トーク(交際中の会員専用ツール)へチャット入れても既読にならない???…。過去にファーストコールが繋がらなかったケースは何度かありましたが、いづれも直ぐに先方から“折り返しコール”をいただいて一安心した感じでした。今回は少々極端な例で、心配しなくてはならないと悪い予感がいたしました。  

「遅いので心配してました...。先方仲人様へすぐに連絡しておきます。」 

と田中様へ返信し、先方相談所へも直ぐにメールした事は言うまでもありません。 

「お世話になっております。さて、田中より鈴木様へのファーストコールを時間を区切って5回ほど入れさせていただいたそうですが、連絡がつかなかったそうです。ひとまず安心トークへチャットを入れたとの事ですので、田中より連絡が入る旨、仲人様からも鈴木様へご確認いただけると幸いです。何とぞよろしくお願いいたします。」 


夜分でしたが、先方相談所でもすぐに反応して下さって、 

「テリブル緑山の山本(仮名)です。ご迷惑をお掛けし申し訳ございませんでした。鈴木にはその旨お伝えいたします。鈴木の方より折り返しのお電話をさせますので、よろしくお願いいたします。」

との内容に感謝し、田中様へ状況報告をしました。  

「今、先方仲人様との連絡が取れました。鈴木様から折り返しのお電話をいただける様に連絡をしてくださるそうです!。もう少し時間がかかるかも知れません。ご了承ください。」 

心配していた田中様からも、 

「解りました、遅くまでご対応いただきありがとうございます。」 

と返事があり、何かしらの事情があるにせよ事態が悪化することは無いだろう、遅いので次の日には先方から連絡があるに違いないと思い、一先ず鈴木様からの電話を待つことにしたのです。しかし、先方仲人様が動いてくれたにも関わらず、その夜は電話が鳴る事はありませんでした。 


気が付けば、昨夜同様に時計の針は22時を過ぎていました。今日は、この辺で失礼します。

結婚相談所 BLISS PARTNER(公式HP)

東証プライム上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数8万9千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方” は誰と婚活を始めますか? ‟お見合い婚は至高の恋愛婚!” を合い言葉にしている当相談所代表の塙(はなわ)が必ず最適なパートナーとなって懸命にサポートいたします。さあ貴方も憧れの成婚退会を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000