結婚の形態とは?(その9)


昨日は名古屋の豪華な嫁入りの話をご紹介いたしましたが、以前転勤で名古屋へ住んだこともあり、友人も多く色々と話を聞く機会もあったのですが、現在では残念ながら「ガラス張りの嫁入りトラック」は、ほぼ見られないそうです。昔はどんな住宅街の入り組んだ道でも、絶対にバック(=出戻り)しないプロの運転手さんがいたそうです。実はもう一つ名古屋には独特の「菓子撒き(かしまき)」と言う風習があります。これは「お嫁さんが実家から出て行かない様に妨害する」しきたりがあり、そこを通してもらう為に親族がお菓子やお金を撒くようになった、と言うもので、これまた結構ハデな催しです。千人以上のお客さんへ百万円以上のお菓子を撒くこともあるそうです。今日は「結婚の形態とは?(その9)」として ‟欲しがりません勝つまでは” の状況だった戦時中の婚姻の様子をお送りしたいと思います。 


<戦時中の結婚式> 

時局を伝える戦前週刊誌「写真週報」を現代文に訳した「写真週報.com」から、戦争が迫った状況での結婚式についての記事を引用させていただきます。 

 (略) 

 世の中にはしばしばでなくとも、その度にとかく無駄が多いものがあります。 それが冠婚や葬祭です。 

一生で最も祝福し記念すべき日であったり、最も悲しむべき日であるものですからその心持ちについては厳粛深刻でなければならない事はもちろんですが、近来はその精神以上に外形を飾ったり、単なる形式に流れる傾向が少なくありません。ことに結婚は、一般に虚飾に流れる風がありました。  

ではどうすれば結婚の新体制は確立されるのでしょうか。 

まず見合い。媒酌人の家庭か、それに準じた場所で質実簡素にし、劇場、料亭などで高価な服装で饗応しない(酒や食事を出して人をもてなさない)事。相性、十二支、日取りなどの迷信を捨て、双方の血統、本人の健康状態を婚約前に詳しく調べる。  

結納は儀礼に止め、友白髪(金沢の純米吟醸酒)、指輪、袴、帯、小袖などは廃止し、鰹節、鯣(スルメ)、末廣(白い扇子を1対にした結納の品)、塩物、熨斗(のし=細く切ったのしあわびをはりつけた結納の品)、昆布などのうち一種または数種を取り合わせ、適当な一台にして贈る。支度、儀式は合意で簡素にし、衣服、調度の新調は見合わせ、余ったお金は貯金や公債(後に紙切れになる)で持参する。調度品の送り込み、行列や衣裳見せはもちろん全廃。 

式服は團服か制服、それのない時は簡素なもの一着とする。花嫁は留袖以下で、振袖、打掛、胸模様、式後の色直しはやめる。花婿も平伏に儀礼章程度で、参列者も同様、モーニングはなるべく着ないこと。 

 (略) 

写真もキャビネ八つ切以下、結婚届は式場で作り、結婚の誓詞など記念すべきものは記録して家宝としておくといったやり方です。 

 (略) 

 敵は外にもある。しかしもっと恐ろしい敵は心の中にあることを忘れないで・・・・ (以上、引用終わり) 


 日本が太平洋戦争で使った戦費はインフレを考慮すると約2000億円、GDP比率で約8.8倍、国家予算比率で約74倍、現在のGDPで換算すると、何と約4400兆円という天文学的な額だったことが言われています。一方でアメリカは戦費が国力を越えて出費されることは無く、国民生活へも影響なく乗り切った訳ですから、冠婚葬祭も贅沢だとされた日本との違いは歴然だったと言えるのです。日本人の国民性、当時の戦時教育、国家総動員法に基づくあらゆる戦時統制は、国民を全体主義へと追い込んでいったのだと思います。日本人の識字率の高さや教育水準の高さが災いして政府やメディアによる「戦争プロパガンダ」が急速に浸透してしまったのです。  

私は中学時代に「良心的戦争忌避者=良心的兵役忌避者=Conscientious Objector」と言う言葉を担任の先生の社会科の授業で教わったのを今でも記憶しています。先生曰く「アメリカにも日本にも徴兵制度があったが、一つ違っていたのは、良心的戦争忌避者(良心的兵役忌避者)を認めていたか否かだ。つまり戦争に参加することや兵役義務に服することを、本人の良心に基づく信念に従って拒否することが認められていたかどうかだ。興味があれば君達も考えてみろ?!」と仰ったのです。「良心的戦争忌避」がその後、基本的人権として国連でも認知されたことや、代替条件として社会貢献(市民労役)を果たす義務があること等を、調べて勉強した記憶があります。勿論、実際にはそんな単純な問題ではありませんが、少なくとも国家としての大きさ、言論や考え方の多様性、平たく言えば懐の深さが全く比較にならない事を知り、どうあるべきかを考えることができた授業でした。何か全然違う方向の展開になってしまいましたが、こんな日もあります。今日は、この辺で失礼します。

結婚相談所 BLISS PARTNER(公式HP)

東証プライム上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数8万9千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方” は誰と婚活を始めますか? ‟お見合い婚は至高の恋愛婚!” を合い言葉にしている当相談所代表の塙(はなわ)が必ず最適なパートナーとなって懸命にサポートいたします。さあ貴方も憧れの成婚退会を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000