男性が思う彼女の浮気境界線ってどこ?!


先に言ってしまうのも何ですが、法律的にどこからが浮気なのかは明確です。ズバリ「性行為」です。浮気=不貞行為(ふていこうい)と呼ばれていて、これは夫婦・婚約・内縁関係にある男女のどちらかが、配偶者以外の異性と自由意志で肉体関係を持つ「貞操義務違反」とされており、法律上は民法第770条第1項に規定された、法定離婚事由として認められる離婚原因のひとつです。判例上「不貞行為」とは、男女間の性交渉であり、逆に性交渉を伴わない男女の密会等は「不貞行為」には該当しない、とされています。 


 とは言いましても、浮気は男女間の永遠のテーマです。法律上の規定や判例を示したところで、そう簡単に納得できることでもないでしょう。とてもセンシティブな問題で、個人的な解釈によっても結構な差があるのではないかと思いますが、それだとキリが無くなりますので、傾向を知る意味で男性と女性との感じ方・考え方の違いを見て行くことにしましょう。先ずは、男性が思う女性の浮気から考えて見ましょう。果たして、どこが境界線になるのでしょうか…。 


 <彼氏以外の男性とハグをする> 

こちらは想定内でもありますが、「ハグはセーフ」という意見が多いです。実際うれしいことがあった時や、思わず飛びつくほど楽しくなる事もありますからね。もちろん、「ハグもダメ!」という意見もありますが、「手をつなぐ」や「キス」に比べたらかなりセーフの意見が多いと思います。ハグに深い意味はない、と捉える人が多いのも事実です。ハグは「うれしい」や「楽しい」と感じた時の仲間同士の感情表現の一種でもあるので、是非ここはあまり縛らずに暖かく彼女を見守ってあげるのが良いと思います。(出典:半径4メートル) 


 <2人だけで食事に行く>(出典:Smartlog)(出典:念のため)(出典:Menjoy) 

①人によって異なる。「食事だけなら許せる」と「いくら食事でも二人だけは気になる」とに分かれます。浮気と思われないためには、前もって誰とどこに行って、どんな雰囲気のところでどれくらいの時間を過ごすかを説明しておくと良いでしょう。単なる友達との付き合いということで、疑われることなく、良い理解を示してもらえるようになることでしょう。ただし、その予定が泊まりで出かけるものであったり、夜遅くまでの予定であったりすると、前もって説明したとしてもちょっと良い感情を持てないという場合がほとんどです。仕事上の予定であったとしても、なかなかその状況は理解しづらいでしょう。そういう予定で出かけたいなら、他の女友達の参加者がいるように手配することができるでしょう。男性と二人きりで泊まりは許せなくても、他の女友達がいるのであれば、状況が違うと思ってくれることでしょう。(出典:Smartlog) 


②彼氏以外の男性と二人きりで食事をするのは、浮気と思われることがあります。 まず、彼氏には前もって食事することを伝えておくのがベター!ヤキモチ焼きの彼氏の場合は要検討。また、女性らしい格好は避けて、浮気と勘違いされないようにする。そして、二人きりでいる時はアルコールは避けましょう。(出典:MIROR) 


③二人で食事はアウト!ランチならまだ許せるけどディナーは怪しい。やましい気持ちがあってパートナーに伝えずに、異性と二人で食事に行くのはギリギリアウトかも…。また、食事中に恋人を意識させる会話や、ボディタッチがあれば浮気と判断するのが妥当でしょう。(出典:Peachy) 


<手をつなぐ>  

①これは浮気予備軍と思える行動でもあります。もっと仲良くなりたい、親密になりたいから手をつなぐという感じです。まだ何とか本格的な浮気に持ち込む前になんとかできそうな状態とも言えます。(出典:カケコム) 


 ②浮気と言えるかどうかは微妙かも知れませんが、男性と女性が親密になる時、大半は手を繋ぐことが触れ合うためのスタート地点です。女性が知らない男性と手を繋げば、「始まっているんだな」という心理になっています。男性は「恋人以外と手を繋ぐことはない」と思っている人も少なくありません。(出典:Smartlog) 


<他の男性に心が動いたら> 

①一般的に多いのは相手の女性の「好きという想いの度合いによる」と言うことだと思います。それほど気持ちが強くない場合は仕方がないとすることが多いと思います。しかし、誰が一番好きなのかということを重要に思う男性の場合は「完全に浮気」になります。極端な話、「好きと言う想い」を持っていないことが、浮気ではないことを示す唯一の証拠として受け入れられることになるからです。(出典:Smartlog) 


②彼氏がいるのに気になる人が出来るのは、そんなに珍しい事ではありません。何故かと言えば、今付き合っている彼氏に満たされていないことが関係するからです。しかし、この場合は女性にも原因がある事が多いようです。お互いゆっくりと話し合って、不満を解消していけば、彼女が他の人に目移りするようなことは無くなって行くでしょう。(出典:Girlswalker) 


<男友達などとキスをするが多数意見> 

①「どこからが浮気か?」という問いに対して、最も一般的な男性心理としての境界線は、キスをすることと言えるでしょう。食事に二人きりで行ったりすることはOKであるという男性の場合でも、または、他の男友達とふざけて手をつないで歩いたりすることも許すことができるという場合でも、キスをするということは、完全に浮気であると考えるのです。パーティーなどの特殊な雰囲気の中で、ゲームの中でのシチュエーションとして他の男友達としてしまうキスという場合でも、浮気として見られることでしょう。(出典:Smartlog) 


②キスなんてもってのほか!と感じる男性は少なくありません。ところが飲み会とかで空気を読んだ結果「キスはある程度なら断らない」というのが女性の特徴のようです。彼氏の立場だと、ちょっと頭を抱えてしまう認識の違いですが、「この行動に意味はない」と割り切って彼女を受け入れるしかないのかも知れません。さっぱりとした女性に多いのですが、「一線を越えなければいい」と思っている女性が少なくないため、こういった認識の違いに頭を抱える男性も多いのだと思います。(出典:半径4メートル) 


<肉体関係を持ったら完全にアウト> 

①肉体関係を持つことは、完全にアウトです。境界線ではありません。このような関係が明らかになってしまったなら、関係を修復するためには、最大限の誠意を持って謝ることが不可欠です。既婚者の夫婦の場合は、不倫関係となるわけですから、離婚へと状況が発展してしまうというケースも多くあります。どこからが浮気かという観点で見ても、肉体関係を持つことは一番最後のステップですから、納得できる結果といえるでしょう。(出典:Smartlog) 


②心と体が切り離せないのが女性、切り離せるのが男性です。つまり男性は、相手を好きではなくてもエッチはできますが、女性はできない、と言うかしたくないので、まずそんな状況にはなりません。女性が相手と肉体関係になると言うことは「好きだからエッチした」ということです。そして男性はそんな心の動きを知っています。だから浮気を許せないと考えます。自分は「別にあの女のことは好きじゃないけど、誘われたから」なんてことを平気で言ったりしますが、貞操観念について自分には甘く彼女に厳しいのが男性。それは女ごころが常に揺れ動くもの、ということを知っているからでしょう。(出典:愛カツ) 


<まとめ> 

彼女が「キスは浮気にならない!」といっても、彼氏が「キスは浮気だ」となれば喧嘩になってしまいます。お互いに我慢をしていくのもつらいものです。彼氏にとっては、彼女がほかの男性とキスをしているかも知れないなんて、考えただけで背筋が凍ってしまいます!。そういう時にはやはり「話し合い」はとても大事です。「してほしくないこと」「これ以上は浮気だと思う」という気持ちを素直に彼女に伝えれば、きっとわかってくれるはず。大好きな彼氏のお願いなら断る彼女はいません。彼女に嫌われたくなくて、つい我慢してしまう男性も多いですが、それではせっかくの恋人なのに楽しくありません。しっかりと彼女に思いを打ち明けて、「これ以上のことはほかの男性としないでほしい」という要旨は伝えましょう。いらぬ喧嘩や誤解を招くことがなくなる筈です。男性が思う女性の浮気の境界線について考えて見ましたが、如何でしたでしょうか。今日は、この辺で失礼します。

結婚相談所 BLISS PARTNER(公式HP)

東証プライム上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数8万9千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方” は誰と婚活を始めますか? ‟お見合い婚は至高の恋愛婚!” を合い言葉にしている当相談所代表の塙(はなわ)が必ず最適なパートナーとなって懸命にサポートいたします。さあ貴方も憧れの成婚退会を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000