婚活に必要な事って?! ~恋活アプリ・婚活サイト編~


今回は世の中に数多く提供されている「婚活サービス」の二回目です。婚活をするにあたり、ご自分が於かれている状況を踏まえ、「自分にとって何が必要か?!」と言う視点でお考えいただくと良いかと思います。 


2.恋活アプリ(婚活アプリ)・婚活サイト 「恋活アプリ(婚活アプリ)」は、一言で言えば昔からある出会い系サイトの進化系です。だと思います。出会い系サイトが結婚を前提としていない、彼女(彼氏)に出会いたい目的で登録している会員が多いのに比べて、こちらは婚活男女がネットで24時間いつでも手軽にお相手探しができると言うメリットがあると思います。専用アプリでのメッセージ機能を使っての自由なやり取りですから、メールが好きで文章を書くのが苦にならない、基本的にマメな性格の人がこのサービスに向いているのではと思います。料金も無料~3千円前後が多いです。本人確認に関しては「Facebook連動型」と言う工夫をしているところもあり、20代の若年層を中心に支持されていますが、軽い気持ちでの出会い系目的や、取り敢えず恋愛志向の利用者と、婚活目的の利用者が混在しているのも確かだと思います。それに女性30歳&男性35歳を過ぎると「いいね!」が貰い難くなる傾向にあると思います。 


一方で「婚活サイト」は完全とは言い難いまでも、出会い系目的や、取り敢えず恋愛志向の利用者をなくし、婚活目的の利用者に特化しようとしている点が特徴です。利用料は無料スタート~入会費1万円程度、それに月会費を数千円取るところが殆どで、かなり低予算で利用できるメリットがあります。システムソフト機能としては、お相手に希望する条件を入力してプロフィールマッチング検索するものが多くありますが、最近ではスマホやPCサイト内で日記を公開し、内面や人柄をアピールして、お互いに「いいね!」やコメントを送り合うことができる物や、社会心理学や行動分析学などの専門的な分析理論を使って独自のマッチング技術を採用している物、また入会後に十数問の設問に答えて「価値観診断」を受け、コンピューター予測で毎日数人のお相手を紹介してくれると言う様な自らは待つだけの物、等々それなりに充実しているので、コストパフォーマンス感が良いとの利用者からの評価が高いとも言えます。しかし言葉を換えれば、結婚に対する本気度は「今すぐ結婚したい!」とまで思ってない人も多いので、そこをどう見分けるのかが難しいとも言えます。正直、結構多くの人との交際をずっと続けていて、中々1対1のステディな交際に発展しないケースが非常に多いことも事実です。スタッフからのサポートを必要としない方や、偽客(サクラ)や必ずしも結婚を前提としていない場合や独身ではない方などを完全に排除し、身元保証しているとは言い切れないサービスも多くあるのが実情なので、その辺りのリスクを予め良く理解した上で、許容し安全に活動できる自信と自分からどんどんアピールする積極性のある方はこのサービスに向いていると思います。 


個人的な感想を申し上げれば、とにかく恋活アプリ(婚活アプリ)・婚活サイトも総じて言えるのはインターネット上での活動なので、全てが自己責任、誰もアドバイスしてくれる人はいない、自主性・積極性が全てです。強い気持ちを持って自分自身をマネジメントしながらお相手を探し続け、出会いから交際を経て成婚に至るプロセス管理をすべく、システムソフト機能を駆使し、他の会員からの割り込みを防ぐべく効率的&効果的にコミュニケーションを取ると言う、非常にタフな精神力と行動力が必要になるのではないかと思っています。今日は、この辺で失礼します。

結婚相談所 BLISS PARTNER(公式HP)

東証プライム上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数9万1千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方” は誰と婚活を始めますか? ‟お見合い婚は至高の恋愛婚!” を合い言葉にしている当相談所代表の塙(はなわ)が必ず最適なパートナーとなって懸命にサポートいたします。さあ貴方も憧れの成婚退会を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000