優しい女性の特徴とは?!

今日は「優しい女性の特徴とは?!」をお送りします。



世の男性にとって“優しい女性”は誰しもが希望する理想の条件ではないでしょうか。多くの男性が憧れるのに、中々“本物の優しさを備えた女性”に巡り会えないのも事実かと思います。それはいったいどうしてなのでしょうか?そもそも“優しい女性”の“優しさ”とは何となくイメージで言っているだけの様な気もいたします。具体的には何を持って“優しさ”なのか、或いは“優しい女性”と言えるのか...実際に特徴を挙げていくとキリがない感じもいたしますが、そこは男性目線での最大公約数的な発想でとにかく分析を進めて行こうと思います。更に、女性の皆さんにとっては「男性が求めている優しさ」とはどんなものなのかを、この際ですから、イメージ先行の曖昧模糊な何となくぼんやりしたものではなく、「あぁナルホドこれなのね」と具体的に知ってもらえる様に実際の言葉で説明して行きたいと思います。「男性が好きなのは“癒やし”でしょ!」「いやいやホッと出来るような安らぎの空間でしょ!」と考える女性もいらっしゃると思いますが、今日の話を読んでいただくことで、やはり“優しさ”が不動の一位だと改めて認識して貰えるのではないでしょうか。



<なぜ男性は“優しい女性”が好きなのか?>


①心穏やかに日常を送りたい


男性は平和主義者が殆どだと思います。喜怒哀楽の激しい女性はいくらどんなに美しい顔立ちをしていたとしても、本気で結婚相手として選ぶ可能性は低いと思います。特に家庭での団らんの中で気疲れを余儀なくさせられることは、可能な限り日常から排除したいと考えるものだと思います。“優しい女性”は感情の起伏が少なく、笑顔で明るい穏やかな性格の持ち主だと思うのです。


②自分だけを見て支えて欲しい


男性にとって結婚をして家庭を営む上での大きなメリットの一つに、「夫婦はお互いに唯一のサポーター」と言う期待を込めたイメージがあります。いつも自分だけを見て支えてくれる妻のために、もっと頑張って精神的にも経済的にも豊かになりたい、二人でより幸せになるために奮起したい、と充実した気持ちになれるのだと思います。“優しい女性”は男性を立てて一途に支えてくれる存在だと信じているのです。


③いつも自然体でいたい


男性は休日は基本的にラフな格好でゴロゴロしたい生き物です。家の中では気を張らずに自然体で過ごしたいのです。“優しい女性”は男性の素の姿に寛容で、ある意味だらしない所や、時には弱音を吐いたりしても、包み込んでくれる母性本能の持ち主なのです。男性の結婚生活の理想は、“優しい女性”によって実現されると思い込んでいるのです。



<女性の優しさとはいったい何?>


優しい女性を求めるのは、他ならぬ男性と言うことになりますので、男性目線での“女性の優しさ”と言うことになると思います。つまり多少なりとも女性自身が考える“女性の優しさ”とは違いがあるのだと思います。そこは結構重要なところです。男性の目線を意識して論じる時点で、何か自然に備わっている“優しさ”とは違った、一種の“あざとさ”が生じてしまうのではないかと...女性の皆さんからご指摘を受けそうな気もいたしますが、そこはあくまで生まれてから成長の段階でご両親や周囲の大人たちの影響で備わった、或いは自分で考えて身に付けた“自然な優しさ”に拘ってみたいと思います。婚活で活かして欲しいとの願いを込めているとご理解いただければと思います。


①さりげない気遣いが出来る


“さりげない気遣い”とは、何かしら気遣ったことを別に分かって欲しいとは思っていません。自分が何かしら役に立ちたいと言う気持ちから出ている行動ですので、殊更にアピールしたり、見返りを期待したり、感謝して欲しいと思うことはありません。自分が気遣ってあげたことで相手が良い気持ちになれば、それが即ち自分の喜びとして感じることが出来てしまうのです。だからこそ、世の男性達はグッとくると言いますか、その欲の無さや奉仕の精神、そして先読みの出来る想像力や賢さに心を打たれて、この女性は安心できる、心を許しても大丈夫だ、女性としても人としても信用できる存在として惹かれてしまうのだと思います。


②優劣をつけず平等に優しい


イケメンやブサイクといった見かけの印象、年齢、性別、肩書き等々、目の前の相手と接する時には決して優劣をつけません。必ずどんな人にでも公平で平等な物言いをします。そもそも人と言う存在が好きなのだと思います。見ず知らずの人であっても、新しい人間関係が何かしらの学びを与えてくれて、お互いの理解が進めば、そこから協力関係や何かしらの発展的なプラス要素を見出すことが出来るかも知れないと言う可能性を、常に信じている純粋な精神を備えているからこその優劣をつけない優しさなのだと思います。


③両親や兄弟との仲が良く友人も多い


自然な優しさを備えた女性は、家庭環境がもたらす影響が大きいと言えると思います。見返りを求めないさりげない気遣いや、周囲を差別せず平等に接する純粋さなどが、自然に身に付き育まれるのは家庭環境が優れているからに他なりません。家族や友人とのすこぶる良い関係の中で、自然に助け合い支え合おうとする優しい豊かな精神力が身に付くのだと思います。将来同じ様な幸せな家庭を育むことができることでしょう。


④丁寧な言葉遣いをする


言葉遣いはとても重要です。これも家庭環境に影響を受けることが多い要素だとは思いますが、終始丁寧な言葉遣いを心掛けていると言いますか、丁寧な言葉遣いが自然と身に付いていると言うことは、これまで良い人間関係に恵まれてきた証拠なのだと思います。ワザと汚い言葉を多用する女性も中には居ますが、大人への反抗心だったり、精神的に大人になりきっていない甘えから生じたものもあると思います。しかし少なくとも表面上丁寧な言葉を使えない女性は、例え豊かな優しさを内に秘めていたとしても、それを相手に示そうとする素直さ、純粋さが抜け落ちてしまっていることは確かだと思います。そこは見極めが必要だと思います。


⑤相手と同じ目線で接する


目の前の相手に優劣を付けず平等に接すると言うことに加えて、自分の姿勢や目線を合わせると言うことは、正に“共感の姿勢”を示して寄り添おうとしていることになります。相手と本音でコミュニケーションを取り合うことで、何かしらプラスになる人間関係を積極的に築こうとする誠意の現れであり、打算や飾り気のない心からの誠意を示す、優しい接し方だと思います。


⑥穏やかで感情が高ぶらない安心感がある


優しい女性はイライラしません。ストレスフルな環境からも遠い存在です。穏やかで感情が高ぶらない心穏やかな女性には、とても居心地の良い安心感を覚えます。まるで母親の愛情に包まれている様な母性を感じるのだと思います。「私は母親じゃないので母性を感じられても困ります」などと眉をしかめずに、目の前の男性にとっての居心地の良い空間を作ってあげてください。男性目線かも知れませんが、それが望まれる優しさと言うことなのだと思います。



<好まれない優しさとは?>


①お節介を売りにしている


相手に興味を持ち過ぎるが故の「お節介焼き」はかなり沢山いると思います。皆さん決して悪気はありません。良かれと思っての行動であることは間違いありません。サービス精神が旺盛なのは“自分らしさ”だと信じているのです。周囲の誰にも分け隔てなくお節介を焼きまくります。好きな相手とくれば、その行動に拍車がかかってしまうのです。ほどほどのところで押さえておくと言う心のブレーキはかかりません。「それは自分で出来るのに...」、「今やろうと思ってたのに...」、お節介を焼かれる身になってみると、イライラが募る思いがします。こんなことが度重なると迷惑を感じる様になってしまうのです。


②承認欲求が強すぎる


“好かれたい”気持ちが先に立ってしまうと、そのためにはどうすれば良いか?!と言う発想にどうしてもなりがちです。そうなってしまうと、「好きだからこれもしてあげたい、あれもしてあげたい...」とめどなく優しさのオンパレード状態になります。それで首尾良く相手が好きになってくれれば、丸く収まると言うものかも知れませんが、相手の心が中々こちらへ向かないとなってくると、「何でこんなに尽くしてあげているのに、好きになってくれないの?」と見返りを期待しても達成できないことに不満な気持ちがよぎってしまいます。相手はそんな貴女の強い承認欲求を感じ取るものです。“好まれない優しさ”となってしまうのです。


③異性限定の優しさ


女性に優しくされて嫌な気持ちになる男性は少ないと思います。しかし、それが男性を引き寄せたいがための手段だとすると、“あざとさ”“したたかさ”が見え隠れしてしまいます。普段の生活で同性の女性への態度と余りにも露骨に違う感じになると、男性だっていい気になってばかりも居られません。「そんなにフェロモン撒き散らして何を考えているの?!」女性からも男性からも引かれてしまいます...。何ごとも計算ずくの行動はメッキが剥がれてしまうと心に止めておくべきだと思います。


④愛嬌のない優しさ


女は愛嬌...昔から良く言われますが、かなり男性目線での評価であることは否定しません。そこは男性に好まれない優しさの話しだと思ってお許しいただきたいと思います。先ずは“笑顔”です。笑顔イコール愛嬌と言えるほど重要です。笑顔がない優しさだと何か裏があるのでは?と疑いたくなってしまうのです。二つには“隙がない”です。何事も完璧な女性は冷い印象を持たれてしまいます。男性は近寄りがたさを感じて引いてしまうのです。三つ目は“素直さがない”です。喜怒哀楽が激しいのも困りものですが、恥ずかしさなのか、真面目過ぎるのか、プライドが邪魔しているのか、感情の起伏を中々表に出そうとしない女性が居ます。そんな状況で何となく優しくされても、恐らく鈍感な男性は気付かずにスルーしてしまうかも知れません。気が付いてもらえれば“ギャップ萌え”も有り得ますが、普段から好きな相手にだけでも素直な自分を出す様にして置きたいものです。



<優しすぎる女性とは?>


一言で言えば「自分をないがしろにして相手に尽くしてしまう女性」だと思います。何故そこまで??と周囲は不思議に思うのですが、本人は優しすぎると言う自覚は全くないのです。そこがまた面倒でもあり、問題だと思う部分でもあるのです。


その心の内を探ってみると、一つには「周囲から嫌われたくない」と無理をしているかも知れません。誰にでも好かれることなど出来る筈がないのに、どうしても嫌われることに対して抵抗感を捨てられないのです。


二つには「当たり前だと思っている」フシがあります。余程家庭環境が素晴らしかったのか、「人には優しく接しなさい」「困っている人が居たら助けてあげなさい」と親に教育されて育ってきたのだと思います。それこそ損得勘定抜きの自然な行動なのです。


三つ目は「自己犠牲の精神が強い」ことだと思います。これも優れた親の教育の賜物か、或いは過去に自分が優しくされたことでの恩返し的な発想の場合もあります。勿論見返りなど求めることもなく、都合良く利用されてしまっても気付かないかも知れません。


四つ目は少し穿った味方になってしまいますが、「相手に必要以上に優しくしておくことで、思いっ切り見返りを期待する」ことです。この場合はどこか不自然な“あざとさ”を感じるものだと思いますが、優しくされたことに対して礼を尽くしたいと言う人間の心理すなわち「返報性の法則」を上手く利用しようとしているのです。


今日も良い一日であります様に。


結婚相談所 BLISS PARTNER(公式HP)

東証プライム上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数8万9千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方” は誰と婚活を始めますか? ‟お見合い婚は至高の恋愛婚!” を合い言葉にしている当相談所代表の塙(はなわ)が必ず最適なパートナーとなって懸命にサポートいたします。さあ貴方も憧れの成婚退会を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000