‟恋愛短命男”の改善方法は?!(後編)


今日は、『‟恋愛短命男”の改善方法は?!(後編)』をお送りします。 



恋愛が長続きしない男性の中で多くの傾向としては、めでたく交際が成立した後の初デートの感触を聞くと「とても良い雰囲気でした。」、「ざっくばらんな会話が出来ました。」、「緊張もせずに楽しい時間を過ごせました。」、「お相手女性も終始笑顔で居てくれました。」等々、良い感想ばかりが聞こえてきます。仲人としては必ず「反省点はどんな事でしたか?」と質問する様にしているのですが、「特に失敗したと思ったことは無かったと思います。」、「次回のデートが楽しみです!」と中々反省点が出て来ることが少ないと感じます。 


そんな時は直ぐに先方の仲人様へ情報共有のコンタクトを入れて、こちらの状況を本人の言葉そのままが伝わる様に工夫しながら、先方の感想も詳しくお聞きする様にしています。こちらからの感触が良すぎる内容であるほど、実は先方から真逆の感想が聞こえてくることが多いのも確かな傾向なのです。何とか二回目のデートに漕ぎつけたとしても、三回目或いは四回目とスムーズに進む事は少なく、また中々考え方や行動を反省して修正できるチャンスをものに出来ないケースがどうしても多くなってしまうのです。 


事程左様に男女が巡り合っても、つくづく人間は複雑な生き物だと思うことが多々ある訳ですが、厳しい現実に真摯に向き合い、その様に恋愛が長続きしないと言う至極残念な男性を何とか克服して一歩も二歩も前進して貰えることを願って、前回に引き続き、何故‟恋愛短命男”になってしまうのかの理由のそれぞれに関して、それを改善するための方法として、リアリティのある優れた解決策を見出して行こうと思います。早速始めましょう。 



<ストイックなマッチョ系だと短命恋愛で終わってしまうことへの改善方法>  


女性に大人気の「細マッチョ男子」とは似て非なる存在、逆に意外にも敬遠されがちな「ムキムキマッチョ男子」ですが、過去ログ「‟恋愛短命男”になってしまう理由とは?!(後編)」でお話しした通リ、幾つかの理由がある中でも‟恋愛短命男”に繋がってしまう三つのポイントについては特に気を付けなければいけません。良かれと思って体を鍛え抜いている婚活男子にとってはとても重要なことですので、必ず実践していただきたい改善方法だと思います。  


一つには、「自分の肉体的な理想を彼女に押し付ける」ことへの改善方法です。ストイックなマッチョ男子はどうしても完璧を求めてしまいがちです。それが自分に対してだけでなく相手に対しての厳格な厳しさとなった場合にはお互いがギスギスした関係になってしまうのです。そんな時には彼女の良いところも悪いところもひっくるめて「ありのままの全てを受け入れる」ことから始めましょう。それは自他共に客観的な視点を持つことです。自己肯定感の強いマッチョ男子は自分は完璧だと自負していますが、彼女からしてみれば決して完璧な存在ではない筈です。その客観的な視点に気付くことが出来れば、彼女の個性を尊重してあげられるでしょうし、傲慢な理想の押し付けは改善されると思います。 


二つには、「自分の筋肉しか興味が無いナルシスト」の傾向が強いことへの改善方法です。マッチョ男子は自分の筋肉に惚れ込んでいて鏡の中の自分は一日中見ていますが、周囲の人間にはまるで興味が無く、彼女の表情や気持ちの変化にも中々気付くことはありません。しかし、改善しなければならないポイントはそこでしょう。子供の頃を思い出してください。良く親や学校の先生から「他人は自分を映す鏡なんですよ!」と言われませんでしたか?!。だから挨拶は笑顔で元気よく、自分の接し方が良ければ相手も気持ち良く答えてくれる、元気の無い不機嫌な顔で挨拶もロクにしなければ、人間関係は上手く行かなくなってしまいます。逆もまた真なりと言ったところです。彼女であれば猶更のことです。表情を良く見て気持ちを汲み取れる様に練習しましょう。その変化に気付くことができたら、相手は自分に何を望んでいるのか、自分は相手のために何をしてあげられるのか、を考える様になるでしょう。相手への気遣いが出来る様になれば相手からも気遣って貰える様になります。ナルシストのデメリットは改善されると思います。 


三つ目は、「テストステロンが高い浮気性」の傾向が強いことへの改善方法です。身体を鍛えるとテストステロンと言う男性ホルモンが増加して、浮気や再婚率が高くなる傾向があると言われ、また結婚後の子育てや子供自身への関心が低くなる影響が出て来てしまうのです。この深刻な状況に成りかねないデメリットを改善する方法は...やはり「本人の自覚と改善しようと言う強い意志」意外には無いと思います。幾ら彼女の怒りに触れて「その時は絶対に浮気しない」とばかりに、彼女に誓約書を書いて約束したり、浮気をしない様にひたすら我慢を心掛けたさせたとしても、本人が本気で改善しようと決意しなければ何の効果もありません。 


浮気防止は非常に難しいとされているのです。しかし、更に可能性を試すと言う意味では、このテストステロンの分泌を抑えることが唯一の方法になるかも知れません。ホルモンにはホルモンで対抗するとすれば、恋人同士の絆を深める「オキシトシン」を活性化すると効果的かも知れません。それにはハグしたり意識的に手を繋いだりする機会を増やすことも大事ですが、私からの提案としては、二人で共通した強い目標を持つことが良いでしょう。一緒に達成することが日々の生活の刺激になり二人の関係が深化し続けることで、浮気は防ぐ事ができるのではないでしょうか。これで‟恋愛短命男”の看板を下ろすことに近付けることが出来ると思います。 



<熱しやすく冷めやすい浪費家だと駄目なことへの改善方法>  


熱しやすく冷めやすいことと浪費家であることは、欲望に忠実と言う点で共通しています。この様な男性は、そもそも恋愛を長続きさせようとは思ってない場合が多く、単に自分に足りないものを部分的に満たしてくれる存在であり、一人の人間の人格をトータルで評価していないのです。この様な性格を持っている男性を根本から改善するのはとても難しいでしょう。しかし中には結婚している人も沢山居る訳ですから、決して無理ではないと思います。ならばどうするか...これも個人的な提案ですが、「敢えて一目惚れしてしまう様な相手を好きにならないこと」だと思います。 


カッと熱くなって好きな気持ちが最高潮に達してしまうから急激に冷めてしまうことになってしまうなら、最初から熱くなる相手を恋愛対象から外してしまえば良いのです。じゃあ誰を好きになれば良いの?と疑問が生まれると思いますが、「自然体で居られる楽な相手を好きになる」ことが最良の方法だと思います。でもそこは自分自身で気持ちをコントロールするのは困難でしょう。だから仲人と二人三脚で相手女性へのターゲットを絞ることをお勧めいたします。これも結婚相談所婚活ならではの一つのあり方だと思います。たぶんこの方法なら‟恋愛短命男”を卒業できると思います。 



<独占欲が強く束縛が激しいプライド男だといけないことへの改善方法> 


彼女を束縛してしまう心理とは「彼女が離れてしまうのでは...」と言う堪えがたい不安、それに「彼女は自分だけのものだから意のままにしても良い」と言う自分勝手な傲慢な気持ちがあるからです。しかもそれでいてプライドが高い場合は、周囲の意見を聞き入れようとはしませんので、あくまで強い愛情の裏返しだと信じて疑いません。こんな不自然なアンバランスな恋愛関係は長続きする筈がありませんから、何とかこうなってしまう状況を改善しなければいけません。 


それには、「彼女をとことん信じてあげる」事だと思います。それが出来たら苦労しないし束縛なんてしないよ...とツッコミが入るかも知れませんが、貴女が束縛する行為を彼女はどう感じているのかを直接聞いて見ることから始めましょう。中々言い辛いかも知れませんが、そこは本音を聞き出して見ることです。恐らく「貴方が私を信頼していないから束縛しようと思うんでしょ?...」そう答える筈です。信頼関係の薄い男女の関係に深い愛情なんて生まれると思いますか?...。そこに気付けたら、次に充分なコミュニケーションを取る様にお互いに心掛けましょう。最初は面倒に感じるかも知れませんが、相手の考えや行動を理解できる様になってくると、そこから安心感が生まれて、やがて信頼感が醸成されていくと思います。そこまで二人の関係が好転してきたら、自分が今まで彼女を独占しようとして束縛してきたことが、どれだけ彼女を困らせてきたかを改めて想像してみましょう。どれだけ彼女を疲弊させ迷惑な好意をしてきたかに愕然とすると思います。そこで彼女へ心からの謝罪が出来るでしょうし、‟恋愛短命男”を卒業することが可能だと思います。 



<昔からの友人が少ないと恋愛が長続きしない場合の改善方法> 


きちんと周囲と意思の疎通を図って、お互いを良く知り、理解し、尊重もし、人間関係を構築できる社会性を持っているのであれば、友人の数の多い少ないは余り関係ないと思います。問題があるとすれば、一人の世界にどっぷりと浸ってしまうタイプです。孤独が好きで、人と話をするのが苦手で、人間関係を面倒で仕方ない、煩わしくて仕方ない、と感じている男性です。そんな男性はせっかくの恋愛を長続きさせるためにの改善方法を実行してみることをお勧めします。 


先ず、「一人では生きて行けないことを理解すること」です。空腹になれば誰かが作った素材で料理したものを食べることで満足感を得られますし、仕事関係や友人関係もゼロではない筈です。次に、「笑顔で楽しい人生を送るには家族や周囲との素晴らしい人間関係が基本になっていること」を再認識するのです。自分一人では成し得ない、想像すらできない世界を人と人とが協力し合うことで無限に広げて行けることに気付くことができれば、一人の世界に浸っている場合ではないと感じるのです。そして、「自分に限りない豊かさ、楽しさ、可能な限りの広い世界をもたらしてくれる周囲の存在を、自ら好きになること」です。二次元では無く、目の前のリアルな彼女との恋愛関係はその基本な訳ですから、その大切さを身を以て知ることが出来るでしょう。そうなれば‟恋愛短命男”では無くなっている筈です。 


<浮気性で自由主義者のモテ男が恋愛短命になってしまう場合の改善方法> 


自由主義者と言えば聞こえは良いですが、要は自制心が足りないか欠如してしまっているかのどちらかだと思います。一見して自由奔放に生きている男性は、変に周囲の空気を読むことも無く、自分だけの価値観で思いのままに決断してフットワークも軽く行動する逞しい存在に映るので、結構女性受けは良く、モテる男性が多い気がいたします。しかし、何と言っても自制心が低いと言う欠点がありますので、例え自分自身のためとは言え我慢や努力をすることは苦手です。 


自制心とは自分の感情をコントロールする精神力の事を言いますから、それが低いと言うことは一生懸命に努力して自分をブラッシュアップしようとは思わないのです。周囲を気にせずに自分勝手に振舞えば組織の中での自分のポジションを確立する事は叶わず、職場では疎まれ、恋愛でも恋人から愛想をつかされてしまうのです。それでも反省をして失敗を次のチャンスへ生かそうとは思いませんので、誰からも信頼を失ってしまう事になります。どうしようもなくなって初めて自制心の欠如した自分に嫌気が差し、とどの詰まりが‟自己嫌悪”に陥ってしまうのです。 


これを改善する方法は、先ず「生活習慣を改めること」です。毎日早寝早起きをし、栄養バランスの取れた健康的な食事を摂り、規則正しい生活習慣を身に付け、一日を余裕を持って行動できる様にしましょう。次に、「毎日の行動記録を付けること」です。きちんと記録に残すことで自分自身への甘えを許さない歯止めになると同時に、実績をしっかりと積み重ねることが出来てやがて良い習慣となって行くのです。  


そして最後に、些細なことからで良いので、「目標を持つこと」です。それこそ、今月は彼女の好きな水族館へ連れて行ってあげよう、この前食べたいって言っていたパンケーキを二人で食べに行こう、二人の生活設計を考えてライフプランを立てて見よう...。自制心を身に付けて計画性を備えることが出来れば、‟恋愛短命男”を見事にクリア出来ることになると思います。彼女との信頼関係が強くなり、成婚退会が見えてくると思います。 


今日も良い一日であります様に。   


結婚相談所 BLISS PARTNER(公式HP)

東証プライム上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数9万1千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方” は誰と婚活を始めますか? ‟お見合い婚は至高の恋愛婚!” を合い言葉にしている当相談所代表の塙(はなわ)が必ず最適なパートナーとなって懸命にサポートいたします。さあ貴方も憧れの成婚退会を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000