‟恋愛短命男”になってしまう理由とは?!(後編)


今日は、『‟恋愛短命男”になってしまう理由とは?!(後編)』をお送りします。 



前回に続いて‟恋愛短命男”の特徴一つ一つについての‟何故”の部分に触れて見ようと思います。今回も過去ログにある「恋愛が長続きしない男性の特徴とは?!(後編)」のそれぞれの項目について理由を探ってみますので、各特徴と対比させながら読み進んで行って下さい。 


良く男性の皆さんからの無料相談でお聞きするのが、「自分にお似合いの相手って見つかるものでしょうか?!」の質問です。10人中6~7人は必ず仰います。男性の皆さんの自己肯定感が比較的低い方が多いことや、今まで様々な形で婚活を経験されてきて現在に至っていること、仕事の忙しさを理由に生涯のパートナー探しに力を入れて来なかったこと、等々がその質問の裏に隠れていることが多いと思います。  


そんな皆さんに、私はいつも決まって申し上げることは「その答えはご自分で見つけなければいけません!決して諦めない強い意志を持って一緒に頑張りましょう!」と言う言葉です。多分そんな質問をするからには、「大丈夫です!必ず相応しい相手を見付けて結婚できますよ!」と言って欲しいのでしょう...でもそんないい加減な詐欺まがいの言葉など口が裂けても言えません。 


それに結婚相談所とは言え、お相手を見つけるのは会員さんご本人ですし、‟果報は自らの手で掴む”と言う主体的な行動こそが幸せを引き寄せるコツなのです。全ての会員さんそれぞれに個性をお持ちです。お見合い相手の人となりを上手く引き出すにはどうしたら良いか、そのお相手に自分らしさを理解して貰うにはどうすれば良いか、二人の出会いをより良い交際に結び付けるにはどうするか、交際を日々充実させ深化させていくにはどうするか、悩みは尽きないものです。  


婚活は真剣な毎日であればそれだけ疑心暗鬼にもなると言うものです。相手から心無い言葉を言われたり、こちらの心情が伝わらなかったり、ほんの些細なくい違いで不安な気持ちを膨らませてしまったり、出会いと別れがすぐ隣り合わせであることも事実です。だからこそ諦めない強固な意思、プラス仲人との二人三脚が必要不可欠になってくるのです。今まで残念ながら‟恋愛短命男”を返上出来なかった男性には必ず理由があるものだと思います。  


何故あの時そう考えてあんな風に行動してしまったのか...いったいそれが相手にどう受け取られ、短い恋愛と言う結果に結びついたのか...そこを謙虚にレビューして見ることが必要です。もう同じ失敗を繰り返さない覚悟を決めて‟諦めない強い意志”を持って成婚と言う目標に確実な一歩を進めるために...早速、丁寧に理由を探して分析を始めましょう。 



<ストイックなマッチョ系だと短命恋愛で終わってしまう理由> 


ストイックなまでに肉体を鍛えあげているマッチョ系男子は、女性にモテたい気持ちもありつつ日々のトレーニングに励んでいるのではないでしょうか?。確かに「細マッチョ男子」がタイプだと言う女性は多いことも事実ではありますが、しかし鍛え抜かれた「ムキムキマッチョ男子」について、総じての評判では意外にも敬遠される傾向にあると言われています。それには幾つかの理由があると思います。中でも次の三つは‟恋愛短命男”になってしまう理由ですので気を付けましょう。 


一つには、「自分の肉体的な理想を彼女に押し付ける」です。ダイエットなども含めて、単に身体を鍛えることに関しての理想を彼女にも求めるレベルなら、何とか我慢もできるかも知れませんが、結婚後の将来について、例えばお互いの仕事や家事や子育てや親戚関係や友人との交際に至るまで、全てを完璧にこなす様な価値観の押し付けを一方的に求めて来る傾向があるのです。他の女性や時には母親と比較する場合もありますので注意が必要です。  


二つには、「自分の筋肉しか興味が無いナルシスト」です。良くボディビルダーの決めポーズの様に、鏡の前で自分の筋肉の付き具合を確認して満足感を味わったりしていると、傍で見ている彼女からは‟ナルシスト男子”と感じられても仕方ないと思います。しかも周囲の目を気にする余り被害妄想になったり、自慢話が多かったりすることも多く、彼女からの褒め言葉が大好物で、だんだん面倒になってきます。  


三つ目は「テストステロンが高い浮気性」です。肉体を鍛えることによって男性ホルモンが増加することは良く言われることです。テストステロンが多い男性ほど複数のパートナーを求める傾向が強く、浮気や再婚率が高いと言われています。更に結婚後の子育てや子供自身への関心の度合いも低くなってしまうそうです。これでは‟恋愛短命男”の看板を下ろすことは難しいと思います。 



<熱しやすく冷めやすい浪費家だと駄目な理由> 


熱しやすく冷めやすいと言うことと、浪費をしてしまう、お金を無計画に有るだけ自由に使ってしまうと言うことは‟欲望に忠実”と言う点で共通しています。思い通りに気の向くままに生きて行きたいと、その通り忠実に振舞っている男性はそもそも恋愛を長続きさせようと思っていない部分があります。彼女をまるでアクセサリーか何かの様にしか思って居らず、自分に足りないものや何かしら欠けている部分を満たしてくれる存在くらいにしか考えていません。 


つまり彼女を個性と人格を備えた一人の人間として、トータルで評価していないのです。それが外見的な魅力なのか、経済的な豊かさなのか、それとも社会的な評価なのかはケースバイケースだと思いますが、相手の彼女がその部分的なメリットを何かしらの理由で失ってしまったとしたら、もう彼女として付き合っている意味を感じなくなってしまうと言う、非常に打算的な考え方で交際を終わらせようとするのです。 


過去に手痛い失恋を経験していて自分を防御する気持ちが強く働いたり、或いは幼少期に肉親の愛情を充分に受けられずに育ってしまったこと等が原因になっている場合もあります。何れにしても‟熱しやすく冷めやすい浪費家”と言う特徴を持った男性が何かしらの自分には無い部分的なメリットだけしか見ようとしない以上、いつまでも‟恋愛短命男”を繰り返してしまうことになると思います。 



<独占欲が強く束縛が激しいプライド男だといけない理由>  


誰かを束縛してしまうと言うことは、かなりのエネルギーと執着心が必要で、そんなに簡単に成し得るものでは無いと思います。「自分だけの彼女だから自由に独占したい...」と我が儘な気持ちを持ったとしても、並大抵の独占欲では一人の人格を備えた彼女を意のままに独り占めできるかどうか、実際はかなり困難なことだと思うのです。ではそのかなりタフなことを実行できてしまうのは、一体どんな理由からなのでしょうか。


彼女を束縛できてしまうほどのパワーと執着心の源は「彼女が離れてしまうのでは...」と言う堪えがたい不安な気持ち、そして「彼女は自分だけのものだから意のままにしても良い...」と言う自分勝手な傲慢な気持ちがあるからだと思います。しかも自分の考えだけが正しくて、周囲からどんな意見をされたとしても一切受け入れない頑固なプライドに裏付けされている行動なのです。強い愛情の裏返しだと信じて疑いません。となれば、そんな不自然なバランスの取れていない恋愛関係が長続きする筈も無く、‟恋愛短命男”から中々卒業することは出来ないと思います。 



<昔からの友人が少ないと恋愛が長続きしない理由>  


この友達が少ないと‟恋愛短命男”になり易いと言うのは正確には少しニュアンスが違うと思います。確かに友達が昔から少ないと言うのは、上手に人間関係を作ったり維持したりすることが不得手だと言うことですから、恋愛下手となっても不思議ではありません。しかし、個人的に私もそんなに友達の人数が多くはありませんし、寧ろ数人しか居ないので少ない方だと思います。でもその友人達との付き合いは何れも‟昔からの親友”と言える間柄で、お互いに無くてはならない人間関係です。それほど視野が狭い自覚もありませんし恋愛が長続きしない感じも無いと思います。  


つまり何を言いたいかですが、きちんと周囲と意思の疎通を図って、お互いを良く知り、理解し、尊重もし、人間関係を構築できる社会性を持っているのであれば、友人の数の多い少ないは余り関係ないと思います。問題があるとすれば、一人の世界にどっぷりと浸ってしまうタイプです。孤独が好きで、人と話をするのが苦手で、人間関係を面倒で仕方ない、煩わしくて仕方ない、と感じている男性です。マンガやゲームなどの二次元の世界に理想郷を求め、リアルな現実の世界から距離を置いてしまうと‟恋愛短命男”になってしまうのは仕方のないことだと思います。 



<浮気性で自由主義者のモテ男が恋愛短命になってしまう理由>


浮気性で自由主義者の男性が、何故浮気するのか?と問われれば、これはズバリ「一人の女性では満足できない」の一言に尽きるのではないでしょうか。そこでもう一度「じゃあ何故、満足できないの?」と問われれば、色々ボロボロと理由が見えてきます。「今の彼女に何かしらの不満を感じている」、「彼女とのマンネリ化した関係に刺激が欲しい」、「男として自分自身の魅力を試したい」、「彼女に浮気された仕返し」、「彼女が忙しくて会って貰えない」等々です。  


しかし、実際に浮気してしまった男性が何故と聞かれた時に最も多く答えるのは、「目の前に魅力的な相手が現れたから」だと言われます。これは最初にも触れた通り、男性の浮気ホルモンと言われる「テストステロン」が関係していると思われますが、いくらその男性ホルモンの分泌が増えて浮気衝動に駆られてしまったとしても、そこは本能だけで生きている動物からかなり進化している人間なのですから、後先を考えて何を一番大事にしなければいけないのかを肝に銘じて、何とか間違いを犯さずに‟恋愛短命男”にならない様に、理性的に行動して欲しいものです。 


今日も良い一日であります様に。   


結婚相談所 BLISS PARTNER(公式HP)

東証プライム上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数8万7千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方” は誰と婚活を始めますか? ‟お見合い婚は至高の恋愛婚!” を合い言葉にしている当相談所代表の塙(はなわ)が必ず最適なパートナーとなって懸命にサポートいたします。さあ貴方も憧れの成婚退会を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000