一つの恋愛を終わらせる見極め方とは?!


今日は、『一つの恋愛を終わらせる見極め方とは?!』をお送りします。 



物事は引き際が肝心と良く言いますが、それは恋愛でも同じことです。長くても短くても、ディープでもライトでも、終わり方、引き際次第で、今までの恋愛が良い思い出になるか、それとも苦い思い出になるかが変わって来ると思います。それに失恋後に自分の気持ちをリセットして次の恋愛へ向かおうと言うモチベーションを高めるのにも、ケジメのつけ方はとても大事なことなのです。 


恋愛の始まりは誰にアドバイスされなくても、目一杯にお洒落をして相手の好みに合わせて気合充分でデートに出掛けると思います。しかし恋愛の終わりが見えて来ると、何となく相手に夢中とは言えなくなり、言い訳をしてはデートをキャンセルしたり、恋愛を諦める理由とタイミングを考える様になるのです。相手への興味が失せてきたら、デートも会話もSNSでのコミュニケーションまで‟おざなり”になってしまいがちです。 


しかし、実はこの別れ際のお互いの関係こそ大切にしなければなりません。今までの真剣だった二人の関係を、今まで本気だった自分自身の気持ちを、価値のある有意義な思い出として記憶に残すことで、お互いの人間性を高め、一歩も二歩も前へ進むことが出来るのです。素晴らしい恋愛経験が人を魅力的にし、人間性に厚みと深みを与え、豊かな感受性を身に付けることができ、結果として次のより良い恋愛に繋げることが可能になるのです。 


恋愛を終わらせると言うことは、次の恋愛を成功させるスタートでもあるのです。大切なケジメのつけ方、終わらせ方、見極め方とは一体どうすれば良いのでしょうか?早速考えて行きましょう。 



<信じることと疑うことのバランス> 


ある女性会員A子さんが真剣交際中のB男さんと喧嘩になり、泣きながら電話してきました。いったい何事かと思いつつも、興奮収まらないA子さんの話を聞きました。事実関係はこうです。 


A子さん:「信じていたのに...B男さんに浮気されました。もう別れます!。」 


私:「いったいどうしたって言うの?」 


A子さん:「昨日のデート中にカフェでランチしていたら、B男さんのスマホが鳴ったんです。B男さんはその場で出ないで、席を立って外に出て中々返って来ませんでした。私、何となく怪しいと感じてB男さんがトイレへ行った隙にスマホの通知チェックしたんです...。そしたら‟あやちゃん”(仮称)から「さっきはありがとうございました❤」とLINE通知が目に入りました。私達、真剣交際しているのに二股掛けられてると不安になって、B男さんにさっきの電話は何だったの?って聞いて見たんです。」 


私:「B男さんは何て答えたの?」 


B男さん:「あ、あれは会社の後輩で、仕事の話だよ。」 


A子さん:「そう、後輩なんだ...仲良いの?どんな方?。」 


B男さん:「どんなって、三年後輩で仕事熱心なヤツだよ。」  


A子さん:「えっ、ヤツって男子なの?!。」  


B男さん:「うん...。今一緒のプロジェクトを進めてるメンバーなんだよ。明日の午前中に予定されている社内コンペのプレゼン内容について不安な所があるからって言う相談の電話だったんだ。」  


A子さん:「休みの日でも仕事の話じゃ気が休まらないわね。」 


B男さん:「プレゼンまで時間が無いから、焦っていたんだろうね。普段はこんなことないんだけど、ハハハ...(汗)。」 


A子さん:「何を慌ててるの?念のため言っておくけど...私が誤解しちゃう様な嘘や隠し事はして欲しくないな...ちゃんと正直に話してくれたら、むやみに怒ったりはしないからね、約束よ!。」 


B男さん:「うん...分かったよ...。実は...三年後輩の仕事熱心なのは本当だけど、男子じゃなくて女子なんだ...誤解されたくなくて、つい男子って言っちゃった...本当にごめんなさい。」 


A子さん:「...」 


私:「むやみに怒らないって言ったんでしょ?」 


A子さん:「いきなり怒ったりはしなかったけど、嘘つかれたショックが消えません。ランチの後で水族館デートの予定だったんですけど、そんな気持ちになれなくて、今日は帰ります、って言って帰ってきてしまいました...。」  


私:「時間を置くのも気持ちを落ち着けるには必要かも知れないけど、あれこれ考えているくらいなら、ちゃんと向き合って話し合った方が良いと思うよ。先ずはその後輩女子のことを彼がどう思っているのかはっきりさせないと、わだかまりが残っちゃうでしょ?。」  


A子さん:「正直に全部話してくれると思いますか?。」 


私:「それは実際に話を聞いて見て判断すれば良いことでしょ?。相手からどれだけ誠意が感じられるか否かで、信じられるか疑いの気持ちが消えないかが決まるんじゃない?。」  


A子さん:「彼の言葉をと言うよりも、彼自身を信じられるかどうかって事ですよね?!。」 


私:「そうだね、彼の話し方や内容に本気度を感じられるか、A子さんへの心遣いや優しさをどれだけ示してくれるかは、面と向かって視線を合わせて話をすれば伝わるものがあると思うよ。」 


A子さん:「私、それで判断できるのかしら...。」 


私:「彼のA子さんへの熱意だけでも心に響くものが感じられたら、あとは少し時間を掛けて様子を見ながら‟信じられること”と‟疑わしいこと”のバランス次第で彼の人格を判断できると思うよ。それが交際を見極めるっていう事なんじゃない?!。とにかく何でも話し合える関係を作ることだね。」  


A子さん:「そうね...今回の件で、お互いに知らないことが沢山あることが分かったわ、もっとコミュニケーションを沢山取る様にしないとだめね。」 


私:「先方の仲人さんとも情報共有して、彼がどんな様子か、仲人さんの意見も含めて聞いて見るね。」  


A子さん:「私はなるべく早めに彼との時間を作って、ちゃんと後輩女子とのことを話してもらうわ。はなさん、色々ありがとう。お陰で気持ちが落ち着きました。また連絡します。」 



<二人の時間の多少より惹かれ合う気持ちの強さ>  


最近はコロナウイルスの影響で、週末ごとのデートを控えたり、定番のスポットへ出掛けることが出来なかったりすることが多くなりましたが、だからと言って全てのカップルが交際を進展できていない訳ではありません。理由は何であれ、障害となる問題が立ちはだかっても、その分余計にあらゆるツールを使ってコミュニケーションを取っているカップルは確実にお互いの信頼関係や愛情を深めることが出来ています。 


気軽に会えない分、頻繁にデートする時間を持てない分、惹かれ合う気持ちは募る一方で、二人のベクトルが同じ方向へ向かって強くなっているのだと思います。ちょうど遠距離恋愛でも上手く行くパターンに似ている気がします。困難な状況が却って二人の関係にプラスに働いているのです。別れ際を見極める大事な要素と言えば、相手への関心の強さが維持できているかどうかでしょう。強い気持ちで惹かれ合う二人はコロナウイルスでさえも乗り越えてくれると思います。 



<相手目線での思い遣りと幸せになろうとする行動>  


思い遣りがある人と言うのを改めて考えて見ますと、「自分の望むことと、相手が望むことが、同じとは限らない」と言うことをちゃんと理解していて、且つ「相手はたぶんこうして欲しいと思っているだろう...」と想像できるのだと思います。必ず「自分ならこう考える」と言う気持ちは取り敢えず横へ置き、相手の立場を尊重して彼(彼女)が望む形を実現できる様にしようとする心持ちなのだと思います。 


しかも無理にそう行動するのではなく、二人の幸せのために自ら望んで相手の気持ちに寄り添うことが‟思い遣り”の素晴らしい感動的なところです。しかもお互いを思い遣る気持ちが自然にできることが二人の恋愛の成就に必要なことだと思います。気持ちが通じ合うとは正にこのことなのです。もし、自分の望むことを捨ててまで、相手の立場に寄り添うことはできないと思うのであれば、それが二人の恋愛を終わらせる見極めのタイミングになると思うのです。 



<二人の将来が描けているか否か>  


結婚相談所へ入る時には、どこの仲人さんも必ずする質問の中に、「いつ、誰と結婚しますか?!」と言う決め台詞があります。これは、「いつか、誰かと結婚したい...」と曖昧な気持ちで婚活を始めて欲しくない、と言うプロの仲人カウンセラーとしての共通した強い願いがあるからだと思います。これまで数多くの成婚体験を共にしてきた豊富な経験から、一番大切なことの一つとして「いつ、誰と結婚する」と言う目標をしっかりと具現化することが大切なことなのです。  


会員の皆さんは、この「いつ、誰と結婚する」の決意をいつも頭の中心に据えて、真剣にお相手探しを頑張っています。お見合いに始まってプレ交際から真剣交際を経て成婚へ至る間に、「いつ、誰と結婚する」のかがよりハッキリと脳裏に描けて来なければなりません。勿論一人では描けませんので、二人で将来を描くことになります。そのために「相性の良し悪し」「物の見方や考え方」「金銭感覚」「食べ物の好み」「家庭像」「ライフスタイル」等々...二人の将来にとって必要なことをお互いの思うままの正直な気持ちで語り合うことが必要であり、充実した時間になるのだと思います。


今日のテーマである、別れ際を見極める大事な要素として考えれば、正にこのプロセスの中で、二人の将来が描けているか否かだと思います。二人の将来が描けそうもない、バラバラで噛み合わない、となれば当然見極めるべきタイミングになると思います。何処がどう噛み合わないのか、解決策はないのかについては、充分に仲人カウンセラーのアドバイスを頼っていただきたいとは思いますが、見極めて先へ進む決断は自らの意思でしなければいけないのです。 



<まとめ> 


一つの恋愛を終わらせる見極め方について色々と考えてきましたが、如何でしたでしょうか?たぶん多くの皆さんも気付いたこととは思いますが、結局は自分次第と言うことなのです。様々な見極め方や判断材料があることは確かですが、何よりも自分がこの恋愛を終わらせようと決断するか、意地を張ったり現実から目を背けたりせずに、客観的に二人の関係を考えた時に、相手を手放すことを良しとするかどうかなのです。  


最初にも言いましたが、恋愛を終わらせると言うことは、次の恋愛を成功させるスタートでもあるのです。終わりだと思えば寂しさや先延ばしにしたい気持ちにもなりますが、次に向かっての始まりだと前向きに思うことができれば、躊躇せずに客観的な判断ができる様になるのではないでしょうか。そこをしっかりと認識した上で、二人にとって恋愛を終わらせることがベターだとあなた自身が理解した時こそが、唯一、恋愛を終わらせる見極め時になるのだと思います。 


今日も良い一日であります様に。   


結婚相談所 BLISS PARTNER(公式HP)

東証プライム上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数8万9千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方” は誰と婚活を始めますか? ‟お見合い婚は至高の恋愛婚!” を合い言葉にしている当相談所代表の塙(はなわ)が必ず最適なパートナーとなって懸命にサポートいたします。さあ貴方も憧れの成婚退会を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000