恋愛に一歩踏み出すには?!(その2)


今日は、『恋愛に一歩踏み出すには?!(その2)』をお送りします。 



何故恋愛に臆病になってしまうのか?と言う深刻な問題を抱えていても、それでも恋愛がしたい、結婚相手に巡り会って家庭を築きたい、そう真剣に考えている皆さんは、恋愛の障害となりうる問題を丁寧に乗り越えて新しい恋愛に積極的に踏み出さなければいけません!。ではそのために何をするか?!昨日は「過去の恋愛を引きずっている」場合について考えて見ました。そこで二日目の今日は、「自分をさらけ出す勇気が無い」場合についての分析と対処法です。 



<さらけ出せない人の特徴> 


自分をさらけ出すことが難しいと感じている人は「自分に自信が無い」か、「相手を信用できない」か、若しくは「プライドの問題」か、それとも「人から嫌われる事が怖い」か、この何れかの場合が多い感じがいたします。ちなみに「敢えてさらけ出さない」のと「努力してもさらけ出せない」のは全く違いますので、問題と認識すべき後者についての分析になります。 


①自分に自信が無い 


「顔やスタイルがコンプレックス」、「ファッションを褒められたことが無い」、「短所ばかりが目に付いてしまう」、「発想がネガティブ」、「周囲からの評価を意識し過ぎる」、「そもそも口下手で会話が苦手」...。なぜ自信が無いのかの理由は様々です。でも、ここに並べたそれぞれに完璧だと言える人ってどれだけいるのでしょうか?これらの要素を全く持ち合わせていない人って居るのでしょうか?...。 


恐らく大多数の人が、「いやいや完璧だなんて言えません!私にも思い当たることがあります。」と言うと思うのです。そこの事実に気付きましょう。完璧でなければいけないなどと思わないことです。自分を過大評価し過ぎると“自惚れ”になりますが、逆に謙虚過ぎるのも“自信喪失”してしまう原因になってしまいます。 


自信を持てない人は、多少悲観的過ぎるにしても自己分析が出来ているとも言えますので、自分を良く理解してくれている友人にサポートして貰っても良いので、何が出来て何が出来ないかを客観的に再評価しましょう。そして少しでも出来た部分を書き出して、自分をちゃんと褒めてあげましょう。“褒める要素”を加えることで、失っていた“自信”を少しづつ取り戻せると思います。 


②相手を信用できない 


人の心は、もろくて直ぐに傷つき易いものだと思います。過去に全幅の信頼を置いていた交際相手から、信じがたい裏切りに遭ったり、酷い仕打ちを受けたりすると、それこそ疑心暗鬼になり、精神的な拠り所を失い、深く傷ついてしまいずっと忘れられずにトラウマになってしまうことがあります。そのショックの影響が大きいほど自分で全てを抱え込み、自責だけを突き詰めて考えしまい、「自分さえ...しなければ」、「あの時...さえ言わなければ」と内向きの後悔を繰り返し、心の奥底に閉じ込めて蓋をしてしまうことが多いのです。 


これを克服する方法は、早く新しい交際相手を見付けて、そのトラウマになった経験を心の奥の扉を開けて、全部残さずに話してしまいましょう。大事なのは自分に都合よく脚色しないことです。事実を口に出して話すことで過去の裏切りや仕打ちと真正面から向き合うことが出来ると思います。「それが出来れば苦労しないよ...」と言う声も聞こえてきそうですが、新しい交際相手との出会いがその力を与えてくれるものなのです!。しかも、全てを聞いてくれた相手が共感の姿勢と、正当な評価を示してくれれば、もう一度信用して見る気持ちが湧いてくると思いますよ。一石二鳥の解決方法です。 


③プライドの問題  


見栄っ張りで自惚れが強く高いプライドの持ち主は、常に自分が主役であり続けたいと思い、自分の弱みを見せることは考えられません。また、誰かに認めて貰いたいと言う「承認欲求」が人一倍強いとも言えます。非の打ち所のない完璧な自分を演じ続けたいタイプの人間は、自分をさらけ出したい衝動に駆られることは少ないかも知れません。しかし、そうであるからこそ、さらけ出したいと思う時は余程のことだとも言えます。  


プライドの高さは自分のコンプレックスの裏返しである場合が多いのです。そこを自分自身で向き合って何がコンプレックスなのかをリストアップしましょう。子供の頃の初恋、初めての失恋、交際相手の浮気、等々...悲しくて悔しい思い出を振り返り、不甲斐なく救いようのない満たされなかったことで生じたコンプレックスの根っ子を突き止めましょう。そして、できれば一つ一つ丁寧に気持ちの整理をして、できればコンプレックスを解消してしまいましょう。そうすることで、必要以上にプライドを高くすることも無くなり、自分の気持ちをさらけ出すことが出来る様になると思います。 


④人から嫌われる事が怖い  


人は孤独を味わうことが極端に怖いと感じる人が居ます。一般的には誰か自分の近くに一番の理解者に居て欲しい、自分を認めて評価してくれる人が居て欲しい、と願うものだと思います。しかし、一方で人間関係が希薄な生活が続いていると、他人との距離感が上手く掴めず、関わり合いが苦手で、なかなか心を許す関係を構築できない人が居ることも確かです。別に裏切られた過去を持ち合わせていなくても、言葉を表面上でしか受け取ることが出来ず、もしかして嫌われているかも知れない??、嫌われたら悪口を言われたり傷付けられたり...やがて裏切られる様なこともあるかも知れない...と疑心暗鬼になってしまう場合があると思います。 


この様な考え方をしてしまう人は、嫌われることさえしない様に周囲と同調していれば希薄でもストレスを感じずに済む安全な人間関係を保てると思いがちです。繊細な心の持ち主で精神的に弱い面があり、人一倍傷つき易いタイプであることが多いのですが、この様な人が自分をさらけ出せる様になる為には、全ての人と上手くやろうと思わない事だと思います。そう思う事で、必要以上に周囲と同調しなければならない気持ちから解放されると思います。“別に嫌われてもいいや”とたかをくくることができれば、不思議と自分の気持ちをさらけ出す障害がなくなってしまいます。そこから新しい交際相手との希薄ではない関係を構築できると思います。 



<さらけ出すメリット>  


「より良い深みのある人間関係を築ける」、「長く安定した交際が出来る」、「何より日常の生活が楽になる」、「自分の思った事を臆することなく言える」、「常に相手の反応に一喜一憂する事が無くなる」、「胸襟を開いた本音の付き合いができる」、「強い信頼関係を構築できる」、「お互いの“ありのまま”を共有できる」、「新たな自分と出会える」...。数え上げればキリが無いほど、沢山の素晴らしいメリットを享受できると思います。自由で開放的で、豊かで深い、信頼と愛情に溢れた人間関係を手に入れて下さい。あとは実行あるのみです。 


今日も良い一日であります様に。  

 

結婚相談所 BLISS PARTNER(公式HP)

東証プライム上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数8万7千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方” は誰と婚活を始めますか? ‟お見合い婚は至高の恋愛婚!” を合い言葉にしている当相談所代表の塙(はなわ)が必ず最適なパートナーとなって懸命にサポートいたします。さあ貴方も憧れの成婚退会を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000