肉食系女子の生態!

今日は、『肉食系女子の生態!』をお送りします。 



“肉食系女子”などと言うと、何か突然牙を剝いて咬みつかれそうな感じもいたしますが…決してそんな意味では無く、一言で言えば「恋愛に積極的な女性」と言うのが正しい表現だと思います。男性が草食化した一方で女性の肉食化が進んできたのかも知れません。とは言え、業を煮やして自ら積極的に行動を起こすようになった“肉食系女子”ですが、男性にとっては中々判別がつき難いのではないでしょうか?。いったいどんな特徴があるのか、その生態を幾つか見て行くことにいたしましょう。  


<チャンスを逃さない>  


別名“恋愛ハンター”とも呼ばれている“肉食系女子”ですが、一度狙った獲物はみすみす逃したりはしません。先ずは“笑顔”で親しげに振舞い、相手が慎重な姿勢を見せる前に、懐にすんなりと入り込んでしまいます。次にムダな競争相手を作らない行動に出ます。そうです、周囲の同性の友人達に自分が好きになったことを宣言してしまうのです。環境がととのったところで、「好きです!」と告白から押しの一手が始まります。当然相手も最初は煮え切らない態度になりますが、“肉食系女子”には想定内です。「じゃあ友達なら良いの?」そう言われてキッパリと拒絶する男性はそう多くはないでしょう。「友達なら…」とOKすると、そこからはあっという間に、「試しに付き合ってみようよ!嫌ならやめればいいんだから…」、とお試し期間へと進む事になります。そうなってしまえば優柔不断だった男性もいつの間にか積極的に変わってしまいます。攻めの姿勢を崩さずに徹底して行動し続けた結果と言えます。 


<女子同士で群れない>  


“肉食系女子”はサッパリした性格なことが多いので同性の友達は沢山いるのですが、自立心が強いので敢えて単独で行動することも嫌いではありません。仕事帰りに立ち寄るホテルのバーカウンターは、“肉食系女子”にとっては獲物を探す“格好の狩猟場”になるのです。自分でしたい様に振舞うことができるので、女子同士で群れて集団行動する意味が無いのです。それに一定のグループには必ず目立つ存在がいるものなので、その分自分が目立ち難くなってしまうことを避けようとする心理も働くのです。“肉食系女子”には一人がお似合いです。 


<“好き”とハッキリ言える>  


子供の頃は男子も女子もお互いに躊躇なく“好き”が言えてしまいます。ところが、大人になって来ると中々口にすることがためらわれる様になってくるのです。しかし、“肉食系女子”は最初から一度くらいフラれても諦めるつもりがないので、素直に正直に“好き”が言えてしまいます。“恋愛ハンター”の面目躍如と言ったところでしょうか…。恋愛経験もある程度豊富な女性が多いので、過去の経験から“好き”のその先に相手がどう反応したとしても臨機応変に対処することができるのです。それに“肉食系女子”は男性が女性からの意外性のある“好き”にめっぽう弱いことを経験的且つ本能的に把握しているのです。 


<簡単には諦めない> 


“肉食系女子”は、むやみやたらと押しまくる訳ではありません。それなりの経験値の裏付けがあって、なお慎重に事を進めているのです。だから、「押せばなんとかなる!」と言う彼女達の信念と行動は確信に満ちた根拠があってのものなのです。だから一度や二度想いを伝えて上手くいかなかったとしても、それは想定内の出来事なので、決して簡単に諦めて次の相手を探そうとはいたしません。手を替え、品を替えて、自分が納得するまで努力と行動を怠る事はありません。  


<自分がどうしたいかで行動する>  


“肉食系女子”は、とにかく自分の気持ちに正直に行動します。いわゆる“空気を読む”とか“周囲に合わせる”とかは全く関係ありません。既婚者だった場合はさすがに諦めることが多いでしょうが、彼女持ちの男性であれば躊躇なくアプローチします。“肉食系女子”に理性がどうのこうのは通用しませんので、“横取り”も厭わず、本能の赴くままに相手を手中にするまで行動し口説き続けると思います。 


<一人の男性に執着しない> 


“肉食系女子”は、むやみやたらと押しまくらない、と書きましたが、彼女達の“恋愛センサー”がNOと言った瞬間に、スパッと気持ちの切り替えができてしまいます。無駄な鉄砲は撃ちません。時間も無駄遣いすることはありません。そんなことをするくらいなら、積極的な行動力を生かして、自分とより相性の良い男性を探す方が何倍も有意義なことだと、良く理解しています。だから、“恋愛センサー”がYESと反応し続ける男性以外は、誰か一人に“執着心”を燃やし、冷静な判断が出来なくなってしまう様な愚かなことはしないのです。 


<勢いだけでなく惜しまずに努力する> 


どうしても自分の気持ちに素直に行動してしまうこともあって、余り深く相手のことを見てないのではないか、軽い気持ちで勢いに任せて努力などしていないのではないか。などと悲観的に見られがちな“肉食系女子”ですが実は逆であることのほうが多い気がいたします。とにかく発想の根っ子は一つで、“狙った男子に好きになって貰うにはどうすれば良いか”しかありません。ファッションや化粧などの外見から仕草や言葉遣い、そして表情に至るまで相手の好みを試行錯誤し尽すのです。だからこそ自信のある行動が取れる様になるのだと思います。そんな“肉食系女子”に“完落ち”してしまう男性も、幸せな存在だといえるのではないでしょうか。 


それでは、今日も良い一日であります様に。  

  

結婚相談所 BLISS PARTNER(公式HP)

東証プライム上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数8万7千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方” は誰と婚活を始めますか? ‟お見合い婚は至高の恋愛婚!” を合い言葉にしている当相談所代表の塙(はなわ)が必ず最適なパートナーとなって懸命にサポートいたします。さあ貴方も憧れの成婚退会を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000