“顔”のはなし(その3)


好き好んで老け顔の人はいません。老け顔である事を苦に思わないのはせいぜい10代後半までではないでしょうか?。社会人になると見た目で新人として見て貰えなかったり、同期との間に壁ができたり異性にモテなかったりとあまりメリットがありませんよね。老け顔の人はどうしても活気がなく見られたり、「やる気がない」などと評される事が多いのです。「女性は年上の男性が好き」いうイメージを持つ男性は少なくないのではないでしょうか?。確かに女性は年上の男性が好きです。しかし、それは精神年齢の話ですよね。中身のしっかりした頼れる男性が好み、という言葉に言い換える事もできます。更に言えば、見た目に関しては若々しければ若々しい程良いという女性が圧倒的に多いのも事実です。老け顔男子は「見た目の割に精神年齢が幼い」と勝手にガッカリされる事もあり、あまり女性にモテるタイプとは言えません。両親の顔を見ていて、年老いた両親と全く同じ顔をしているからこそ「この顔は遺伝だから仕方ない」と諦めていませんか?。あなたの倍以上生きているのですから、両親が年老いて見えるのは当たり前です。比べるならば両親の若かりし日の写真と見比べるべきです。意外にも両親は若々しく素敵な青年や女性だったりします。老け顔は日々の習慣やクセが蓄積されていくもので必ずしも遺伝が原因という訳ではないのです。今日は、「“顔”のはなし(その3)」として「老け顔の特徴(男性編)」について考えてみたいと思います。 


<男性編> 

女性だけではなく、男性でも老け顔に悩んでいる人はいます。社会人ともなれば、童顔でいつまでも新入社員のように見られるよりは、ある程度落ち着いた年齢に見られた方が若手社員や取引に舐められずに済む、という話も聞きます。しかし、それはあくまでも会社の中の話であって、プライベートではやはり老けて見られることを気にしている人は少なくありません。女性の場合はメイクのありなしや肌の様子、また髪型や服装、表情などの全体の雰囲気で老け顔に見られることがほとんどですが、男性で老け顔に見られる人はどのような特徴があるのでしょうか。 


<髪の毛の量>  

男性で老けて見える一番の原因は、やはり髪の毛の量が減っていることです。年齢を経てくると、男性の多くが薄毛に悩み始めます。男性は基本的に女性よりも髪が短く、また毛髪量が少なめなことが多いです。そのため、歳を取り体の細胞機能が衰えてくると、頭皮の状態も悪くなり、髪の一本いっぽんが細くなり、また抜けやすくなります。さらには生えにくくなるため、どんどん薄毛になり悩む人が増えるのです。世の中にはたくさんの育毛剤が出ていますが、それらの大半は頭皮を刺激して髪を生えやすくするというものです。しかし、頭皮の状態は普段の生活習慣と大きく関わりがあるため、どれだけ高くて質の良い育毛剤を使用していても、日頃から不健康に過ごしている人では効果は出にくいです。老化に負けず髪の毛を生やしたいと思うのなら、まずは自分の生活習慣から見直す必要が出てきます。また、髪の毛の量が少ないと、例えどれだけ童顔な顔つきでもやはりある程度老けて見えてしまいます。 


<シミ顔が増えている>  

シミ顔で悩むのは女性のイメージがありますが、最近では男性でもシミ顔が増えており、悩む人も少なくはないようです。特に男性は女性のように日焼け止めを塗ることがないため、若い頃に思い切り日焼けをして楽しんだ人は、ある程度の年齢になってくると、自然と顔にシミがたくさん出来てきてしまいます。また、男性は若い頃に焼けた肌に憧れて自らサロンで日焼けに励む人もいますので、必要以上に紫外線を当てた結果、シミがたくさん出来てしまうこともあるようです。白い肌にシミがたくさんあるのも目立ちますが、褐色の肌にボロボロと黒いシミが目立つのも、老けて見えてしまう原因となります。女性同様に、一度出来たシミは非常に消えにくいため、後になって苦労することになります。 


<おでこのシワ>  

男性は女性に比べると、おでこを出した髪型で過ごすことが多いため、おでこにシワがあると目立ち、老けて見える原因になります。男性の方がおでこにシワが出来やすい理由として、仕事などで集中したり、険しい顔つきをする機会が女性よりも多いため、自然とおでこや眉間にシワが寄り、それが癖になっておでこにあとがついてしまうのです。おでこのシワはある程度年齢を重ねるとついてくるものですが、人によっては若い内についてしまうことがあります。若い内からおでこにシワがあると、どうしても実年齢よりも老けて見られるのは仕方がないかもしれません。 


<顔が不潔> 

老け顔男子は顔が不潔な場合が多いです。朝洗顔をしない、寝起きでそのまま出社してしまう事がありませんか?寝起きの浮腫んだ顔は誰でも実年齢より老けて見えます。さらに寝ていた涎の後や目やに等がついていると更に不潔感が増し、結果的に人の目から見た印象として「身だしなみに気を遣わない老けたイメージ」を与えてしまうのです。元々、脂性肌で皮脂の分泌が多い方は特に不潔な状態にしていると老け顔が悪化していきます。余分な皮脂で毛穴が詰まりニキビになったり、他人の目から見れば不衛生に映ってしまいます。汗でビショビショの人より、皮脂でテカテカの人の方が不衛生に見られてしまいますので、清潔感は常に意識して元より自分が脂性肌だと分かっているなら油取り紙を常備したりしておきたいものです。 


<肌がくすんでいる> 

肌がくすみ、茶色っぽくなっている方も老け顔に見られる事が多いです。これは日焼けとは全く違うものです。男性にはやや分かりにくいかもしれませんが、肌本来の透明感を失った肌は肌色にグレイを混ぜて茶色っぽくしたような印象になります。肌がくすむとクマやほうれい線も浮かびやすくなりますます老け顔に見えてしまいます。 


<顔のたるみと二重アゴ>  

顔の輪郭部分がたるみ、二重アゴになっている男性はどうしても老け顔に見られてしまいます。輪郭がたるんでいると必然的に目元、口元なども重力に従ってたるんできます。目元や口元のハリは若々しく見せるのに重要な部分で、ここがたるんでしまうと印象年齢はグッと上がってしまいます。更に、二重アゴになってしまっているとどうしても顔が大きく見えて太っている印象になります。実際、体重や体脂肪率が高くないのに二重アゴになっている方も少なくありません。肥満の他にも二重アゴには悪習からくるものもあるので注意が必要です。 


<毛穴の開きと黒ずみ>  

毛穴が大きく開いてしまい、頬から顎にかけてたるんだ印象になってしまう事も少なくありません。お笑い芸人のブラックマヨネーズ吉田さんも、元々ニキビ肌で頬の辺りがクレーターの様にボコボコになっていましたよね。段々と人気が出るにつれて改善される様になり、昔と見比べると随分若々しい印象になっています。それ位、肌の状態は老け顔に影響してくるのです。更に何度も再発するニキビを潰し続けるとその部分が黒ずむ事もあります。そういった黒ずみも、老け顔の印象を与えてしまうので注意が必要ですね。 


<ヒゲが濃い>  

これは体質的な物なので仕方無い部分も多いですが、どうしても「ヒゲ=大人の男性」のイメージが強く、あまりにも生えてくる範囲が広すぎたりすると老けて見られてしまう事も少なくありません。ただし、ヒゲに関してはおしゃれなデザインに剃っていればOKだったり、お顔の印象に合っていればプラスの働きをしてくれる場合もあります。近頃は、社会全体でもヒゲを容認する風潮が出来てきて、接客・営業を含まない様な業種だとヒゲを伸ばして楽しんでいるサラリーマンも少なくありませんよね。しかし、無精髭のように好き放題に伸ばしっぱなしはNGです。見た目にも不衛生に見えるし、そこから関連して老け顔になってしまいます。更に、元々凄くヒゲが濃い方だと朝髭剃りをしても退社近くなると青髭が生えてきている、なんて事も少なくありませんよね。これに関しては仕方無い事ですが、退社後に飲み会やデートの約束があるならトイレなどで剃り直して欲しいものです 


<体のたるみ>  

老け顔の印象は何も顔だけで決まる訳ではありません。体のたるみ、特にビール腹のような中年体型になってしまうと、どうしても老けた印象を与えてしまうものです。逆にお爺さんと言われる年齢になっても若々しく活気のある雰囲気の人は大抵背筋がピンと伸びて体が引き締まっている場合が多いです。体のたるみは、そこから姿勢の歪みを産みます。そうすると第一印象がどうしても老けて見えてしまうのです。 


(出典:生活百科、MEN-ZIN、)  

結婚相談所 BLISS PARTNER(公式HP)

東証プライム上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数8万9千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方” は誰と婚活を始めますか? ‟お見合い婚は至高の恋愛婚!” を合い言葉にしている当相談所代表の塙(はなわ)が必ず最適なパートナーとなって懸命にサポートいたします。さあ貴方も憧れの成婚退会を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000