相談所同士の情報共有について


お陰様で、毎日仲人カウンセラーとしての会員サポートをさせていただいています。かなり手前味噌で恐縮ですが、この「仲人型結婚相談所」が一番の結婚への近道だと本当に思っています。それは会員様のために相談所同士が情報共有しながら、トラブルを最小限に防ぎ、少しでも早く収束し、大切なご縁を皆で支えて行こうと言う無言の合意が成されているからだと思います。個人的には「幸せ共同体」と呼ばせていただいています。今日は「相談所同士の情報共有について」をお送りいたします。 


それこそ、既にお見合いの申し込みの段階から、良いお相手を探すのにも横の繋がりを有効活用します。一般的には10人~20人申し込めば1人のお相手とお見合いが成立するのですが、ご本人の希望が厳しい条件だったり、お相手が申し込んでくれるのを、ひたすらお待ちする方だったり、中々お相手と出会えなかったりする場合は、仲人ネットワークを使って「No.〇〇〇〇の28歳女性とお見合いをして下さる男性会員を探しています。年齢は20代~50代と幅広く、条件も特に厳しいものはございません。地域も関東に限らず、お相手次第で積極的にお会いしたいと申しております。心当たりの方は是非よろしくお願いいたします。」などと「情報交換掲示板」などを使用して連絡を取り合い、ご縁のチャンスを広げる様に情報共有しています。 


お見合いが成立すれば、日程の調整に限らず、待ち合わせ場所やお見合い場所の調整などを融通し合ったり、土日の混雑しそうな状況では、お互いの服装や目印になる物の情報を連絡し合ったり、当日も何かのトラブルに備えて常にお互いの仲人が「スマホ待機」していたり、万全の態勢を整えています。お見合いが終了すればお互いの会員と直ぐに連絡を取り、状況を聞き、会員の気持ちを尊重し、交際を成立させられる状況か否かを仲人同士で話し合います。 


プレ交際から真剣交際へと進むにつれて、仲人同士の情報共有も段々と密になって行きます。トラブルになれば、双方とも自社会員を守ろうと必死になることもあります。慣れ合いで出来る仕事では決してありませんので、正しい事をお互い主張することは良いことだと思っています。しかし、全国に加盟店が2,102社(6月末)もあれば、当然様々な方針をお持ちの相談所もあります。お見合いのルールやマナーを良く説明なさらない放任主義の相談所、超過密スケジュールでお見合い日程を組んでしまい初デートを2ヶ月弱も先延ばし提案させる相談所、こちらから積極的に情報共有をお願いしても何故か応じてくれない相談所、会員との定期的な面談は希望がなければ基本的にやらない相談所、連絡ツールでのコミュニケーションが翌日にならないと返信されてこない相談所、等々本当に色々です。中でも特に困ってしまうのが、嘘をつく相談所と他社を陥れようとする相談所、これは困ります。IBJ加盟店は全体で年間婚姻者の3%(1万8千人)を私達で成し遂げよう!。と真面目に取り組んでいるのですが、数は少ないにせよ一部の相談所が気持ちを切り替えてくだされば、建て前と本音を使い分けるといった予防線を張らなくても、性善説で情報共有が自由に且つスムーズに短時間で確実にできる様になり、目標へ近付けるのではと思っています。今日は、この辺で失礼します。

結婚相談所 BLISS PARTNER(公式HP)

東証プライム上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数8万7千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方” は誰と婚活を始めますか? ‟お見合い婚は至高の恋愛婚!” を合い言葉にしている当相談所代表の塙(はなわ)が必ず最適なパートナーとなって懸命にサポートいたします。さあ貴方も憧れの成婚退会を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000