メンヘラ男性の特徴と対策は?!(その3)


一見メンヘラには見えないことも多い“隠れメンヘラ”の男性も結構存在しています。これは厄介です。最初のうちはメンヘラ感を一切表に出さないのですが、恋人関係になった瞬間に、メンヘラである素顔を見せてくるのです。しかし、メンヘラ感というのは完璧に隠すことはできません。“隠れメンヘラ”かどうかをチェックするためにも、「メンヘラ男性」の行動面の特徴を考えて見ましょう。今日は、「メンヘラ男性の特徴と対策は?!(その3)」をお送りしたいと思います。 <メンヘラ男性の行動> ①インドア派 インドアを好むのが「メンヘラ男性」の特徴でもあります。最近では、インドア派で休日は自宅でのんびり過ごすことを公言している若手俳優も多いため、インドア派であることに警戒心を抱く女性は少ないかもしれませんね。けれど、インドア派であることの理由が、家でやりたいことがあるなどではなく、「外に出るのが面倒臭い」とか、「人に会うのが面倒臭い」というものかもしれません。デートもお部屋デートが多いようであれば、ちょっと怪しんだほうがいいかも知れません。 ②連絡がしつこい 朝、昼、晩、寝るまで常に好きな人と繋がっていたいのが「メンヘラ男性」の特徴です。もちろん仕事の連絡がマメなのはいいことですが、空いている時間もいつも誰かとつながっていたい“かまってちゃん”なのです。良く言えば愛情深いのですが、ストレートに言ってしまえば極度の寂しがり屋。「メンヘラ女性」が面倒なのと同じです。返事が少しでも遅くなると、矢継ぎ早にメールが来ます。こちらが仕方なく連絡を入れると、その内容に対して更に聞いてきます。その様なやり取りを何度も何度も繰り返します。相手の都合や予定は考慮してくれず、一方的に送り付けてきます。もし、この様なやり取りの連絡の仕方をしてくる場合は、「メンヘラ男性」の可能性が大きいと思って間違いないと思います。今後の付き合い方を慎重にした方が良いでしょう。また、いつ連絡してもすぐにコンタクトがとれる、そんな男性は、“隠れメンヘラ”な可能性があります。「メンヘラ男性」にとってスマホは必須ツール。常に手にして画面を見つめ、あなたからの連絡を待っているのかも知れません。精神的に不安定であり、自律神経が乱れている「メンヘラ男性」は、生活も不規則であるため、夜遅くまで起きていることも珍しくありません。「もしかしたら寝ているかな?」というような時間に、連絡するとすぐにLINEが既読になり、返信がくる、そんなことが毎回続くようなら、彼は隠れメンヘラかも知れません。 ③頻繁に体調を崩す 「メンヘラ男性」は自律神経が乱れていることが多いため、頻繁に体調を崩します。風邪をひいたり、頭痛がしたりなど、健康そのもので過ごせる日が極端に少ないようであれば、「メンヘラ男性」なのかも知れません。もちろん、ただ身体が弱いだけかも知れませんが、他の「メンヘラ男性」の特徴も当てはまるようであれば、“隠れメンヘラ”である可能性も捨あると思います。 ④友達関係が希薄 異性、同性を問わず、友達が少ない男性は、メンヘラである可能性が高いかもしれません。友達関係を続けている間に、メンヘラの一面が見えてきて、異性には重たいと思われ、同性には面倒臭いと思われ、だんだんと友達が離れていってしまうのです。異性の友達が少ないなら浮気する心配もないし…と最初はメリットに感じられるので見過ごしてしまうこともありますが、極端に異性の知り合いが少ないのも考えものです。それに加えて同性の友達も少ないとなれば要注意が必要かもしれません。彼のメンヘラな性格に、愛想を尽かしてしまったと言うことかも知れません。 ⑤恋愛での駆け引きが異常 恋愛において「メンヘラ男性」は自分が常に上に立ちたいという願望が強すぎるあまりに、見え見えな駆け引きを繰り広げてしまいます。今まで頻繁に連絡を取っていたにもかかわらず、急に連絡の頻度を激変させたり、デートを誘っておいて当日はどこかそっけなかったり。他の女性の影をチラつかせて“やきもちを”焼かせようとします。駆け引きをする理由は自分に自信がないからです。相手に強く思われて有利な立場に立ちたいという心理の表れなのです。これは、意外にもハイスペック男子にありがちな行動でもあります。 ⑥浮気性 「メンヘラ男性」は自己肯定感が低いため、自分を認めてくれる人、褒めてくれる人がいると、つい好意を持ってしまいます。このため、少し「メンヘラ男性」に優しくするような女性がいれば、そちらにふらふらと浮気してしまうのです。メンヘラ男は自分を認めてくれている女性についつい気を引かれがちであり、浮気性であると言えます。 ⑦酒に頼る 「メンヘラ男性」は自分のストレスを自分自身で消化することが苦手です。そのため、少しでもストレスに思うことがあるとすぐにお酒に頼って忘れようとします。また、自分がストレスに苦しんでいることをアピールするために周りに「昨日も深酒をした」などの報告をする場合もあります。そこで思うような反応を得られないと「誰も分かってくれない」と更にお酒に頼って悲しみを忘れようとします。あまりに悪化するとアルコール依存症などになる可能性もあるので、注意が必要です。 ⑧誰かに頼る 「メンヘラ男性」は周囲の人の助けをいつも当てにしています。何か困ったことが起きても自分で解決策を考えずにすぐに周りに頼るのが特徴です。ただし「メンヘラ男性」にとって周りの都合は関係ありません。それどころか、「メンヘラ男性」よりも忙しい周りが援助を断った時には、まるで大きな裏切りが生じたかのように大声で文句を言います。何度も助けを当てにされてしまう場合は、「メンヘラ男性」に批判されるのを覚悟で断る勇気が必要です。 ⑨文句を言う 「メンヘラ男性」は、自分自身の責任で失敗しても周囲の人々や環境が悪いと考えます。そのため、何かが起きた時にすぐ文句を言って自分自身に責任がないことを周りにアピールします。通常の大人であれば、男性も女性も公の場で簡単に文句を口に出すことはしません。しかしながら、「メンヘラ男性」は周囲の目を気にせずにすぐに文句を言い出します。ただし、文句を言うだけでその不満を解消するために自分で建設的な行動を計画することはほぼないのも特徴です。更に、自分自身の中の焦燥感を上手く処理できない「メンヘラ男性」は、不機嫌になると外部に発散することで消化しようとします。特に男性は力も強いため暴力的になることも多いようです。暴力をふるう対象は、同年代の男性や女性だけではありません。時には自分より圧倒的に力が弱い年配の人や、子供、動物などに暴力をふるうこともあります。「メンヘラ男性」が暴力を振るい始めたら、早々に逃げるか数人で抑えて止める必要があります。 ⑩LINEがやたらに長文 LINEの主な使い方として、スタンプや短文をテンポよくやりとりするというものがあります。ただし、「メンヘラ男性」は誰かに自分のことを知ってほしいのでスクロールが必要になるほどの長文を送ってくることも珍しくありません。その内容は基本的に、自分語りです。今日食べたものや見たもの、行きたい場所などをあなたの都合を考えずにたくさん送ってきます。返信に困ってしまう内容ですが、既読をつけずに長い間放置していると「メンヘラ男性」から急に電話がかかってくることもあります。「メンヘラ男性」は基本的に相手の都合を考えないので、返信を待たずにLINEをどんどん送ってくることも珍しくはありません。「なんで返信くれないの?」という返信の催促の場合もあれば、全く話題の流れを読まずに「今日はこれを食べた」や「明日の仕事に行きたくない」など日記のような内容を送ってくる場合もあります。あなたが仕事を終えてスマホを見た時、LINEの未読通知がたくさん溜まっていても大半は「メンヘラ男性」からの連絡の可能性もあるので気を付けて下さい。 以上、「メンヘラ男性の特徴と対策は?!(その3)」として、「メンヘラ男性」の行動面の特徴を考えて見ました。今日は、この辺で失礼します。 (出典:Spicomi、POUCHS♥、Smartlog、Clover、)  

結婚相談所 BLISS PARTNER(公式HP)

東証プライム上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数9万1千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方” は誰と婚活を始めますか? ‟お見合い婚は至高の恋愛婚!” を合い言葉にしている当相談所代表の塙(はなわ)が必ず最適なパートナーとなって懸命にサポートいたします。さあ貴方も憧れの成婚退会を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000