お見合い結果を分析してみる!


お見合い当日は、ご本人も期待と緊張でワクワクドキドキの連続だと思いますが、私達仲人にとっても気がかりな一日をソワソワオロオロと祈る気持ちで過ごしています。「待ち合わせには間に合ったかな?」「迷わずお会いできたかな?」「きちんと挨拶できたかな?」「第一印象はどうだったかな?」「雰囲気づくりはできているか?」「会話のキャッチボールになっているか?」「お相手への気遣いはできているか?」「時間を持て余したりしていないか?」「次に繋がる会話はできたか?」「終了時間を守れたか?」「名残惜しい感じが残ったか?」…。心配は尽きません!。でも終了時間を過ぎた頃からは不思議と気持ちが落ち着いてきます。多分、何事もトラブルがなくお見合いを済ませることができた安心感が一番大きいとは思いますが、どんな結果でもできるだけ次に繋げられるサポートをしたいと気を引き締めなければならないので、平常心を保とうとする気持ちが働くのだと思います。今日は「お見合い結果を分析してみる!」と言うテーマでお送りいたします!。 


<報告が届くまでの時間>  

お見合いが終わってどの位の時間で報告の電話をいただけるかで、何となくその日の結果が予想できてしまう感じがいたします。経験値と言うのは不思議なものです。 

 ①終了後1時間から3時間  

「予想してた通りの素晴らしいお相手でした。初デートの場所も約束しちゃいました!!。」 

「お会いする前は、正直今一つ気持ちが乗らなかったのですが、お会いしてみたら良い印象しか残りませんでした!。」 

「最初、自分の好きなタイプとは全然違うと思ったのですが、何か共感できるポイントが似てる感じがして、もう一度会ってみたくなりました!。」 

これらの感想の様に、大満足な内容ばかりが目立ちます。当然、「積極的にプレ交際希望」となります。 


 ②自宅へ帰ってから当日中の場合 

「今一つピンとくるものがありませんでした。最初はこんなものかとも思うので、もう一度だけお会いしてみようか悩んでいます…。」  

「お見合いに慣れていないと仰ってましたが、かなり緊張されていて、うわべだけの会話になってしまいました。特に嫌な感じはしなかったのですが、自然なお付き合いができるか不安に思いました…。」  

「雰囲気も明るくて、頭の良い方だなと思いましたが、マイペースな感じで話題が飛ぶので、正直疲れました…。」  

これらの感想の様に、プラス評価とマイナス評価が混在します。本人曰く、「感想は微妙…プレ交際は消極的」となります。 


 ③当日遅くから翌日の場合  

「話を全然聞いて貰えませんでした。笑顔で相槌を打つのが苦痛でした。」 

「待ち合わせ時間ギリギリで急いだせいか、汗と何かが混ざった様な変なニオイがしました。もうお会いしたくはありません。」 

「お相手の方が勝手に盛り上がって、私に顔を近づけてくるので、唾が飛んでこないか心配で、何を話したか全然覚えていません…。」  

これらの感想の様に、まるでお見合いした事を後悔するかの如く、マイナス評価ばかりが目立ちます。当然、「ほとんどお断りモード」となります。 


<それぞれの対応の仕方>  

前項では振り返り内容の印象的な部分だけを上げましたが、実際は会員の皆様には、「良かった点」「気になる点」「自分の反省点」「次に繋がる話ができたか」の4つの観点からお見合い当日の報告をいただく様に徹底しています。電話の場合でも、先ずはスマホのメモ帳アプリでも良いので、文字にして落ち着いて考えをまとめてからにして貰っています。何故かと言うと、お見合い終了直後はお相手のペースにはまっていたり、時間を少し置いて自分を平常心に戻すことで、ようやく理性的に振り返ることができると感じているからです。 

 ①積極的にプレ交際希望 

4つの振り返りポイントをとにかく考えられる限り沢山列記してもらいます。そのエッセンスを先方仲人様へお送りし、お相手からの返事をお待ちいたします。交際成立の場合はプレ交際へ向けての大切な面談材料になりますし、残念な結果に終わってしまった場合も、お相手仲人様からの情報と照らし合わせながら、近日中にリアリティのある反省会ができる様になります!。 


 ②感想は微妙…プレ交際は消極的 

「良かった点」「気になる点」「自分の反省点」「次に繋がる話ができたか」の4つの振り返りポイント全ての印象が薄い表現になります。先ずは、それぞれの振り返り内容を一緒にチェックしながら、頭に「なぜ」をつけて分析してみます。すると、お相手の心理もひも解くことが出来てきて、何となく薄かった印象が、全てではなくても、幾つかは腑に落ちることもあります。すると、「もう一度会ってから結論を出しても遅くはないかも?!」と思い始めます。次に考える事は一つです!。それは、昨日のブログで重要だとお話しした、本人にとっての「譲れない条件」を満たしていたかどうかに立ち返ることです!。お会いする前は満たしていると評価していた訳ですから、実際お会いしてどうだったかを再確認することが重要なのです!。もし、やはり条件を満たしていた場合は迷わず「もう一度お会いしてみませんか?」とプレ交際を勧めます。逆に実際にお会いして見たら残念ながら条件を満たしているとは思えなかったと言う場合は、ご本人の判断にお任せするようにしています。ここまで一緒にやってみるとプレ交際へ一歩進む確率がかなり上がってくると思います!。 


 ③ほとんどお断りモード 

4つの振り返りポイントの中で、当然ながら「気になる点」がやたらに多くなる場合が殆どです。しかし、この経験を ‟生きた教科書”にするためには、全てをお相手の責任=「他責」にしてしまってはいけません!。一つでも二つでも思い出しながら「自分の反省点」を少しづつ列記して貰う様にして、例えほんの些細なことだとしても、実は「自責」の部分もあったと気付いてもらい、次の機会に生かせるように ‟どうすべきだったか” の答えを一緒に導き出しておくのです!。勿論、お相手の仲人様へは謹んで「お断り」のご連絡をいれさせていただくことになります。もし、お相手の感想もお聞きできた場合は、本人にフィードバックすることも「自責」を振り返る意味では大切なことだと思います。 


<まとめ> 

今日の「お見合い結果を分析してみる!」は如何でしたでしょうか?。お見合いは上手く成功するに越した事はありませんが、残念な結果も成功と同じくらい、いやそれ以上に重要な‟次に繋がる生きた教科書” になるのです!。何度お見合いに失敗しようが、プレ交際に失敗しようが、くよくよしている暇は有りません!。入会時に立てた成婚目標へ向けて、一緒にPDCAを回しながら、ただひたすら前進するのみなのです!。今日は、この辺で失礼します。

結婚相談所 BLISS PARTNER(公式HP)

東証プライム上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数8万7千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方” は誰と婚活を始めますか? ‟お見合い婚は至高の恋愛婚!” を合い言葉にしている当相談所代表の塙(はなわ)が必ず最適なパートナーとなって懸命にサポートいたします。さあ貴方も憧れの成婚退会を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000