男の嫉妬vs女の嫉妬


「嫉妬」とは「自分の愛している者が自分以外の誰かに愛情を向けた場合に、羨ましくて、悔しくて、憎らしいと思う事」だと言い換えることができます。しかも一口に「嫉妬」と言っても、男性と女性とでは感情や行動に違いが出ます。その違いを理解しておかないと思わぬ「悲劇」を生んでしまいます。とても興味深い両者の「特徴」について考えます。 


<嫉妬で燃え上がるか冷めるか>  

好きな相手を振り向かせたいと思うのは男女共通の感情ですが、相手がワザと「嫉妬」する様に振舞うのは女性だけの特徴だと思います。女性は「嫉妬」するとそれだけ相手を好きな証拠だと余計に熱を上げますが、男性は他の男と親しくする彼女に「嫉妬」しても逆効果で、気持ちが自分だけに向いてないと悟り、却って熱が冷めてしまい、不安に思い、信用もしなくなることがあります。女性はそこの心理を良く理解しておくべきです。彼氏に「嫉妬」させようなどリスク以外の何物でもありません。 


<言葉に出すか出さないか> 

男性は嫉妬心を見せることが恥ずかしいと思っている事が多く、言葉に出さずにイライラしている場合が多くなります。対して、女性は嫉妬心が生まれたときに何かしら言葉にしようとするのですが、時にまわりくどい表現になり、男性が嫉妬心に気付かない場合「何で私の気持ちがわからないの!」と怒りの導火線に火をつけてしまいます。(出典:マイナビウーマン) 


<感情的になるか凹むか>  

男性の嫉妬心は怒りの形で感情が出てきやすいと言えます。自信を失い束縛が強くなり、暴力的になってしまう場合があります。対して、女性は嫉妬すると怒りの気持ちにもなりますが凹むことも多いです。「自分はなんて嫉妬深いんだ」、「こんなにダメなんだ」と言うように気持ちが沈んでいくことも特徴です。(出典:マイナビウーマン) 


<怒りの感情が誰に向くか> 

男性は恋人に浮気された場合、彼女の浮気相手ではなく、彼女に直接怒りの気持ちを向けることが多くなります。対して、女性が浮気された場合、浮気をした男性本人よりも、彼が浮気した相手の女性を恨む傾向があります。女性の浮気よりも男性の浮気のほうが元の鞘に戻りやすいのは、恨みの方向が相手の女性に向かうからと言えます。(出典:マイナビウーマン) 


<女性の嫉妬はアピール>  

女性の嫉妬は「アピール」と言えます。男性の関心を買うために嫉妬することが多くなります。男性の責任感に訴え、「私のことを、もっと考えて!」と主張しているのです。性的欲求の強い男性の浮気を抑制するための、ある種の本能とも言えます。女性は、自分が独り占めしている愛情を他人に奪われるかもしれない不安やプライドから、他の女性に競争心を示すのです。理想が高く、見栄や体裁にこだわる女性ほど嫉妬しやすい、とも言われます。(出典:LAURIER PRESS) 


<男性の嫉妬はコンプレックス>  

男性が恋愛で嫉妬をする際は、主に「コンプレックス」が原因です。嫉妬深い男性は、「彼女の周りには、自分よりイイ男がいるはずだ」「アイツは自分より収入がいいに違いない」といった想像を勝手に膨らませ、悶々と抱え込む傾向があるそうです。女性が男性を選ぶ際には、必ずしも男性の“能力の優劣”だけで心を決めているわけではないのですが、男性は、恋人女性の周りにいる男性たちの“スペック”が自分より勝るか劣るかを気にしがちです。能力主義の男性らしい考え方なのかもしれません。(出典:LAURIER PRESS) 


<まとめ> 

女性は少なからず、「嫉妬」も恋愛におけるスパイスだと考えています。「嫉妬」したり、されたりすることで、より二人の愛を深められると思っているのです。しかしこの感情は男性にはありません。愛が深まるどころか疑心暗鬼にさせてしまい、男性にとってはマイナスなことだらけです。わざわざ女性が、嫉妬させることを考えるのは、二人の仲を悪くさせようと考えるのと変わりません。恋愛を成就する一番の近道は、駆け引きなどせずに本気で相手に向き合うに限ります!。(出典:KOIMEMO) 今日は、この辺で失礼します。

結婚相談所 BLISS PARTNER(公式HP)

東証プライム上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数8万9千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方” は誰と婚活を始めますか? ‟お見合い婚は至高の恋愛婚!” を合い言葉にしている当相談所代表の塙(はなわ)が必ず最適なパートナーとなって懸命にサポートいたします。さあ貴方も憧れの成婚退会を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000