偽客、勧誘、結婚詐欺をどう見破る?!


昨日「DV予備軍をどう見極める?!」の内容に関してはご興味をいただき、無料相談へのご相談が何人かございましたので、今回は他にリスクとして有りがちな偽客、勧誘、結婚詐欺について書いてみたいと思います。前回同様の長文になります事をご容赦ください。 先ず「偽客」はいわゆる「仕込み客」のことですが、俗に「サクラ」の宛て字です。何故「仕込み客」を「偽客(サクラ)」と呼ぶのかは所説あるそうですが、Wiki情報で代表的なのは、江戸時代に芝居小屋を無料で見る代わりに役者に掛声をかけてその場を意図的に盛り上げることが、桜の花見客はそもそもタダ見なことと、桜の花がパッと咲いて直ぐに散ってしまうことになぞらえた、と言う説があるそうです。現代のステマ(ステルスマーケティング)手法の一種とでも言えるのかも知れませんね。ファーストフード店の新規オープンや新メニューのキャンペーンで長い行列ができる様子がニュースになるのも、いささか疑いたくなる時があります。しかし、婚活リスクと言う観点でこの偽客(サクラ)を考えますと、これはかなり罪深い話になります。でも残念ながら業者側の集客や運営に関する企業倫理に依るところが大きいのも事実なのです。 次に「勧誘」ですが、これには大きく分けて5つあるかと思います。①連鎖販売取引(MLM/ネットワークビジネス/マルチ商法)、②ネズミ講(無限連鎖講)、③宗教、④保険、⑤ナンパ&キャバクラ&ホスト、等でしょうか。それぞれの仕組みや違法性の有無などの詳細に関しては、ひたすら長くなってしまいますので皆さんでググって下さいね。何れにしましても業態に於ける差は色々とありますが、要は「勧誘」と言う点で見れば同じことです。出会いの目的が決して真剣な恋愛や結婚を望んでいるものではない訳ですから、正に婚活のリスクになってしまいます!。 そして、もう一つ挙げておかなければいけないのが「結婚詐欺」です。刑事事件弁護士ナビ(ttps://keiji-pro.com/columns/185/)に拠りますと、これには概ね二つのパターンがあるそうです。男の詐欺師は金持ちで優しく好感度の高い理想の人物を装い、相手には「運命の相手」と思わせて信じ込ませることで、結婚後の明るい未来を妄想させて金品を手中にするのです。恋愛経験のあまり無い初心(うぶ)な女性を狙うのも特徴だそうです。それに対して女の詐欺師は貧乏で可哀そうな人物を装い相手には「何でも願いを聞いてあげたい。守ってあげたい。自分がいなければ彼女は生きていけない。」とまで思わせることで、結婚後の控えめな大和撫子との幸せな家庭を想像させて金品を手中にするのです。更に同ナビで紹介されている、この種の詐欺被害に遭いやすい人の特徴を挙げてみますと...。 <男性被害者に多いタイプ> ①お金に困っている女性に対し、「自分がなんとかしなくては」と言う意識の強い人。 ②結婚適齢期から遠ざかりつつあると自覚している40代後半の方。 ③女性から結婚を持ちかけられたら虎の子の貯金を援助してしまう優しいお人よし。 <女性被害者に多いタイプ> ①お金を持っている人、ステータスが高い人。 ②仕事一筋で生きてきて、結婚の時期が遅れていることを切実に悩んでいる人。 ③キャリアウーマンタイプだが、信頼する異性がそばにおらず心の隙間を感じている人。 となるそうです。 正に婚活をする上でのトンデモないリスクだと認識しなければなりません。では一体どうすれば良いのでしょう。私も法的に公開されている情報も含めて色々と時間をかけて調べてもみましたが、ハッキリ言って自己防衛するしかありません!。となれば最後に、これら「偽客(サクラ)」、「勧誘」、「結婚詐欺」を見破ってリスク排除するポイントを考えて見ましょう。その方法とは、第一に「手軽に利用できるサービスに頼らない。」だと思います。様々な業態別に婚活情報サービスを良く調べて、直接話を聞き、メリットだけでなくデメリットもしっかりと把握することが必要です。結婚はお手軽でもお安く済ませるべきものでもありません。自分自身の意識改革を含めて、人生で最も重要なイベントだと覚悟しなければいけないのです。第二には「必ずお相手の詳細なプロフィール情報の確認を取ってからお付き合いする。」です。プロフィールを丁寧に詳細に触れ、読むお相手の立場で必要なことを端的に誠実に表現できているか否かだけでも、その人となりが偲ばれるものです。プロフィール以外にも住民票、独身証明書、運転免許証やパスポート等の写真付き身分証明書、卒業証明書、源泉徴収票や確定申告書等の収入証明書、社員証や健康保険証等の在職証明、等々の婚活リスクを完全には排除できないまでも、低減するのに役立つ証となるものは沢山ありますので、それらを入会の条件として提出し、身元保証に少しでも確実な体制を取っている業態を選ぶことだと思います。そして第三には「良き相談相手、信頼できる婚活のパートナーに寄り添い見守ってもらう。」のが一番のリスクヘッジ、最後の砦になると思います。会員と多くの時間を面談しながら、仕事上のこと、プライベートのこと、過去から現在への経験、そして将来への夢や計画、物の見方や考え方、性格や価値観、様々な角度から少しでも多くの情報を持っているパートナーに伴奏者になってもらうことが、お相手への不安を少なくして、結婚を前提の恋、琴線に触れる出会いを実現し、果報は自らの手で掴む主体的な婚活を成功させて「成婚」の二文字を手中にする近道になるのではないでしょうか。今日は、この辺で失礼します。

結婚相談所 BLISS PARTNER(公式HP)

東証プライム上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数8万7千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方” は誰と婚活を始めますか? ‟お見合い婚は至高の恋愛婚!” を合い言葉にしている当相談所代表の塙(はなわ)が必ず最適なパートナーとなって懸命にサポートいたします。さあ貴方も憧れの成婚退会を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000