体調を気遣う言葉は相手の心に響きます!


今日は、『体調を気遣う言葉は相手の心に響きます!』をお送りします。



「体調を崩していると伺いとても心配しています。どうぞ充分に静養なさってください。返信には及びませんが、必要な時は何でも言ってくださいね!。取り急ぎお見舞い申し上げます。」簡単なメッセージですが、熱を出して寝込んでいる時に、こんなメールを貰ったら嬉しくて、心暖まる気持ちになると思います。 


どんな人でも具合が悪い時は、心も弱って寂しさや心細さを感じているものです。家族が傍に居てくれれば問題なく看病をして貰えるでしょうが、一人暮らしの場合は“孤独”を一番感じる状況になると思います。心の底から誰かに頼りたい気持ち、誰かと繋がっていたい気持ちになるものなのです。  


それこそ普段風邪など引いたこともない丈夫な人ほど、高熱でうなされようものなら、まるで“この世の終わり”に等しいくらい、不安な心持ちに陥ってしまうことでしょう。そんな孤独感に苛まれている時に誰かから優しさに溢れたメッセージが届いたら、“嬉しい”の一言では表現できない、心に沁みる慈愛に満ちた一言となるでしょう。  


最悪の状況でも誰かと繋がっている、誰かが心配してくれている、決して一人ではない、と言うシチュエーションが生じることで、つい先程までの“この世の終わり的な孤独感”から解放され、体の中から元気が湧いてくる気持ちになるのではないでしょうか?。それが交際中のお相手だったら尚更のことだと思うのです。 


人は弱っている時ほど正直で、ナーバスで、感受性が高くなる生き物です。ちょっとした事が、心の奥底に沁みる効果が生じると言っても過言ではありません。つまり送り手にも配慮が必要になります。どうせ送るなら、相手を気遣う気持ちがストレスなく伝わり、元気付けてあげられる効果的な内容でありたいものです。それには少しばかりのポイントがあると思います。 


①疑問形は控える

 

「大丈夫ですか?」「熱は出てませんか?」「辛くないですか?」「何か欲しい物はありますか?」「お医者さんへ行きましたか?」「薬は飲んでますか?」「食欲はありますか?」…。ついつい心配のあまりに色々と聞いてしまいがちですが、相手は病人なのですから、いちいち答えなければいけない様なメッセージは控えましょう。  


②短い文章にまとめる

 

高熱で苦しんでいる時に、長々とした文章を送られても、読むのが辛い状況だと思います。そこは簡単な表現で気遣ってあげるだけで良いのです。 


③「返信しなくて良いですよ」を添える

 

いくら病気の時とは言え、相手から自分を気遣ってくれるメッセージを貰えば、それが有難く思えば思うほど、“返信しなければ…”と言う気持ちになってしまうものです。具合の悪い相手に余計な気遣いをさせないためにも、「返信しなくて良いですよ」の一言を添えてあげましょう。それが“優しい気遣い”と言うものだと思います。 


④何度も送らない 


返事が来ないからと言って、手を変え品を変え何度も送るのは、ルール違反です。体調を気遣うどころか、“独り善がりのイジメ”になってしまいます。気を付けましょう。 


⑤相手への好意をほんの少し添える

 

“好きです”とかの直接的な表現は絶対にNGです。 “とても心配しています”“元気な笑顔が見たいです”とかの様に、本気で体調を気遣う優しさが込められている方が、ストレスなく心に響くと思います。 病気で体調を崩しているお相手にメッセージを送る際のポイントを挙げて見ましたが、如何でしたでしょうか?。実は、送る相手が男性か女性かでも注意が必要です。女性の場合は体調が悪い時こそ誰かを身近に感じていたい、と思うものですが、男性の場合はそっとしておいて欲しいと思う人が多いと言うことです。そこは、ケースバイケースなこともありますから、普段から聞いたり良く観察しておく必要があると思います。 


それでは、今日も良い一日であります様に。   


結婚相談所 BLISS PARTNER(公式HP)

東証プライム上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数8万7千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方” は誰と婚活を始めますか? ‟お見合い婚は至高の恋愛婚!” を合い言葉にしている当相談所代表の塙(はなわ)が必ず最適なパートナーとなって懸命にサポートいたします。さあ貴方も憧れの成婚退会を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000