アラフィフ男子婚活を成功させるには?!


相談所も色々、会員も色々、仲人も色々です…。日々の活動を通して、“心に移りゆくよしなし事” を気の向くままに(気が向いたときに...)少しづつお話しして見たいと思います。 


今日は、『アラフィフ男子婚活を成功させるには?!』をお送りします。 


平成30年に内閣府が出した「少子化社会対策白書」によれば、18~34歳の未婚者の中で、「いつか結婚するつもり…」と回答した男性は85.7%、女性は89.3%に上りました。つまり、10人中9人は“結婚したい”と思っている訳です。しかも、この数字は30年前から余り変わっていないのです…。  


しかし、2015年版総務省の国勢調査では、例えば、30~34歳では、男性はおよそ2人に1人(47.1%)、女性はおよそ3人に1人(34.6%)が未婚で、35~39歳では、男性はおよそ3人に1人(35.0%)、女性はおよそ4人に1人(23.9%)が未婚となっているのです。いつの間にか、様々な理由で“結婚したい”気持ちを実現できていないのだと思います。 


しかも、先ほどの「少子化社会対策白書」によると、2015年での「50歳時点の未婚率(生涯未婚率)」は、男性で23.4%、女性で14.1%となっています。ちなみに、国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、この生涯未婚率は女性も緩やかながら上昇を続け、2040年頃には18.7%まで上昇する可能性が高いとのことです。男性はその1.5倍以上の29.5%だそうですから、“生涯お一人様”の人生も普通という現実が近いかも知れません。 


いやいやいやいや…。そうじゃなくて…。結婚したいと思っているのに、何故か結婚出来ていないのは、いったいどう言うことなのでしょうか?。理由は千差万別、一人ひとりみんな違うのかも知れません…。でも、大事なのは、今でも「実は結婚したい!」と言う思いが強いのかどうかです!。  


約9割の人が結婚したい願望を持っていることが本当ならば、実際に結婚できていないと言う現実とのギャップを埋められるのかも知れません!。諦めなければ、必ずお相手は見つかる!。そう信じて行動あるのみだと思います。 


<アラフィフ男性が注意すべきこと> 

①親との同居 

アラフィフで親との同居となると、「介護同居」or「パラサイト同居」だと思います。特に後者の場合は、「自立せよ!」としか言えません…。前者の場合は、“親孝行な息子”と言うことですから、現実としてお相手が望む環境ではないと思いますが、そこを逆に評価してくれる様なお相手を探せば良いだけのことです。 


②自己分析ができない 

男性は、幾つになっても子供の様な心を持ち続けている…と言う部分があるのは良くあることだとは思います。しかし、少なくとも豊富な社会経験を積んでいる訳ですから、自分自身を客観的に評価できないアラフィフ男性は、実にただイタイだけの存在でしかないと思います。 


③一人の時間が大好き 

アラフィフ独身男性に一番多いと個人的に思うのが、まさしくこのタイプだと思います。休みの日は一日中寝ていたい、自宅で何もせずボーッと過ごすことが、何よりの楽しみだと本気で思っているのです。このタイプは結婚する事で自由な時間を奪われてしまうと言う心配が未だにつきまとってしまうのです。でもこのまま一人では寂しいとも思っていて、そこの自己矛盾をどうにかしない事には、お相手を本気で探すことなど出来やしないでしょう…。 


<結婚するメリット> 


①老後の心配が減る 

実の親や親類縁者、そして友人達との別れを経験して“孤独”を感じることになっても、結婚すれば、少なくとも“一人ぼっちの寂しさ”をしみじみと味わわなくても済むことになり、パートナーとの残りの長い人生を楽しく、元気に、充実した人生を送ることが出来るのが、大きなメリットだと思います。 


②精神的、経済的なゆとり 

一人では誰とも会話の無い一日が続いてしまうことになりそうですが、二人なら喧嘩も含めて、変化に富んだ毎日を過ごすことになるでしょう。年金だって二人分になるので、慎ましいながらも何とか出費を抑えて工夫しながら、身の丈に合った生活を送ることができるでしょう。  


③生きる力が湧いてくる 

一人のままでは、毎年、年を重ねる毎に、実際の年齢よりも肉体的・精神的な老化が早く訪れる傾向があると思います。しかし、遅まきながらもお相手を探して結婚することが出来れば、やがて老後を迎えた時に、不思議と老化現象が遅くなる傾向にあると言われています。本当に精神的にも肉体的にも本当に“老化”が止まってしまったのではないか?と見間違うばかりに、足腰もシャキッとして、“若返り”の現象さえ見られる様になってしまうのです。一人では行かない旅行も二人なら出掛ける気にもなると言うものですし、幾つになっても“夢や目標”に向かおうとする気力を失わずに済むのだと思います。  


<アラフィフ男性の強みを活かす> 

①謙虚さと品格 

自分より年下の相手にも決して横柄な物の言い方はせず、敬語を使ってきちんとした応対ができる謙虚さと品格を備えていることは、お相手女性は安心と信頼を感じ取ることができると言うものです。 


②自分の感情を制御できる 

若い頃は血気盛んで、周囲とぶつかりながら失敗を沢山経験していますから、例えお相手女性と喧嘩になったとしても、敢えて自分が折れる気持ちの余裕が備わっています。女性は男性の“器の大きさ”を見せられると尊敬の念を抱くようになります。 


③アラフィフ独特の色気 

いわゆる“大人の色気”です。「健康的な肉体」「落ち着いた物言い」「相手を正面から受け止めようとする視線」等々、これらが“自然な振舞い”として感じられなければ、色気にはなりません。今迄の人生経験が豊かな物であったが故の“アラフィフ独特の色気”になるのです。  


④ギャップ萌え 

普段は社会的地位も得て、バリバリ仕事もこなしているアラフィフ男性でも、野球やサッカー、最近では先日のラグビーの試合などに夢中になったりと、まるで少年の様な純粋さ、遊び心を持ち合わせていると、お相手女性は“ギャップ萌え”してしまうのです!。 


⑤自然なエスコート 

レディーファーストが自然にできる様になるには、人生経験がものを言うこともあります。女性に心地よく、安全にデートを楽しんでもらうために必要なものと言えます。女性を気遣い、女性の立場に立って行動することが肝になります。エスコートをされると、女性は「女性扱いされている」「大切にされている」と感じます。自然にエスコートする姿は、お相手から「自信があって男らしい」「余裕がありそう」などの評価に繋がるのです。  


⑥豊富な知識 

これこそ、アラフィフ男性ならではの利点でもあり、特徴になると思いますが、多くの人生経験に基づいた深い次元での豊富な知識を持ち合わせていることは、頭だけのググっただけの知識とは違い、説得力が全然違いますので、お相手女性から尊敬されたり、人間としての奥行や幅を感じさせることができると思います。 


⑦旺盛な好奇心 

年の離れた女性との会話にも充分に対応できる知識とボキャブラリーが豊かで、世代間のギャップを感じさせない振舞いができ、旺盛な好奇心で普段から様々な物に目を向け多くの考えを理解して行くよう勤めながら、持ち前の好奇心を満足させるがごとく、上手なコミュニケーションを自然に取ることができるのです。これもアラフィフ男性の大きな強みとなっていると思います。 


アラフィフ男性が婚活を成功させるには、若い人達と張り合うことをしてはいけません。自分がこれ迄経験した全ての成功や失敗が血となり肉となっていることに自信を持って、アラフィフ男性にしか表現できない、アラフィフ男性ならではの人間味、豊かな人格、様々な意味での余裕や勇気、そして独特の色気で勝負するのです。必ずや、自信に満ちた振舞いが、お相手女性を虜にしてくれる筈だと思います。今日は、この辺で失礼します。   

結婚相談所 BLISS PARTNER(公式HP)

東証プライム上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数8万7千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方” は誰と婚活を始めますか? ‟お見合い婚は至高の恋愛婚!” を合い言葉にしている当相談所代表の塙(はなわ)が必ず最適なパートナーとなって懸命にサポートいたします。さあ貴方も憧れの成婚退会を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000