脈なしサインの見極め方(男性編①)


男性は女性に比べて、脈なしサインがはっきりとしている傾向にあると言われます。女性は気遣いから、興味がない恋愛対象外の相手に対しても曖昧な対応を取ってしまいます。そのため、結果的に脈なしサインが相手にあまり伝わらない傾向があります。しかし、男性は女性よりも好意を持っていることを明確に態度や行動で分かりやすく伝える人が多いので、脈なしサインがはっきりしているのです。今日は「脈なしサインの見極め方(男性編①)」として、「脈なしな行動・態度」をお送りします。 


<脈なしな行動・態度> 

①基本的に2人きりのデートをしない・誘わない 

男性には、むやみに思わせぶりな態度を見せないタイプの人が多くいます。そのため、デートに誘われない場合や、2人きりになることを避けられている場合には、「デートに行くのが面倒くさい」「脈なしなのに期待させてしまっては申し訳ない、そのあと気まずくなりたくない」と感じられている可能性が極めて高いです。また、趣味や仕事など自分の時間を大切にしたいという男性の場合。あなたへの優先度が低く興味がない可能性があるため、現時点では脈なしだと考えられます。反対に積極的にデートに誘ってくるときには、あなたに好意を持っていると判断できるでしょう。なにか職場で必要なことや用事があるために2人で出かけたり、いつも複数の友人を誘って一緒に行く場合には、脈なしかもしれません。男性にとって二人きりで出かけることは、今後の関係を構築するという意味でも女性以上に特別な意義を持ちます。そのため、最初のデートでは複数人で出かけたとしても、今後親しくなりたい女性に対しては2人で出かけることを提案するのです。段階をしっかり重ねたいという男性もいますが、複数で出掛ける機会を何度重ねても2人きりでのデートに誘われない時は、恋愛対象外のただの友達だと感じられているかも知れません。  


②男友達への態度と変わらない 

男友達への態度と女性への態度が変わらないというのも、男性の脈なしサインの態度になります。男友達と同じように接してもらえるというのは、嬉しいことのように感じます。しかし逆に言えば、女性としてはみてもらえていないのかも知れません。「お前といると、男と一緒にいるみたいで楽」と言われるのも、一見褒め言葉のように聞こえますが、遠回しに女性としては見れないけどと言われているようなものです。他の人と比べて全く特別感を感じない態度を取られるという時には、やはりあなたに対して特別な心理は持っていないという脈なしの態度になるでしょう。  


③仕事で要件だけを伝えて切り上げる 

職場が同じや取引先の人など、業務を通じて知り合った場合であっても相手に興味があるときには、業務に関係のないプライベートな話をしようと男性は努力をします。例えば「この前のプレゼンうまくいって良かったね。今度お祝い会しようよ」など、業務の内容に絡めつつ、展開を進めるために話を広げます。一方で、本当に業務に関係のない話はしないときは、残念ながらただの職場の同僚だと思われています。恋愛対象外の可能性が高いといえるでしょう。しかし、職場で気まずくなり業務に支障が出ることを避けるため、あえてプライベートな話をしないよう心がけている真面目な男性も。相手の様子や態度を観察するようにしてください。  


④デートに誘っても曖昧 

脈なし男性のサインには、デートに誘っても返事が曖昧になるという態度もあります。勇気を持ってデートに誘ってみたけれど、行くとも行かないとも言わなかったり、なんとなくはぐらかされたりするという態度です。いつ誘ってみても「忙しい」などの理由で断られてしまうというのも、あなたへの脈なしサインになっているかもしれません。「いつなら大丈夫?予定合せるよ」と言っても、デートにOKしてもらえないという場合には、脈なしサインだと諦めた方がいいかも知れません。 


⑤会話をしてもそこまで、話題を盛り上げようとしない 

好きな女性に対する男性の心理として、たくさん質問をしたり興味を持って積極的に会話を広げたりすることが挙げられます。あまり会話を盛り上げようという様子が感じられない時や、話題を振ってくれないときには、あなたに興味がなく恋愛対象外なのかも知れません。デート中や二人で話をしている時にも、ずっとスマホをいじっている男性っていますよね。「 せっかく一緒にいるのに…」と寂しくなってしまう女性も多いでしょう。 脈ありの場合には、どんな面白いゲームやスマホでしたいことがあったとしても、相手との会話を優先してくれます。そのため、二人でいてもずっとスマホをいじっている場合は、あなたよりスマホの方が楽しいと思われている可能性が高いのです。残念ながら脈なしだといえるでしょう。一時的に仕事や急用でスマホを操作しなくてはならない場合であっても、脈ありであれば「用があって連絡しなきゃ、ごめんね」と一言声をかけるなど、気遣いを感じられるはずです。  


⑥姿勢、足の向きが違う 

相手に好意を持っている場合は、足の向きが相手に向きます。これは、心理学の観点からみても、相手に興味を持っている時の態度と、そうでない場合の態度が異なってきます。また、隣に座った場合も同様で足を組んだ際、あなた側に向かって足を組んでいればあなたに好意を持っていることになり、反対側に組んでいる場合、つまり組んだ足先があなた側を向いていない場合は、あなたに興味を示していないという心の表れでもあります。  


⑦目が合わない 

脈ありの場合、「気になる女性を見るのが恥ずかしいから目が合わせられない」という可能性があります。シャイな男性であれば、緊張して目をそらしてしまうこともあるでしょう。しかし、ほぼ目が合わないときやこちらを少しも見る様子が全くない場合には、今の段階ではあなたに興味がなく恋愛対象外の可能性が高いといえるでしょう。脈なしの男性のサインには、視線が女性とは合わないという行動があります。脈なしの男性は、女性のことに興味がないので、女性を見るということが少ないのです。男性は見つめられることで相手を意識したり、ドキドキしたりする傾向にあるので、勇気を振り絞って見つめてみることもおすすめです。 


⑧ボディタッチはしない 

単純に誤解を受けないようにボディタッチを避ける傾向があります。それは、あなたに興味がないという場合だけでなく、スキンシップを図ろうとしないというのは、セクシャル的にも色気を感じていない場合や、異性としての興味を持っていないサインでもあります。  


⑨好きな女性の話をする 

男性は、比較的駆け引きをせず、素直に気持ちを表現することが多い生き物。そのため、好きな人の話をされる場合や、その女性に対する恋愛相談をされた場合には、残念ながら友達と見られている確率が高いと判断されます。恋愛対象外である可能性が極めて高いといえるでしょう。こういった状況では、不安になったり寂しくなったりしてしまうかも知れません。しかし、相手を振り向かせるために彼の好きな女性を批判したり、悪く言ったりするのは絶対に避けてください。彼が悩んでいるときに優しい言葉をかけるなど、気遣いの姿勢を見せることが重要です。 


⑩遅刻やドタキャンを数回する 

遅刻やドタキャンが多い場合も恋愛対象外の可能性が高いといえます。一度きりの遅刻やドタキャンで、かつ誠意ある謝罪がある場合であればまだしも、何度も繰り返しある場合には「嫌われても問題ない、どう思われても構わない」と思われているかもしれません。遅刻やドタキャンをしないというのは、恋愛以前に人としてのマナーの問題ですし、仮にあなたのことを恋愛対象外のただの友人の1人だと認識していても好ましい行動とは言えません。このような行動を何度も許してしまうと、相手にとって都合のいい存在だと認識されてしまう可能性もあります。少し距離を置くなど、態度に示した方がよいかも知れません。  


⑪下品な行動をとる 

好きな異性や自分のタイプの女性の前では紳士的に振るまい、好感度があがるような仕草を心がけるでしょう。しかし、そうでない場合は下品な行動や、引くような行動をとって最低な人だと印象づける場合があります。マナーやルールを守らないことで、女性から距離を置かれる事に抵抗がない場合、敢えて下品な行動になるのです。 


⑫女性の好きな物や前回の会話を覚えていない 

脈ありの場合は、今後のデートや会話をスムーズに進めるために、相手の好みや趣味など些細なことでも覚えてくれている場合が多くあります。例えば、好きな食べ物の話を話したときにその食べ物を覚えておいて、次のデートの際に「この前好きだと言ってたから食べに行こうよ」と誘う、など。女性が話した内容を正確に記憶しておいて、会話を広げようと努力してくれるのです。しかし、恋愛対象外の女性との会話は、さほど重要だと思われておらず記憶にも残りにくいため、話した内容を覚えてくれていないパターンが多いのです。 


⑬友達アピール 

好きな男性から「友達だから」と言われてしまった事はないでしょうか。こちらとしては関係を発展させたいと思っているのに、こんな事を言われたら辛いですよね。友達アピールを頻繁にしてくるような男性も脈なしサインを出していると考えられます。好きな男性との会話の中で何気なく出てくるセリフです。これはあなたに対して、これ以上親密な関係にはなりたくないというアピールの可能性があります。また、デートに誘っても2人で会うのを避け、共通の友達を巻き込んで会いたがるのも脈なしサインと言えます。友達アピールをする男性とは恋愛関係にまで発展できないのでしょうか。脈なしとは分かっていても諦められないという女性も多いかと思います。このような男性はあなたの気持ちを知っている上で、友達アピールをしている可能性があります。その場合、あなたから告白される前にこれ以上の関係は無理と先手を打っているとも考えられます。その為、あなたからどんなにアプローチをしても失敗に終わってしまう場合もあるでしょう。「まだ友達だから大丈夫」とプラス思考になる事もできます。しかし、無理に追いかけると友達の関係すら続けられなくなってしまうかも知れません。 


⑭デートの約束をすっぽかす 

片思い中の女性からすればこれからせっかく意中の男性と2人で会えると楽しみにしていたのに、デートをすっぽかされてはたまったものではありませんね。意中の彼はデートをすっぽかした理由を説明してくれたり、ちゃんと謝罪をしたりしてくれましたか?そして、ただゴメンだけで終わってはいませんでしたか?。勿論、まずは理由と謝罪をすべきですが、大事なのはその後のフォローです。本当にあなたの事を大事だと思っているのなら、彼の方から埋め合わせをしてくれる筈です。埋め合わせも無く、デートをすっぽかす事もしょっちゅう…という相手ならば脈なしのサインと思っても良いかも知れません。捕捉になりますが、脈なし男性の中には好意を持っていない異性からのデートに誘われても、よっぽど嫌いでない限り断らない人もいます。断る理由も無いし、取り敢えず行ってもいいと思うのです。ただデートに来てくれたからと言っても安心はできません。そんな脈なし男はデート中に脈なしサインを出しているからです。  


⑮近づくと避けるように見える 

好きな人とはなるべくそばに居たいという気持ちになる人が多いと思います。親密な関係になるほど尚更です。それなのに意中の相手にちょっと近づいただけで避けられたらショックですよね。もしかして私の事避けてる?と思った方は要注意です。誰でも嫌だと思う相手には自分からあまり近づきませんし、近づかれたくもないですよね。目に見えませんが、人にはそれぞれパーソナルスペースというものがあります。人によって個人差はありますが、大体自分から半径1.5メートル以内の領域を指すようです。嫌いな人がパーソナルスペース内に入ると人はストレスを感じます。その為、自分からパーソナルスペースに入られないように避けて見せる事があります。例えばあなたの好きな男性と一緒に飲み会に参加するとします。そこであなたがその男性の隣の席に座ってみた時の相手の反応を伺ってみましょう。何度も席を離れたり、トイレから戻ってきたと思ったら違う席にいたりという事になれば、もしかしたらパーソナルスペースに入られたくないと思っているかも知れません。あなたに対してストレスを感じていなければ、周りを気にしませんし、一度席を立っても同じ席に戻ってくるはずです。 


⑯先の予定を話さない 

例えば女性から投げかけた「次に会える日はいつ?」という質問に対して、男性側から明確な返事が無い、というような経験はありませんか?このような態度も脈なしのサインと考えられます。仲良くなれて連絡先も知っているはずなのに、一向に男性からデートの誘いが無い場合、あなたに対して好意を持っていない可能性が高いでしょう。別段、あなたと親密な関係になりたいと思っていない証拠です。よっぽどシャイな男性であれば話は別ですが、一般的にデートは男性から誘ってくるものという風潮があります。女性からデートに誘われないと悩んでいる男性も確かにいますが、比較的女性の方がそういったことで悩んでいる印象が強いです。残念ながらその男性はあなたに興味が無い可能性が高いので、このような脈なしサインを出しているものと思われます。  


⑰そもそも女性として扱ってくれない 

友達として親しくなったのは良い事ですが、「言葉遣いや態度が雑・・・これってもしかして女として見られていない?」と思った事はありませんか?こんな男性の態度からも脈なしサインが出ているかも知れません。デートをするにしても前にも行った事があるようなところや、ムードも無く男性ばかりが集まるお店に誘われたような経験はありませんか?もし、あなたに好意をもっているのであれば、あなたの為にどこか雰囲気の良いお店をチェックしてくれていたり、予約をしてくれたりしてくれるものです。気遣いが一切感じられないこのようなケースも脈なしの可能性があります。レディーファーストという言葉があるように、一般的に男性は女性に対して気遣いをするシーンがあります。あなたの意中の相手はいかがでしょうか?例えば外で食事を一緒にするにしても、自分が先に席に座り、すぐに自分が食べたいものを注文してしまうという事はありませんか?そもそもお店だって彼が勝手に決めてしまっていませんでしたか?気遣いが無いという事は、つまりあなたにはどんな風に思われてもいいと思っているとも考えられます。付き合いの長いカップルならば話は別ですが、付き合う前から気遣いが感じられないというのは、脈なしの可能性が高いでしょう。  


⑱目が合わない 

目は口ほどにものを言うと言われています。2人きりで話をしているのに目が合わなかったり、明らかに視線を逸らしたりといった態度も脈なしサインの一つです。男性は好きなタイプの女性を見つけると、自然に目がいくものです。中にはしばらく見つめてしまうほど視線を向ける男性もいるくらいです。男性があなたに好意を持っているのであれば、目を合わせて話をしようとする筈です。例外として、シャイな男性が恥ずかしさから視線を逸らす素振りを見せる事がありますので、判断する際は注意が必要です。あなたの方から彼に目を合わせて話しかけても上の空だったり、周りの人や建物等に目を向けたり…と、そんな態度が見られる場合。言葉ではっきり言わないまでも、心の中では「もう会話を終わらせたいな…。」などマイナスな気持ちを持っている可能性があります。男性は追われれば逃げ、逃げるものを追いたくなる傾向があると言われています。もし、女性からグイグイアプローチをしている場合は、そんな男性の傾向が働いているのかも知れません。 


⑲お金を出させる 

男性は気のある女性と食事に行くと奢る姿勢を見せ、女性がそれを何度も断ってようやく割り勘に落ち着く。これが、脈なしではない通常の男女関係の光景であることが多いです。ですが脈なしの場合、男性は支払いのときに何も言いません。閉口し、あなたの財布からお金が出るのを待ち、あたかも「割り勘で当然」という姿勢を見せるでしょう。そこまでひどくなくても、支払いのときにあなたをじっと見たり、何とかしてお金を出させようと動きます。たしかに一緒に食事等で何かを共有したのですから、お互いが支払うのが当たり前です。ですがその姿勢をあからさまに男性が示すのは、女性からの評価を著しく悪くすることに繋がりますし、男性自身もそれを理解しています。それでもなお、その姿勢を見せるのは、その男性が確実にあなたに興味がない脈なしのサインなのです。なおこのケースで最悪なのは、割り勘ではなく女性にお金を全て出させるパターンです。この場合、脈なしどころか嫌っている可能性も考えられ、あなたを出来るだけ利用しようとしている節があります。一緒に居て、その男性との雰囲気はどうですか?特に男性からは何もアクションがなく、淡々と時間が過ぎていくような雰囲気ではありませんか?ネット上には脈なしを脈ありにする方法が溢れていますが、それが出来る状況と出来ない状況があることを念頭に置かなければなりません。それに、お金というのはとても現実的です。その現実的なもので脈なしを露わにしているのですから、もう今後その男性があなたに好意を持つことはないでしょう。これを機に関係を切って脈なし恋愛を終わらせ、出来るだけ犠牲になる時間を減らして次の恋愛に有効に使いましょう。  


⑳単純に扱いが悪い 

いつも無愛想、態度はつっけんどん、冷たくあしらい、アプローチはいつもあなたから…もう脈なしと言いますか「論外」です。誘ってもなかなか誘えない、誘えても遅刻は当たり前、別れ際も何も言わず次に会おうとしても、なかなか連絡がつかないのではないですか?そもそもそんな完全な脈なし状態で、まだその男性と関係が続いているあなたに疑問を感じます。とは言え、そんな扱いを現実に受けているあなたはもうとっくの前に、脈なしと気付いているのでしょう。もはやこのような男性の脈なしの背景など、これ以上語るまでもありません。ただしこのタイプ、確率は低いのですが脈なしとは逆にあなたに好意があるケースがあり、一応は慎重に動向を見る必要があります。要するに、好意がある場合でこのような応対をするのは「照れくさい」からで、この応対をされて直ちに関係を切ると好意を見逃してしまう可能性があるのです。先ずは、その男性の気持ちを探りましょう。探り方については、あなたが何を言おうと応対は変わらないので、いっそのこと泣いてみたりして男性を揺さぶってみると本音を漏らすかもしれません。それで、もしその言動が好意によるものであれば、心の中でガッツポーズをしながらもっと素直になってほしいと訴えてあげれば、晴れて新たなカップルが成立です。しかし逆に、他の脈なしサインのいずれかが該当していれば、さっさとその男性を切ってしまうのがあなたのためになります。そのままその男性と居たところであなたが得るものはありませんし、ストレスが溜まるだけです。はっきり言って、何のメリットもないのです。むしろずっと与えられない愛情を求め続けた末に、疲れきったあなたは脈なしを痛感して自分から身を引くのだと思います。「好きだから」も一途で素敵だとは思いますが、その脈なし恋愛は間違いなく成就することないでしょう。程なく終わりを告げることになると思います。  


㉑そもそも連絡先を聞いてこない 

最後に、最も基本的な脈なしサインになりますが、そもそも連絡先を聞いてくることがないというのも、片思いのお相手からの脈なしのサインになります。連絡先を聞いてこないというのは、プライベートな時間まであなたと一緒にいるのが嫌だというサインなのかも知れません。連絡はいつもスマホのショートメールだったり、誰かから連絡を受けるという場合も、脈なしの可能性が高いと言えるでしょう。あなたがそれとなく連絡先を聞いてもうまくかわされてしまったり、教えたくないとはっきりと言われてしまったという時は、片思いの男性はあなたを女性としてではなく、友達や仲間としてしか感じていないのだと思います。残念ながら“アウトオブ眼中”でしかありません。  


男性は女性に優しいというのが定説ですし、女性のように脈なしとはっきり突きつけるような真似は少ないのでは?と考えている方が多いのではないでしょうか。実は、意外とそうでもないのです。まず男性の優しさの根底にあるものですが、それはあくまで男性がその女性にある程度以上の好意がある、あるいは嫌われたくない、嫌われると困るという背景が挙げられます。ここまでなら女性と同じですが、さらに男性の場合は「下心」で優しくするケースもあります。よって男性は、女性より「優しくする機会が多い」のが分かると思いますし、実際にそれが”男性は基本的に優しい定説”になる理由として挙げられるのでしょう。このように女性に優しくする機会の多い男性ですが、「好意が全くない」脈なしの状態となれば、話は変わります。全ての男性がそうではありませんが、基本的に男性は感情を隠すのがそれほど上手くないため、「脈なし」のサインは女性のそれより分かり易くすぐに見抜けるのです。となると、それは心の底から思っている「本音」であり「好意が全くない」、要するに脈なしなのです。女性は、女性自身「嫌い」と言いつつ実は気になっている…なんてことがありますが、男性はそれがほぼありません。男性は興味がなければ残酷なものです。普段は優しいだけにいざ好意が全くないとなれば、女性の言う「嫌い」より遥かに壊滅的なのが男性なのです。そんな状態で、その男性に時間を費やしてもいつ振り向いてくれるか分かりません。それよりもさっさと見切りを付けて次の恋愛に向かった方が、あなたのためになるのではないでしょうか?。今日は「脈なしサインの見極め方(男性編①)」として、「脈なしな行動・態度」をお送りしました。それでは、この辺で失礼します。 


(出典:Smartlog、生活百科、KOIMEMO、 Spicomi、Cherish) 

結婚相談所 BLISS PARTNER(公式HP)

東証プライム上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数8万9千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方” は誰と婚活を始めますか? ‟お見合い婚は至高の恋愛婚!” を合い言葉にしている当相談所代表の塙(はなわ)が必ず最適なパートナーとなって懸命にサポートいたします。さあ貴方も憧れの成婚退会を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000