ある日の無料相談エピソード


先日、営業時間直後に番号非通知で電話が入りました。少々ためらいながらも、無料婚活説明会の依頼電話だろうと思いその電話に出てみると、思い詰めた声で「中々婚活が上手くいかなくて困っています。」と深刻に訴えかける様に現状を話しだしてくれました。その真剣な様子にこちらも段々と引き込まれて行き、面識も何もない状況にも関わらず、何か私にできる事はないか、力になれる事はないか、せっかくの婚活を諦めずに前を見る心境にさせてあげられないだろうか、そこから長時間の電話相談が始まりました。 そのかたが話してくれた内容とは、大きく分けて7つあります。 

①現在会員登録をしている婚活団体の担当者との関係が上手く構築できず、ちゃんとお見合いを繋いでくれなくて活動が事実上頓挫してしまっている。  

②自分の希望が「学歴」「年収」「年齢」「住所エリア」等々多くあり絞れずにいるが、どうすればより良い活動ができるのかを相談したくても、適当にあしらわれてしまって前に進めない。 

③他のスタッフへ相談しようとすると、傍にいる現在の担当者に電話を横取りされてしまい相談できない。  

④直接のFace To Face面談をしようと相談所を訪れると、直接面談が契約外の内容であることを理由に真剣には応じて貰えない。 

⑤現在の仕事が将来的に見通しが不安定であることや自分の年齢からすると、お相手との出産や子育てを考えた場合あまり時間を無駄に費やすのはこれ以上我慢できない。  

⑥何とか現状を変えて効率の良い婚活をしたいと願っているのに今では完全に行き詰っていて、そのストレスはもう限界を感じている。  

⑦現在の担当者からは、かなりショックなことも言われ、前向きな相談はおろか関係修復すら難しいので、加盟婚活団体を変える事も含めて検討したいが、誰にどう相談すれば良いのか分からない。との多岐にわたるものでした。 


 これらの真剣な悩みに対して、私からも7つお話しいたしました。 

①そのかたが拘っているお相手への条件の一つ一つには具体的に〇〇や〇〇や〇〇など、メリットとデメリットが沢山あること。 

②お見合い成立の平均は10件~20件申し込んで1件あれば優秀な方だと言えるので、とにかく毎月の申し込み枠の一定人数をご自分のノルマにし、月に〇~〇回はお見合いをできると良いこと。  

③どうしても外せない条件だけを残して他の条件を毎週週替わりで緩くしてお見合申込みの間口を広げて、より多くの方と出会える可能性を高くすること。 

④様々な婚活ビジネスの現状とIBJの現状、成婚主義の解釈の違いを含めてIBJの標榜する仲人型婚活がゴールへの近道になるだろうと言うこと。  

⑤現状での婚活をもう一度トライするのであれば、どうしても担当者との関係を修復しなければ折角の成婚への決意が空回りしてしまう可能性があり、とても重要であること。 

⑥とにかく多人数のお見合い申込みを毎週欠かさずに継続し「実際に出会って、交際してみること」。  

⑦この現状を現在の会員契約先の責任者へ相談し、現状を少しでも婚活により良い環境へと変える努力をして見ること。等をお話し申し上げました。 


結構な長時間電話による婚活相談でしたが、そのかたの思いの真剣さがひしひしと伝わってきたこともあり、こちらも真剣に対応させていただきました。どうかこの先無事に成婚への思いを遂げられる様に願うと共に、上記の課題を具体的にクリアしていくためのより良いアドバイスはどうするべきか、もう一度自分なりに整理して考えてみたいと思います。今日は、この辺で失礼します。

結婚相談所 BLISS PARTNER(公式HP)

東証プライム上場企業IBJ(日本結婚相談所連盟)正規加盟店(NO.12365)。会員数8万7千人を超える仲人型結婚相談所。‟本気で結婚したい貴方” は誰と婚活を始めますか? ‟お見合い婚は至高の恋愛婚!” を合い言葉にしている当相談所代表の塙(はなわ)が必ず最適なパートナーとなって懸命にサポートいたします。さあ貴方も憧れの成婚退会を実現いたしましょう!。

0コメント

  • 1000 / 1000